もうすぐ梅雨?

この週末の北部九州は梅雨の走り、まとまった雨が降りそう。
しとしと程度なら問題ないが、にごりと増水は釣りにならないし危険でもある。


kra1.jpg


一抹の不安を抱えながら会社の後輩K氏と昨日から社員旅行で泊まっていたホテルを出発。

約20分ぐらいで玉島川支流の滝川にたどり着く。
幸い増水はしているが、天気はなんとか持ちそうな感じだった。


kra2.jpg


同行したK氏は一見太目の岩井渓一郎という雰囲気だが、まだフライフィッシングはビギナー。
この日はプレゼントした大型のエルクヘアカディスがあたりだったのか、大物のヤマソバエを釣り上げていた。


ここでは脇のゆるい流れのポイントで20CMクラスがヒット。なぜか針をはずすのに手間どり、魚が弱りそうだったので撮影は無し。

ここのポイントは奥行きがないため2時間ほどで上がり、峠の向こうの佐賀市方面へ移動する。

第二ポイントとと期待していた城原川が、行って見るとかなりのやぶ沢で上級者向きと判明。やむなく、予定通り苦戦を覚悟で古湯温泉に転進。

kra5.jpg


予想通り古湯はノーライズ。当然釣り人も見えない。
やや増水気味で上流から流れてくる砂がふえている気がした


最下流側から2時間ほど釣りあがり+ライズポイントを両方とも攻めてみたがまったく反応なし。なかばあきらめ気分で赤い橋の上流側の水深のあるプールの終わりかけで、ライズを発見!

数匹が確かに流れてくる何かを食べている。ディンプルライズ

そこでフライを小型のイマージャー系にチェンジ。ついでにティペットも#7にしてダメもとで流してみる。フライが小さいので目立たないと思い、レーンを変えて流してみる。

出た!活性が高いのかかなり強い引きで、下流に走り岩の下にもぐりこみそうになるのをこらえる。
25CMオーバーの放流魚。体色もヒレもきれいな魚だった。


kra4.jpg


もしやと思い、近くの類似のポイントを流してみると、同じようなライズでもう一匹釣れた。
ここでの1匹はほかの釣り場の5匹に相当する==と勝手に思う。にやり!


kra6.jpg


今回の当たりフライは、コカゲロウイマージャー
レシピは記憶をたどると以下のとおり。


フック=TMC2487BL#18
ボディ=トラウトハンターRUSTY SPINNER+クリスタルフラッシュ
レッグ=コックデレオン
ハックル=コックネックブルーダン
インジケーター=エアロドライウィング・タン
※本体は沈めてインジケーターのみを水面上にだすため、長めにとる。


kra3.jpg


足元を見ると今回はいていたシューズにまたもお客さんがきていた。ナミヒラタカゲロウのニンフ。黒い色がお気に入りなのかしばらく逃げる様子はない。

帰り際に、下流側にルアーマンが入っていた。
相当な腕の持ち主らしく、100M釣りあがるのにスプーンで5匹はヒットさせていた。やっぱり魚はいるんだねー



 














スポンサーサイト

半日だけのお楽しみ

標高の低い山間部ではメイフライの羽化も一段落の感がある。
本来ならば週末を利用して南九州あたりに一泊二日程度の遠出がしたいところ。


あいにくしばらくは会社の社員研修やら法事などのプライベートで自由にならない。

おまけに今日はかみさん同伴で福岡ドームでナイトゲーム観戦の予定がい入っていた。

そこで半日釣りということで早めに起きてうきは市方面をめざすことに。


道すがらあらためて日が高いのに驚く。まだ午前7時なのにすでに太陽はかなり昇っている。よく考えると夏至まで1か月を切っているから当然なのだが・・・。

tago1.jpg


途中日本の棚田百選に選ばれたつづら棚田に立ち寄る。

今まさに田植えの準備の真っ最中だった。
見事に積み上げられた石垣は先人たちの偉大な遺産と思う。

田籠地区を流れる新川は小規模ながら水質は抜群。地域の人たちが毎年春のやまめ祭りで成魚を定期的に放流している。

今朝はえさ釣りらしき2人づれを見かけたので、やや上流の養殖場よりに入渓することにした。

tago2.jpg


水温14度と良好だがハッチがなさそうなのでアダムスパラシュートで釣りあがる。水位はやや減水気味。ここ数日の好天で少し減水途中という感じ。

tago3.jpg


小さな段差下の水深のありそうなA級ポイントに出た一匹。すこし元気がないかな?(今日の一匹目が釣れるとほっとする。)

