09 月<< 2008年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

今年も福岡周辺のフライマン有志が主催するニジマス放流会がN川で開催されたので参加した。



今日はこの秋はじめて最高気温が20度を切る肌寒い日だった。

おまけに小雨も降っていた。



PA260339.jpg 



例年どおり、30名ほどで川のごみを拾ってまわる。

なぜか昨年よりごみが減っている。

ごみの内容は、農作業用のビニールやポリエチレンの袋が主体。

上流の公園から流されたものか、子供のスリッパなどもあった。



流れの状態は昨年同様わるくない。

やや砂が堆積しているが、白ハエなどの小魚も元気だ。



PA260340.jpg



大分県由布市から魚を積んだトラックは昼ごろ現場到着。

各人で手分けして2時間ほどでN川流域に放流した。



PA260341.jpg



運んだ魚は、小ぶりながらコンデション良好とみた。



PA260343.jpg



放流直後のニジマスくんはしばらく餌を追わないだろう。

水温がもう少し下がればニンフでのルースニングで釣れるはず。

というわけで久しぶりにニンフをタイイングしているところだ。



 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーサイト

どうも先週の駅舘(やっかん)川のことが引っかかっていたものか

今朝も気がつけば大分自動車道を走っていた。



玖珠盆地は放射冷却で霧の中。気温は14度あたりだった。

PA180328.jpg 



湯布院インターから、もうひとつの支流である寒水(そうず)川に立ち寄る。

PA180329.jpg



地元によりアマゴが放流されているようだがニジマスの魚影は確認できず。



午前10時には由布岳の裾野に広がる塚原高原に移動。



PA180332.jpg 



前回とは反対の雛戸山川から津房川へのアプローチを試みる。

数箇所の牧草地の間を探索すれど車で走れそうな道はない。

地図上には道があるようだが、想像するに1~2キロを歩けば可能か??

またもあきらめて、看板に引き寄せられるまま湧水を汲みに走る。



PA180334.jpg

PA180336.jpg



塚原周辺には数箇所の湧水がある。これは霧嶋神社のもの。お賽銭100円で汲ませてもらった。



由布岳の周辺の原野に降った雨が染み出たものか、実にまろやかに感じられた。




 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

連休につき久しぶりに九重フィッシングリゾートに出かけた。

昨日からやや気温が下がり少し冷たい風が吹いている。



PA120315.jpg 



いつものようにやや出遅れの6時30過ぎの出発で、
上空の寒気のせいか曇り空のなか九重インターをめざす。



 PA120321.jpg



九重F.R.は連休にしては少なめの14~5人の入場者。ややルアーの釣り人が多い気がした。



9時から3号池で釣り開始。結構ライズがあったのでドライフライを結ぶ。なんと一投目からヒット、と思ったらあわせ切れしてしまった。

魚たちは水面に関心があるようだが、フライ直前でUターンを繰り返す。相変わらず相当すれてる!



通り過ぎたあと引き返して追い食いしたニジマスくんをめでたくゲット!

相変わらずすごいファイト。走らせるとどこまでも走るのでスピードが乗らないうちにロッドワークで押さえ込む。



PA120318.jpg 



10時すぎごろ、日がさすと同時にライズが下火に。

11時の管理人の餌やり後はまったく反応がなくなったので、

カディスイマージャー風のウエットを結んで、ショットとマーカーで

水面下を探ることに。



それからまずまずの反応で、5本のニジマスくんをゲット。ただし、バラシとあわせ切れも一回づつ。(情け無い



天気も晴れてきて九重F.R.は日中は喰い渋るだろうということで

午後から宇佐市の駅館(やっかん)川水系のポイント探索に出かける。
 
PA120322.jpg



まだ初秋ということで、塚原高原のススキもこれからという雰囲気。



めざす支流の津房川は車でのアプローチは無理であることが判明。

牧場内のルートを探れば可能かも・・。未練を残しながらUターン。



帰りの水分PAで見つけた看板。最初は誰かの落書きかな?と思ったが、実は夏の日差しのいたずらだった。なぜか文字が流れている。




PA120324.jpg



本日のヒットフライというか、最近大型のヤマメ+ニジマス用によく使うフライ。



フック=TMC100#10(ややおおぶり)

ボディ=マイクロシェニール

ハックル=コックデレオン

ウィング=エルクヘア



PA120325.jpg



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 アウトドアブログへ



オポッサムといっても有袋類ではなくアングラーズハウス社のバッグの名前。

アングラーズハウスはフライ用品では結構しぶめの老舗ブランドだった。



ビギナーのころキャンパス地で軟ソールのウェイディングシューズにはずいぶんお世話になった。

一時、市場から品物が薄くなる状況があったが、どこかの会社に買い取られて再生したようだ。



http://www.anglershouse.co.jp/main/main.html



以前から購入したいと思っていたが、やっと某釣具店の店頭で発見。



PA090314.jpg

もともとこの手のフィッシングバッグはイギリス製が多く、釣った鱒を入れるためか、つくりが無骨。

しかしこのオポッサムは国産なのでデザインもおしゃれでかわいい。



ヤマメ禁漁シーズン突入のため軽いショック状態のこのごろ。

こんなグッズが本格的な冬鱒シーズンまでの心の乾きを癒してくれる。



 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 アウトドアブログへ


 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload