01 月<< 2009年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近フライをタイイングしていて、雑誌やパターンブック通りで実際の虫のイメージに合っているか疑問になるときがある。

そこで今シーズンからドリフターチェックに挑戦してみる。



P2260647.jpg 

虫チェックの道具はまったく刈田敏氏のパクリ。実際にテストしてみて微調整する予定だ。



<材料リスト>

三脚=市販のデジカメ用三脚のコンパクトサイズ。ヘッドははずした。

ネット=リバレイのリリースネット。枠との接合部が袋状になったものに1mm径の針金を2重に通して強度確保。

フローター=発泡浮きの材料4mm径のセンターを抜いた。

ステム=4mm径のアルミパイプを2本束にした。ほんとうは3mm径のナイロン組みひもが往復できる内径が欲しかったが、入手できなかった。(おかげで強度不足?)



昨日今日でDIYの店をあちこち物色してとりあえず解禁には間に合った。

今年も魚との知恵比べにはまりそう



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

スポンサーサイト

フライボックス内のストックを見回しながら考えた。

ヴェインファイバーのパターンが以外に少なかったので追加しようと思う。



P2220635.jpg P2220632.jpg

 

上側=シロハラスピナー

フックはTMC206BL#16、アブドメインはブラウン系のグースバイオット、ソラックスはトラウトハンターのダークハニー。



下側=エラブタマダラキャプティブダン

フックはTMC206BL#16、アブドメインはグレイオリーブのグースバイオット、ソラックスはトラウトハンターのinfrequens。シャックとウイングはヴェインファイバー。

(いずれも刈田敏氏のパターン)



嘉瀬川のライズに効きそうと妄想にふける。



P2220639.jpg  



あまり遭遇したことがない(気がつかない?)クロカワゲラパターン。

フックはTMC206BL#16、アブドメインはブラウン系のグースバイオット、ソラックスはトラウトハンターのラスティースピナー。テイルはヘンハックルファイバー。ウィングとショートウィングはヴェインファイバー。

 (刈田敏氏のキャプニアパターン)



ひょっとしたら解禁時に津江川でいけるかも??




P2220633.jpg 



最後のとどめは、ユスリカシャックパターン。

フック=TMC508#20

ボディ(シャック)=フレックスボディーレースのクリア

インジケーター=ヴェインファイバーのパーシモン。



このフライは、万策尽きたときに結ぶことにする。(たぶん見えない
 



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

解禁前だからというわけではないが、愛車RAV4を点検に出した。



P2210616.jpg



去年の9月9日に納車されてから5ヶ月半を経過。


なんと気がつけば走行距離が1万KMを超えていた。


月平均で2000KM走ったことになる。


この間西米良や高千穂まで遠征したので当然なのだが・・。



まだまだ宮崎・熊本でロッドを振っていない渓は山ほどある。

解禁後も引き続き長距離遠征はやめられない

(ETC料金が1000円になることを切望



あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

昔から追い込まれないとエンジンがかからない性格。

解禁まであと2週間ともなると自然にフライボックスに視線が行く。



昨シーズンの嘉瀬川C&Rでライズを取り切れなかった苦い記憶がよみがえる。というわけで、水面直下のメイフライを想定してみた。



P2150614.jpg



左側=エルモンヒラタイマージャー

     ウィングはヴェインファイバーでアブドメインはグースバイオット

中央=キャプティブダン

    シャックとウイングはヴェインファイバー、アブドメインはグースバ イオット

  ※上記2パターンのオリジナルは刈田 敏さんのもの。

右側=ドラウンドダン

  シャックとウイングはヴェインファイバー、アブドメインはブリーチドピーコッ ク

  ※水面下を流すパターン。オリジナルだけど実釣はまだ。



解禁直前にうろついて怪我などしてはまずいと来週も自重の予定だ。

まだ少し巻いておきたいフライもあるので・・。

 




 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

いよいよヤマメ解禁も目前に迫ってきた。

ちょっと早いと思ったがG釣具店で津江漁協の遊漁券(3500円)を購入した。



P2090608.jpg



今年から腕章がわりの木札がついてくる。(絵はどうみてもチョウザメだろ!)

津江川といえば去年解禁から4回連続返り討ちにあった釣り場。



今年は、津江川で解禁を迎える計画もある。いやな予感もするが、放流した魚たちのその後も確認したい気もする。



 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

昨日は久しぶりに休日出勤だった。

今日は代休でのんびりN川を釣り歩くことに。



あいかわらずの冬景色と思ったが、河岸では猫柳のつぼみが膨らんでいた。



P2090600.jpg



いつもの神社裏に入ると、前回より水量が多い。



P2090603.jpg



淵の上流からニンフを流し込むといわゆる淵尻のあたりでマーカーがシモル。

何回か空あわせしてみると釣れた。コンデション良好なニジマスくん。



P2090598.jpg 



けっこう魚もすれてきているのか?なかなか思うようなあたりが出ない。半信半疑で咥えているような・・。それでも増水のせいか活性は上がっている。



このあとさらに上流の沈下橋上のプールに移動する。

なぜかにごりがあるのと道路工事の掘削機の音が鳴り響く状況。

落ち込みで2匹のニジマスが釣れた。(バラシもあり)