tago4.jpg


川岸では今の時期野茨(のいばら) が可憐に咲いている。見た目はきれいだが藪こきするとき手痛いめにあうので嫌いだ。

tago7.jpg


ティペット交換で休憩中、気がつくとコグサヒメカワゲラが近寄ってきた。「微妙な色合いだよね。」などと、虫つくりモードに入ってしまう。

tago10.jpg


この日は、ややうす曇で気温の上昇が緩やかだったのが幸いしたのか、当たりの日。まずまずの良型が数匹顔を出してくれた。

中には、パーマークにさびの入ったのも。これはミス。というかドラグが気になって合わせそこなった。残念!

意外な浅場で大型が出るこの時期、ポイントと立ち位置をよく考えて第1投目に集中することが大事。わかってるつもりなんだけど・・・。

tago8.jpg


護岸の終わりかけの高めの河畔林の下、まとまった流れの中心で出た一匹。やっぱり放流もの?
少し赤みがかっているけど、新作のアカマダラ風ダンパラシュートをしっかり咥えた元気なやつだった。


tago9.jpg


以前はあまり気にしなかったけど、回りを見るといろんな情報がみえてくる。

ヒメヒラタカゲロウのダン(亜成虫)が脱皮を終えて、翅の乾燥中だった。(となりには抜け殻。)ふつうは河畔林の葉っぱの裏あたりなんだろうけど・・・。

季節の進行でメイフライのハッチ(羽化)の頻度はさがるものの、魚の食欲は旺盛に。


気分転換

先週末からめずらしく仕事のため休みなし。
年に数回ある。

疲れをためないために早めに帰宅しても気分が乗らないので、
最近気に入ってるフライをひとつ。


mushi.jpg


<赤まだら風ダンパラシュート>
 レシピは以下のとおり。

フック=TMC100 #16
ボディ=グースバイオットBrown
ソラックス=トラウトハンターRusty Spinner
ハックル=Golden Badger
テイル=バーサテイルBrown
ポスト=エアロドライウィング

 ※ある程度の段差のある落ち込みでも耐えられるように、ハックルは厚め。
 ※グースバイオットは耐久性とフロータントでボディ色が変化しにくいよう使ってみた。

 結果は「ぐー」。


ゴールデンウィーク報告~その②

昨日は曇り空で弱い雨が降る天気だった。
今日は晴天で気温も25度を超えそうな気配。
いまひとつだなと思いながら起きだすと外はけっこう明るい。


夕方近くは高速も渋滞しそうだったので、広川インターで降りて星野川を目指すことにした。

hoshi1.jpg


広川から上陽町の途中にある集落の流れ。護岸でなく自然な土手なので少し懐かしい。道すがらに気になる風景だ。

上陽町から星野村役場まではけっこう距離がある。約10KMほどかな?
早朝なので車は少ないが、茶摘の作業らしき人たちが起き出しているよう。


hoshi2.jpg


今日のポイントはホームグランドとはいかないまでも、勝手の知れた「熊渡川」。去年3月、あまりの魚の反応について行けず悔しい思いをした場所。

流れの入り口付近で餌釣りの若者若干名がいたので、やや上流よりから入ることにした。

水温は14度と普通だが、虫の羽化はない。A級・B級のスポットでは反応がまったくない。かろうじてC級のスポットで「ちびヤマ」が喰いついてくる。ほとんど釣れるという感じではない。

やはりゴールデンウィークで釣り荒れているのか?かなりの減水の影響か?
途中でモンカゲロウの死んだスピナーが固まっているのを発見。
(大型も飽食しているためか?)


hoshi3.jpg


そんななか、ちょっとした深みに投げたアダムスパラシュートに20CMクラスがヒット。サイズのわりにパーマークが薄いのは成魚放流のものか?(贅沢言ってる場合ではないが・・。)

だんだん日が高くなるにつれて最悪の雰囲気。ちびヤマくんも喰いが浅くなる始末で、11時すぎには、このポイントを放棄。滝の脇から林道へあがる。

このあと、残り時間が微妙だったが、同じ星野川の支流の「竜河内渓谷」を覗いてみる。

hoshi4.jpg


ここは数年前に岩盤からすべりおちてずぶぬれになった場所だった。久しぶり。林道を上り詰める山岳渓流風の雰囲気で夏場向き。

最近放流していないのか、残念なことに魚の気配がほとんどしなかった。
30分ほどで小さな滝の前に出た。
これであがろうと思い、最後にキャスティングループのチェックにと投げた1投に「パシッ」と出た。
(当然反応できるわけない。なんだろう?白ハエくんであることを願うのみ!)


