寒のもどり

低気圧の通過したあと急激な気温低下になった。

恵みの雨になるはずだったのだが・・。


P4260891.jpg 


最近ちょっとご無沙汰していた玖珠川支流のN川を訪ねた。

景色はほどよい新緑なのだが冷たい強風にびびる。


P4260893.jpg 


気温は8度Cなのに水温は暖かいのかさかなの反応はまずまず。

段差下で虫の流下を待ち構えていたのか20cmクラスが釣れた。

ハッチがないせいか、さかなが抜かれているのか数もでない。


P4260895.jpg 



N川を深追いせず休憩後、本流に移動した。

思ったよりも減水は改善していない。石が白いのは減水しているため。


P4260896.jpg 


見込みのありそうな段差にアカマダラ風のパラシュートを流してみた。

リリースサイズながら体高のある魚が反応した。

いちおう本流やまめということで・・。



P4260898.jpg     


帰りの道ばたに野草の群落があった。

白い清楚な花でイチリンソウ(一輪草)というらしい。



今日は早めにあがってGWに使うフライを巻くことにする。

 

 

 

 

 



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


スポンサーサイト

日焼け対策

こうも紫外線が強いと皮膚がんの危険がある。

勤め人としてはあんまり黒くなりすぎるのも考えもの。

手の日焼けは釣りをする上で避けられないと思っていたが・・。



P4220889.jpg 



登山用品店で見つけたUV対策のフィンガーカットグローブ。

http://www.axesquin.co.jp/08top.html

手の甲の部分がメッシュで夏向き仕様だ。値段は1,3**円ほど。

個人的には化繊よりシルク素材が欲しいと思うが、見つからない。



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


ピーカンな一日

状況が良くないと聞いてもじっとしていられない性分。

今週は五ヶ瀬川源流方面へ。

はじめて松橋IC経由で走ったが、延岡行き幹線なのでトラック多し。

やっぱり高森越えを選択しておけばよかったと・・。



P4180871.jpg



途中で遊漁券を購入して8時すぎに入渓。

すでに釣り終わり上がって来ていた餌釣り師のおじさんと遭遇。

迷いながらも時間を置いて釣りあがることに。

3時間ほど粘ったが渇水と強い日差しのためかまったく反応なし。

途中ライズ待機のさかなを発見したが、フライには見向きもしない。



P4180874.jpg 



 昼食後、祇園山のふもとにある妙見神社に立ち寄り水を汲む。

この水は古い石灰岩層から湧出しミネラル分豊富なことで有名。



P4180877.jpg 



午後は、日陰を求めて五ヶ瀬川支流のS川をめざす。

もともと落差が少ないため川どおしに歩きやすいのだが・・。

渇水のため川底には大量の藻と川苔が発生している。

静かに釣り上がったつもりが白ハエが走りまわる。

浅場やゆるい流れにいたやまめはさっさと岩陰に逃げ込む始末。



P4180878.jpg  P4180884.jpg



水温は17度Cと高いこともあり、シリナガマダラがぼちぼちと羽化。

流下中のを捕まえてみるとしっかりシャック(抜け殻)が付いていた。

この種は羽化に時間がかかる。他にも水面でバタついている個体も。

P4180880.jpg 



午後3時過ぎ、少し日が翳ったこともあり、反応がでてきた。

ひさしぶりのボウズも覚悟したが、やっと浅瀬で2Ocmを釣る。

フライはアカマダラのパラシュートパターン。

「夏やまめ一里一尾」というが、早くもその気分を味わってしまった。

P4180887.jpg 


帰りに浄専寺近くの神社に立ち寄る。

石楠花が薄いピンクの花をつけていた。これからが見ごろを迎える。



ことしは季節がすべて10日ほど進んでいるそうだ。

夏は暑くて釣りどころではないかもしれない。



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


必殺パターン?

すこしスレた大型のさかなを誘引するパターンを考えてみた。

ようするに水面につかまったイマージャー。



P4160869.jpg



とりあえず「ほととぎすスペシャル」とでもよぼうか。



<レシピ>

フック=TMC212Y#15

テール=バーサテールのL、クリアバジャー

アブドメイン=トラウトハンターのダビングのライトケイヒル(後)オリーブ(前)

オーバーボディ=パールティンセルのMサイズ

ソラックス=スパーファインダブのアンバー

ウイング=パートリッジのグレーネック

インジケータ=ヴェインファイバー#103パーシモン



※ウィングは多めにして下側をカット。ヒラタカゲロウの♀イマージャーを意識している。

大型メイフライの羽化の谷間に当たっても、上を向いているさかなならしっかり捕食スイッチが入るはず??



まあ、結果は後日ゆっくりと報告ということで。




 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




赤い石の川

おもだった釣り場はどこも渇水ぎみで良い情報がない。

というわけで今回は筑後川源流のひとつ、小国のB川をめざす。

ここは「そば街道」に近い湧水の川である。



P4130865.jpg



この日は天気はうす曇で水温は18度だったが目立ったハッチもなかった。

コカゲロウの半沈みパターンを結び岩盤の切れ目に潜む魚を狙う。



P4130863.jpg 



釣果は約3時間で20cmから放流サイズまで5-6匹と厳しかった。

数釣りでは結構知られた場所なので入渓者も多いのだろう。
 
P4130866.jpg



車にもどる道すがら、ヤマツツジがみごとに咲いていた。

春のゴールデンタイムも残り少なくなった感がある。

いまだ大物に出会えていない状況に少しアセる・・。




 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


早くも夏日到来

今日はいつもより早めに目が覚めた。

そこで三文の得とばかりに愛車RAV4を給油&洗車しようとしたが・・。

なんとエンジンがかからない。

仕方なくJAFのロードサービスを呼ぶとバッテリー上がりだった。

犯人は先週末からのルームランプのつけっぱなしだった。

予定からは30分遅れたがトラブルをものともせず、古湯をめざす。



P4110848.jpg 



今日はめずらしくかみさんとその妹を随行。

古湯温泉の吉花亭の日帰り温泉に放り込んで、その間釣ろうという算段。

(吉花亭=http://www.kikkatei.co.jp/index.html



P4110845.jpg



しかし、ここ数日異様に暑い。すでに20度Cを越えている。

桜が散ったかと思ったら、ツバメは飛ぶは、トンボは羽化するは。

今日は藤の花が咲いていた。初春からいきなり初夏になったようだ。



P4110851.jpg



許容された時間はたったの2時間。

時間節約のため家からウェーダーを穿いてきた。

ばたばたと準備をしてC&R(キャッチアンドリリース)区間を下から攻める。

水温は14度Cと高いが雨が少ないのでかなりの減水状態。

幸いうすにごりがあるので助かる。



P4110849.jpg 



ハッチはほとんどないが、ヒラタイマージャー系の半沈みフライが当たる。

20cmくらいの引きの良いヤマメくんが顔を出す。しかし体色はいまいち。

ダム工事の影響か砂が増え、一部は泥底状態と環境が悪いのだろう。

それでもこの日は5-6匹釣れた。いままでこんなに数は出たことがない?

 今日は淵尻や浅場にも魚がでており、魚が上をむいていたようだ。



楽しい時間は早く過ぎるもの。約束どおりの時間を少しオーバーしたが、かみさんたちと合流して昼飯をとることに。



 P4110853.jpg



嘉瀬川ダムの現場横で水をくみ、三瀬トンネル手前の風羅坊に立ち寄る。

このR263沿いのお蕎麦屋さんは行列ができるほど繁盛している。



食事のあとは『やさい直売所マッちゃん』で野菜を仕入れる。

ここも駐車場は満杯の盛況ぶりだった。

ここは近所の生産者が直接持ち込む野菜、いまならたらの新芽やウドなど旬の食材が目を引く。



今日はいつもの休日とは違う過ごし方で充実した。

たまにはこういう気分転換もよい。かみさん孝行も必要な年頃につき・・。



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


今年は一味違います!

昨日はG釣具店のビギナー教育を兼ねた宮崎遠征。だがあいにくの雨模様。

えびの市S川上流に車2台に分乗して繰り出したのは、店主K氏と常連M氏、

ビギナーはO君とJP君の総勢5人だった。

P4050827.jpg   P4050828.jpg



今年の南九州はいつになく雨が多く、先週ぐらいからやっと水が安定してきたそうだ。

午前9時すぎ、ライズ狙いのM氏を下流に残して、集落先から釣り上がる。

しばらくは護岸の影響か浅いプールが続く。水温は12度Cでやたらと水が澄んでいる。



 P4050830.jpg



渓相も良くなったころ浅い落ち込みでブラウンのダンパラシュートに出たヤマメくん。

サイズは20cmで、絵にかいたような鮮明な模様をもつ丸い体の魚だった。



P4050834.jpg 



約2時間ほど経過したところでハッチが始まる。オオマダラカゲロウのよう。

小さなプールでライズも見える。



P4050836.jpg 



午後1時ごろ林道に上がるまでにバラシや合わせ切れもありながら同サイズを6匹。

MAXは22センチだった。



昼過ぎからはM氏と合流して、下流のライズポイントの様子をさぐる。



P4050838.jpg



本流下流には同様の堰が一定の間隔で構築されている。

それぞれの落ち込みには大型ヤマメがついているはず。

雨も上がって極小カディスやメイフライのハッチなど、それなりにあったのだが・・。

待望のライズは非情にもかなり散発。

来がけに買ったアンパンをかじりイブニングまで粘ったが変化なし

イブニングは当たればすごいがやはり難しい。



そういえば、例のジンクス=「G釣り具店主と同行すると釣れない」はこの日で終了した。

思えば永いことつかまっていたものだ。

 




 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