 P2090606.jpg 



河畔に植えてある梅の古木も花が咲き始めている。



それにしてもN川、水質悪化なのか石にヌルが多いのには閉口する。(単なるフェルトソールだと滑って危険)

まもなくN川のシーズンも終了だが、ドライで釣れる時期にもう一度来て見たいと思う。



 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

なぜかこのところ穏やかな好天が続いている。

やまめシーズンの開幕直前だからというわけではないが・・。

今日はかみさんを乗せて点数稼ぎのつれづれドライブとなった。



P2070581.jpg 



今回は大分道を湯布院インター方面へ向かう。

ここらあたりは家から2時間前後で到達できるうえ、ハイシーズン以外は適度に空いているので都合がいい。



P2070583.jpg



晴天にそびえる由布岳は泰然とした感じを受ける。



P2070584.jpg



城島後楽園先を右折すると志高湖(しだかこ)に出る。

ここは冬季のみニジマスの管理釣り場を開設中。ただし、バックヤードが取れないところが多く、ルアー釣り専用となっている。(残念!)

左奥に数名のアングラーとおぼしき人影がある。好天の週末にしては少ない気がする。



http://www.shinkoucenter.jp/top.htm



P2070585.jpg 



ロープウエイで鶴見岳山頂を目指す予定だったが果たせず。定期点検のため運休中だった。



P2070587.jpg



 気を取り直して別府温泉を散策する。

ここは湯の花で有名な明礬温泉。土産物屋&食堂で釜揚げうどんを食べる。

となりには韓国人の家族連れが来ていた。(この時期に日本観光ができる人はかなりの富裕層と思う。)



P2070586.jpg



 昔の記憶をたどりながら、地獄めぐりでまだ行ったことがない?場所を目指す。



P2070588.jpg 



入場料400円を払ってかまど地獄を見る。



P2070589.jpg



足湯や岩盤浴など、今ふうの設備があって結構楽しめた。ここでは、韓国人の団体ツアーに遭遇する。

http://www.beppu-jigoku.com/



とどめは高崎山自然公園。併設する海ほたる(マリンパレス水族館)は時間の関係でパス。

ここも20年ほどまえに来た記憶がある。入園口から小さなモノレールもありこぎれいなった。サル達はわりと気温が高いので元気そう。大きいのは不気味だが小猿はやっぱりかわいい。



P2070593.jpg



毛づくろいをするサル。上位のものに恭順の意を表すための儀式らしい。

飼育員たちから餌をもらうとB群とC群のサルは山に帰っていった。



P2070591.jpg 



昔の記憶をたどりながら、行き当たりばったりのドライブとなった。

思いつきでどこでもいけるのはカーナビのおかげと思う。

 




 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

解禁まであと一ヶ月を切ってしまった。

今頃はフライのストックを地道にたくわえるべき時期だが・・。

どうしても今までにないパターンに目が行ってしまう。

フライの雑誌やパターンブックをうろうろ。



P2040580.jpg



そこで見つけた襟巻きカディスの新種??

オリジナルはちょっと違うがレシピは以下のごとし。



フック=TMC112#13

ボディ=トラウトハンターのカディスグリーン

アンダーウィング=CDCナチュラル

オーバーウィング=パートリッジブラウンバック

ハックル=ヘヤーズイヤー

※このフックは軽量なブラックニッケル。カラーの対比が魚にアピールするのでは??



勝手な思い込みが現実となるのか実釣に期待。



あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

今週末は少し寒さが緩んでいたので遠出を試みた。



早朝に熊本市内のホテルをチェックアウトして、高千穂方面へ。

山都町の国道218号沿いに「緑仙峡フィッシングパーク」の看板があった。

一見にしかずとわき道にそれるが、結構距離がありそう。



P1310565.jpg 



県境にある黒峰を望む。その向こうは五ヶ瀬と上椎葉。



P1310568.jpg 



本格的なキャンプ場に隣接する渓流。緑川の源流にあたる。

今はオフシーズンなので解禁後の運営状況は確認が必要と思う。

約10KMほど走ってもとのルートにもどり、30分ほどで五ヶ瀬源流に。



P1310570.jpg 



数年前には大きな淵にニジマスが泳いでいた。

その後の大水害で川の様子が激変したという話は聞いていたが、

もしかしてという期待は粉々に・・。



P1310572.jpg 



遊漁券を売っている店も良くわからず、情報も得ようがないので諦める。


せっかく来たので帰りに阿蘇市K川でニジマスの顔をみたくなった。

五ヶ瀬町鞍岡から阿蘇市までは高森経由で約50KM。根子岳を迂回し外輪山を二回も上り下りするルートは結構重い。

おかげでK川到着は12時過ぎになった。曇り空で人影もなし。



P1310576.jpg  



前回よりも上流からマーカー&ニンフで丹念にさぐりをいれるが反応なし。

2時間ほど粘ったが、ひょっとしてバラシたかな?根がかりでは?という反応が1回のみ。

いつの間にかフライマンが2名来て土手の上からライズを探していた。

聞けばわずかにライズはあるという。この天気ではハッチも期待薄。

餌釣りおじさんに根こそぎ持っていかれて終了台なのか?と思ったがライズするというので魚もまだ残っているらしい。



もう少し粘ってみようかなと思ったが、前夜の深酒と朝からのロングドライブを考慮して、早めに帰路に着く。

 




 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。