梅雨前にデイキャンプ
2012年05月28日 (月) | 編集 |
tachibana.jpg

以前から計画はあったのだが渓流が忙しくてのびのびになっていたキャンプ。
梅雨前のこの時期を逃すと秋にずれそうなので先週末に決行。

tachibana2.jpg  s-annnai.jpg

場所はいろいろ探したが一般的には7月から営業開始が多いので難儀した。

八女市にある”夢たちばなビレッジキャンプ場”は12あるオートサイトが満員だった。
他のファミリーはすべて宿泊で大人のデイキャンプは我々だけ。
午前10時半には早めにチェックインして初めてのタープヘキサLに挑戦。
リビシェルに比べると短時間で完了。大人4人いるとサクット張れる。
この日は日差しもほどほどで野鳥の声を聴きながらまったりと過ごせた。


ここは5年前とまだ開場から日がたっていないのでどこもきれいだ。
ほどよく木立があるので真夏でもけっこう涼しそう。
エリアは思ったほど広くなくて小規模。子供たちが遊ぶには十分なローケーション。
今度はバンガロー泊も試してみたいw






にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
試し張りデイキャンプ
2011年10月11日 (火) | 編集 |
秋風が吹いて虫も少なくなったので本格キャンプの準備をする気になった。
連休の一日は久しぶりなのでテントの試し張りを兼ねたデイキャンプとなった。


PA092877.jpg


今回は近場に限定、星野村にある池の山キャンプ場に行ってみた。
ここはコテージ、バンガロー中心なのでフリーサイトは40ほどと広くない。
それでも連休とあって家族連れでほぼ満杯状態だった。


我々は午前10時過ぎにはチェックインして出口周辺にリビシェルを設営。
もともと試し張りとまったりが目的なので弁当持ち込みの手抜きデイキャンプ。
火を熾すでもでもなくホークス戦のラジオを聴きながらティータイム。
子連れでもないし周りから完全に浮いていたと思う。


PA092875.jpg  PA092879.jpg
 
池の山というので当然隣には溜め池があった。
暇つぶしにロッド出してロールキャストの練習していたら注意された。
どこにも釣り禁止の看板はなかったのだが神社の管理らしく釣り禁止らしい。
まあ外見上は釣りそのものなので、あえて反論はしなかった。


ここのキャンプ場は車が横付けできるので便利ではあるが騒がしい。
全体に狭いので混み合う時期には雰囲気がいまいちの感。
こちらはいちおうの目的は達成したのでまあ良しとしとこう。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

紅葉ざんまい
2010年11月16日 (火) | 編集 |
気がつけば1ヶ月ぶりの更新になった。
渓流オフの期間はモチベーション低下はさけられない。(などと言い訳してみる・・。)
週末は紅葉見物を兼ねて久住高原に家族でキャンプすることにした。


RAV4にぎりぎりいっぱい荷物を詰め込んで4人で遅めの出発。
正午過ぎには南小国に到達。蕎麦街道にある「
千年屋」にて昼食をとることができた。

PB132297.jpg

満席だったので待ち時間にポリタンに飲料水を頂戴することができた。
なかなか趣きのある店構え。秋景色を眺めながら天麩羅とざる蕎麦をいただく。

PB132300.jpg PB132298.jpg

昼食後には黒川温泉エリアを抜けて目的地の久住高原オートビレッジに向かう。
このところの寒さのせいかコテージは満杯だがオートキャンプは4家族と寂しい状況。


PB142307.jpg

ここのオートサイトは100区画もあり電源付きもあるが、区画の面積がやや小さい。
しかも全体に傾斜がありフリーのスペースが限られるので設営場所決定に手間取る。


PB132302.jpg PB132305.jpg

晩飯はいつものジャンバラヤ。ライスクッカーの大で炊いたのでうまくいった。
食後のデザートはホットケーキミックスをベースにしたアップルケーキ。
りんごの下ごしらえ担当はS君。ちょっと焦がしかけたが水を入れて修復。
軽い思いつきでチャレンジしたのだが、けっこう評判がよかった。


夜間は風もなく曇で気温も下がらなかった。少しは星が見れるかと思ったが残念。
午前7時すぎにはホットサンドとコーヒーで軽く朝食を済ませて撤収作業。
わずかにリビシェルのスカートが濡れる程度で、結露もなくスムーズにパッキング。


PB142309.jpg kio.jpg

帰りはゆっくりと景色を眺めながら、やまなみハイウェイをドライブして長者原へ。
ここで地鶏うどんの昼食を済ませて九酔渓をめざした。
やはり高原の紅葉は見ごろを過ぎてセピア色になっていた。
しかし標高が低くなる九酔渓からは色鮮やかに。


PB142315.jpg

それにしても九重”夢”大吊り橋~フィッシングリゾートまでの反対車線は大渋滞だった。
来週はここの管理釣り場でイベントがあるのだが、そのころには落ち着いていると思う。
などと考えながら、晩秋の大分自動車道をひた走る。

高原の紅葉とはタイミングが合わずちょっと残念だったが、思い出作りとしては大成功。
同行者はちょっと疲れ気味ながら、十分キャンプの楽しみを満喫してくれたと思う。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

初秋の阿蘇山ろく
2010年10月18日 (月) | 編集 |
せっかく買ったキャンプ道具を眠らせて置くのはもったいという話になった。
そこで土曜日から家族3人で阿蘇市にある「
いこいの村」に出掛けた。

PA162278.jpg

行楽シーズンの週末ということで混雑を避け昼ごろには到着するよう早めに出発した。
直前にある「役犬原(やっけんばる)湧水」に立ち寄ってキャンプの水を調達。


PA172290.jpg PA172291.jpg

コスモスの揺れるアプローチ道路を抜けるとリゾートホテルがある。
このホテルの裏手に回る道路をしばらく行くと広いキャンプ場が視界に。
管理棟でチェックイン。すでに数組が木立のあいだに設営していた。


PA162280.jpg

車をサイトにべた付けしてリビシェルを設営しインナールームをセッティングした。
風もほとんどなく日差しは全く気にならないが、ルーフも載せておいた。

直火禁止なのにところどころに焚き火のあとが・・。

PA162281.jpg PA162283.jpg

周辺にはアスレチックやグランドゴルフ、ふれあい動物園や池などの施設がある。
パスタに市販のトマト&バジルソースを絡めた昼食後、少しグランドゴルフで遊んだ。
秋空に阿蘇五岳の姿が映え、さわやかな秋晴れだ。


PA162285.jpg

秋の日は短い。午後4時過ぎには夕食の準備にかかる。
メニューは無印良品のインド風チキンカレーとインスタントチャイ。
ちょっとスパイシーに仕上がってしまった。次回は修正しよう。(汗)
食事のあとは500円でホテル内の温泉を楽しむ。サウナもあってきれいだった。

PA162286.jpg PA162288.jpg

家族二人は初めてのキャンプ泊なのでちょっと心配したがまずまず眠れたようだ。
ただ予想よりも朝方冷え込み6℃に。防寒対策を1ランクあげるべきだったと反省。


翌朝はホットサンドとコーヒーでゆっくりと朝食をとる。
日差しでグランドシートが乾くまで時間をかけて撤収する。


PA172294.jpg ファームらんど

遅くなると渋滞の心配があるが、せっかくだからと「阿蘇ファームらんど」に寄る。
ひさびさ熊本ラーメンで昼食を済ませて、売店でお土産を物色。
さすが熊本野菜はかなり安いらしい。
ただでさえ大荷物なのだが、さらに仕入れた食料品で車は満載となった。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

お試しデイキャンプ
2010年10月12日 (火) | 編集 |
渓流禁漁からすでに2週間になろうかとしている。
フライボックスを持たずに出掛ける週末にもやっとなれてきた気がする。
きのうは今月後半に予定しているキャンプに向けてためし張りを実行した。


PA112276.jpg

場所は遠賀川河川敷にあるオートキャンプ場
予約は必要だが無料というのが良い。サイトは20ほどあり整備も行き届いている。
ただし、場所がら強風など悪天候時には避けたほうがいいかも。


PA112275.jpg

この日は連休中日でもあり宿泊組みが7~8組設営中だった。
リビシェルを設営するのは2度目だったが助っ人がいたので何とか1時間で完了。
ところがよく観察すると天井部分にピンホールが空いている。(泣)
シールドルーフをかぶせていたので問題はないが早速修理が必要のようだ。

曇って風が吹くと涼しいのだが日差しが出るとフルメッシュにしても暑かった。
こんな中、ゆったりと昼食とティータイムを楽しむことができた。
FDチェアのすわり心地は抜群だった。
あと欠品中のテーブルが来ると言うことないのだが・・。

ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン