スローフライフィッシャー(その3)
2009年06月30日 (火) | 編集 |

翌朝は4時半には起きだし、湯を沸かしてカップめんで朝食。

さいわい雨は止んでいたが空気は重たい。

P6281076.jpg 

着替えて本流合流点から大きめのカディスフライで釣り上がる。

ところが期待に反して2時間あまり何の反応もないので見切りをつける。

テント撤収後、もっとも近い場所で放流実績のある支流K川に移動。


P6281082.jpg

K川は谷が深いところでは入渓路が見つけにくい。

このため道路から見通せる上流部から降りることに。


P6281080.jpg

やっとのことでブラウンハックルのカディスを咥えた18センチの魚。

きれいな渓だが減水ぎみでポイントに水深がない。まるで夏ヤマメ状態。

パシッと出ないし、咥えたら反転せず吐き出すのでフッキングは難しい。

やがて3時間ほどで滝状の段差が連続するエリアになった。

右岸の大岩を巻いて獣道を辿り、側道にあがった。

カーナビの指示通りに五家荘経由で松橋インターを目指して走る。

P6281085.jpg

ニ本杉峠の店屋脇で見つけたウツボグサ。紫の小さな花で漢方薬になる。


P6281086.jpg

峠の直下には、くまもと名水百選「七次郎水源(しちじろうすいげん)」。

立ち寄ってポリタンク1杯の水をもらった。 

緑川支流の津留川の 養殖場に至る道路はすさまじいワインディングだ。

油断すると運転しながら気分が悪くなる。

 

この2日間はまいど釣果的にはぱっとしない「スローな」釣りとなった。

しかし、キャンプ&フィッシングに必要な基礎を学習する良い機会となった。

と前向きに考えることにした。

 



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

スポンサーサイト
スローフライフィッシャー(その2)
2009年06月30日 (火) | 編集 |

日暮れまでの時間を気にしながら、適当な設営スペースを探す。

予想どおり場所がなかったが、無理をして川近くの道路脇に定める。

P6271070.jpg

今後のこともありテントは大きめを買ったのだが、実際の設営は初めて。

無謀にも説明書片手に設営にトライし、1時間半もかかってしまった。

幸い雨は降らなかったが、汗かきすぎで軽い脱水を起こすアクシデント。

P6271071.jpg 

スポーツドリンクを飲み飲み、脳みそにムチを入れウェイダーに着替える。

鹿児島ナンバーのフライマンが先行していたのでマダラ小屋下流に入渓。

P6271073.jpg 

すでに午後6時を過ぎているのでもう少し反応があってもよいのだが・・。

フラットなプール上手の落ち込みで#10のカディスに17センチ級が出た。

サイズの割には幅広なマダラくんだった。

ここは川通しに歩けない。何回か上り下りしてゴールデンタイムに突入。

が、運悪く大粒の雨が降り出したためフライのメンテが困難に・・。

7時近くになったが脱水症状の後遺症か、手が反応しきれずバラし1匹。

さらには流れに沈んだフライにフラッシングする始末。当然合わない。

バックリと喰ってくれの願い空しく、暗闇の川を戻るのは超危険なので撤収。

P6271074.jpg 

車に戻って雨の中着替えて荷物をテントに運び込む。

ランタンとストーブを点火、さらに夕餉の支度と結構いそがしい。

登山用の飯はやたらまずいが、湧水で割った焼酎が体にしみる。

時々雨のふる暗闇をこえてカワゲラがかなりの数飛来してきた。

携帯ラジオを子守唄がわりにと思うが、慣れないので寝付けない。

⇒その3へつづく

 



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

スローフライフィッシャー(その1)
2009年06月29日 (月) | 編集 |

ふと下梶原C&Rでイブニングにトライしてみたくなった。

しかし周辺の宿屋にも不案内なので、思い切ってソロキャンプすることに。

といっても道具立ても不十分なので出発間際に買いに走るドタバタ。

おかげで南に走る高速に乗ったのが昼ごろになってしまった。

P6271061.jpg 

松橋インター経由で五木村に向かう途中にある旧東陽村(現八代市)。

明治の技術集団(種山石工)発祥の地として有名な地域である。

近くの河俣川は、放流は定かでないが渓相もいいので狙いたいところ。

P6271062.jpg

大通峠のループ橋を渡りトンネルを抜ければ五木村。

思ったより整備されていたが昔は相当な難所道だったと想像できる。

P6271064.jpg 

県道沿いの五木小川の淵をのぞくと尺ヤマメがクルージングしていた。

P6271068.jpg 

途中で氷など思い出し買いながらのため3時間近くかかって目的地到着。

⇒その2へつづく

 

 

 