帰りは、合瀬耳納峠を経由して、朝倉インターをめざす。

hoshi6.jpg


石積み棚田が続く峠道に突然花畑が出現。
つつじの苗木を畑で育てているのだが一斉に開花して見事だった。


途中、気温も上がったことだし、久しぶりに「水汲み」に立ち寄った。
うきは市の「調音の滝」の上流にある滝を目指す。


hoshi7.jpg


「三重の滝」のあたりの流れから10Lタンクに採水。というか、地元の民家の水場からおこぼれをもらった。(感謝)

hoshi8.jpg


山藤と並んで今の時期目を引くのは「桐の花」。
昔はどこでも畑の脇に桐の木を植えてあったのだが、最近はあまり見ない。
(幹はたんすに、花は高貴な紋章=デザインによく使用されるやつ。)


「調音の滝」の帰り道、建設中の藤波ダム周辺でまとまって自生している桐の木を見つけた。





ゴールデンウィーク報告~その①

連休のうち2日間は「釣りにいってよし」とお許しがでていたので、前日の2日はもなしで早めに帰宅しようと思っていた。
ところが、仕事がらみでいきなりyahooドームで野球観戦するはめに・・・。
試合はホークスの大勝で早めに終わり気分よく眠りに着くことができた。


想定外のことはしばしば起きるもの。前々日から荷物の整理はしていたので安心していたのだが・・。

<デジカメの電池が切れていた>
出かける直前にデジカメの電池切れに気がついた。当然充電には3時間を要するので、あきらめるほかない。というわけで、携帯電話のカメラに依存することになってしまった。


<財布に現金がない>
おとといはなぜかばたばたしていて銀行に走る暇がなかった。それに野球観戦の帰りに、左ひざの痛みに負けて博多駅からタクシーを利用したので財布はカラだった。「明日の朝コンビニに立ち寄ればよいか」と軽く考えていたのだが、実際にはコンビニの取扱い開始は午前7時だった。


ゴールデンウィークは渋滞を避けるため、中・南九州などの遠征でなく近場狙いを考えていた。
そこで先日の逆コースで矢部村~上津江~日田を周遊することにした。


空腹をかかえながら午前6時には家を出発。太宰府インター~鳥栖ジャンクションは不気味な車の多さ。どうもいつもの車とちがう車が走っているきがするので、運転も慎重に。

黒木町のセブンイレブンに立ち寄り、お金を下ろして食料とミネラルウォーターを買う。(7:00)
ゴールデンウィーク中は「藤祭り」や八女茶に関連したイベントがある。
有名な「大藤」を通りすがりに・・。


osoba1


友人で仕事仲間のH氏の実家は黒木町。今年の茶摘は2日に始まる(自分は行けないが)と言っていた。どこもよく手入れされている。(通りすがりの民家脇にて)

osoba2


この日の目的地は矢部川源流の御側川にした。
ここも数年前の台風で被害をうけている。杉の倒木も放置状態。


osoba3


晴天のためグレー系のカディスをチョイス。浅場に投げた第2投目に20センチクラスが反応した。こんな時は後が続かない。案の定しばらくからぶり。

NEC_0023.jpg


足元にクロカワゲラが休んでいる。季節が進むとカワゲラ類や小型カディスが羽化しはじめる。集中した羽化にならないのでこの手のフライを使用する機会はまれ。

osoba4


片側護岸のフラットな流れを釣り上がるも反応なし。しばらく雨なしで減水ぎみ晴天となると厳しい。水温は14度。

NEC_0017.jpg


前方の自然渓流ぽいあたりにメイフライの羽化を発見。必死で追いかけ帽子で捕まえるとやや小ぶりながらモンカゲロウだっだ。
すかさずフライをブラウンパラシュートに切り替える。予想どおりひったくるように25センチクラスのヤマメくんがヒット。


NEC_0019.jpg


NEC_0015.jpg


やや上流で大型がでたが痛恨の合わせ切れ。
確かにかなり大型の手応えもティペットの結び目からぷっつりいっていた。


その後も標準サイズ数匹をネットにいれた。大型の虫が羽化する状況では大型魚の活性があがるという法則を実証した1日だった。

正午前には砂防堤に到達して納竿。
気温は25度以上か?どピーカンの午後は期待薄と判断して、他の河川の状況を視察しながら帰ることにした。