 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

石のさかな
2009年06月24日 (水) | 編集 |

P6101035.jpg

先日、南小国の七滝温泉で見つけたストーンペインティング。

あまりの賞賛に意を得た宿のおかみが記念に持たせてくれた。

その後G釣具主人の情報によると・・。

この魚の作者は知人でもと人形師のO氏に違いないとのこと。

O氏には20年近く逢っていないのだが味のある作風になっている。



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

雨は降ったけど。
2009年06月21日 (日) | 編集 |

予報どおり久しぶりの降雨となった。

たまにはごく近場ということで嘉瀬川上流のI川を訪ねてみた。

朝から雷雨にはならなかったが釣り支度中の雨はうざい。

P6211051.jpg

I川は予想よりブッシュが茂り前よりも荒れた感じがした。

2時間ほど釣りあがるが反応するのはリリースサイズ以下のみ。

雨中の藪こきも集中力を奪うので、近くの城原川の支流に移動した。

P6211055.jpg  

ここは川幅も広くかかりもいいため釣り人の足跡も多いようだ。

P6211053.jpg

入渓後30分でやっと15CMクラスがパラシュートを喰ってくれた。

小型ながら幅広でパーマークのしっかりした個体だった。

その後数時間は、遠目からドラグを回避するという厳しいキャスト。

フライに出るもののフッキングしないパターンが続く。

増水しているけど魚の警戒心は高い。当然大型の気配は感じられない。

P6211057.jpg

ところどころ自然のままの護岸もあり、ヤマボウシの白い花が見事だった。

 

先週に続いて日曜日の釣行となったが何となく魚の出が悪い気がする。

やはり土曜日に釣り人が入っているプレッシャーなのだろうか・・。

来週からはいつもの土曜日パターンに戻してみることにする。

 

この日は少し時間が余ったので博多区にあるmanさんの工房を訪問。

いろいろネットとバンブーロッドのクラフトについてお話をうかがった。

突然の訪問でしたが、暖かく迎えていただき感謝!


あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

今日もピーカン
2009年06月14日 (日) | 編集 |

降ってくれの願いもむなしく今日もピーカン。

先週から喉かぜで体調いまいちのため、近場に変更。

(ほんとは南のほうに遠征の計画だったが・・。)

P6141039.jpg

先ずは日田インター経由で山国川支流のT川をめざす。

やはり渇水が激しく逃げ惑う魚影は見えるが・・。

P6141037.jpg

2時間ほどでリリースサイズのみ。(これはアマゴの放流もの?)

もともとこの水系は山自体が保水性が低いようで今年は厳しいかも。

そこで以前から気になっていた玖珠川支流のY川に移動することに。

P6141047.jpg

今回は高速を迂回、高塚インターで降りるルートで約40分の移動。

中流部にフライの先行者がいたので、上流部の藪っぽいところに入渓。

湧水があるのか減水は気にならない。水温も16°Cとまずまず。

P6141046.jpg

ゆったりとダンパラシュートを咥えて出てきた久しぶりの20cm級。

このあと数時間釣りあがるが昼近くなっていることもあり、厳しかった。

上流域になったのかアブラハヤが出だしたので釣りやめる。

ただ、他にも大型の魚影が確認できたので期待が持てそうな雰囲気。

P6141049.jpg  

いまどきの低山で目立つのがマタタビ。(いわゆる猫マタはこの実。)

白くなった葉っぱの裏側にたくさんの薄黄色の花をつけている。

 

毎日ピーカンが続く天候では、あまり多くは望めそうもない。

まあ久しぶりにまともな魚と出会えたので良しということで・・。

 

 

 

 

  

 

 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

雨乞い
2009年06月07日 (日) | 編集 |

梅雨入りの平年日を過ぎてもまとまった雨がない。

先日の雷雨による増水に期待して矢部川水系O川をめざす。

P6061023.jpg 

残念ながら平常の半分ぐらいしか流量がなく・・。

P6061022.jpg 

おもなスポットは無反応、おまけに特大のアブラハヤが釣れる始末。

それでも何とかアダムスパラ#16にでたリリースサイズをフッキング。

大型魚は危険を感じて大きなプールに避難しているようだ。

朝から2時間粘っても状況に変化がないので場所移動を決断した。

P6061027.jpg  

竹原峠のトンネル経由約30分で津江川C&R区間に到着する。

下流の駐車スペースにフライの先行者がいたので言葉を交わす。

午前中にわか雨が降り、まずまずだったとのこと。

午後でしかも先行者の後だがC&Rの魚影に期待して入渓することに。

ここも減水ぎみ。だが段差下のプールには放流魚の魚影が見える。

しばらくすると大型が浮いているのが見えたのでイマージャー系を投入。

計算どおりぱっくり咥えてくれたが、フックが小さすぎたのかすっぽ抜け。

推定28cm級だった。これでもまだあわせのタイミングが早いのか!

P6061028.jpg 

 

その後、日差しの中を1時間ほど釣りあがるが、さすがに厳しい。

 

リリースサイズぎりぎりの数匹を釣り上げるのがやっとだった。

どの水系も梅雨の雨で増水するまでは大差ない状況だろう。

体力と経済力を温存して、次回には南九州をめざそうと思う。



あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