02 月<< 2010年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>04 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところ冷たい雨が降るいやな日が続いたが、やっとこの週末は天気が回復した。
しかし、放射冷却と寒気で内陸部は氷点下で霜が降りる予報だった。
そういうわけで今朝は意識的にゆっくり家を出た。


P3271697.jpg

福岡県内協の遊漁券を 購入するため八女市上陽町の木下釣具店に立ち寄る。


osoba_.jpg

途中にある日向神ダム湖畔の桜はまさに満開を迎え朝陽に輝いていた。
今日の目的地は矢部川水系のO川。午前9時なのに 気温はまだ3度C
日当たりのいい本流との合流点から入渓してゆっくり釣りあがる。
水量は比較的おおいが、水温を計ると8度Cしかない。手を入れるとかなり冷たい。


P3271704.jpg

1時間ほど釣りあがっても無反応。やはりハッチが起こらないと無理かも・・・。
あきらめて上流のいつものポイントに移動した。


P3271702.jpg

30分後大き目の段差脇でコガタシマカディスに飛びついたのはリリースサイズ。
小さいながらきれいな魚体だ。ハッチのないときはやっぱりこのパターンしかない。

P3271713.jpg P3271711.jpg

しばらく釣りあがるうちに虫が出だした。
左=マエグロヒメフタオカゲロウの♂ダン。石に付くのがすきなヤツ。手に乗ってきた。
右=クロマダラカゲロウ。小さいので♀のダンだと思う。なぜか一匹だけ出ていた。

ハッチはそこそこあるものの、まだ水量が多いせいかしっかりフッキングできない。
5回ほどの反応で2匹キャッチでバラしも多かった。
1箇所だけ小型がライズしているポイントもあった。ライズの釣りまでもう少し我慢。


P3271705.jpg

川岸にはオオイヌノフグリがコバルトブルーの可憐なはなを咲かせていた。
この花は今日一日限りであしたには枯れるらしい。
しかし、花に責任はないのにひどい名前を付けたものだ。

3月は解禁直後からずっと寒い日が続いている。”桜は咲けども魚は躍らず”。
もう少し春らしい天気があってもいいと思うけど、神様の気まぐれは続く。


ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
翌朝はホテルを早めにチェックアウトしてコンビニで食料補給。
迷ったけど、先日雷に追われた宮崎県S川上流に再チャレンジすることにした。
高速経由で午前7時半には目的地到着。気温は5度と以外に寒かった。
先行者見当たらず貸切状態だが、水量は多めで水温は9度Cと低すぎか?

P3221684.jpg


林道脇で着替えてフラットなエリアからカディスパターンで釣り始める。


P3221681.jpg

細長いプールを上流から流し込んだフライにのっそりと20cmクラスが顔を出す。
よしよしと思ったのもつかの間、それからしばらく釣りあがるが無反応。
2時間後、T林業事務所下のたるみで思ったとおり出たのだが、ミス(T-T )
ぬったりと出られると逆に手が動かない。まだまだお魚の気持ちがわかってない?
日が高くなってもハッチの気配に乏しいので、深追いをせず撤収。


P3221693.jpg

休憩してツイッターのTLをチェックしながら昼飯。気温は17度まで上昇してきた。
気を取り直してやや下流のライズポイントからゆっくりと釣りあがる。


P3221691.jpg

プールでは反応がなかったが、流れ込み部の底から23cmぐらいのがガッツリ喰った。
きれいなパーマークでいかにもコンディションのよさそうな固体だった。
フライはここもコガタシマエルクカディス。ハッチがないのでこれでリアクションを狙う。
その後1時間あまり釣りあがる。数回反応があったが、フッキングには至らなかった。
不思議なことにちびヤマは出てこない。シーズンはこれからということか?


P3221694.jpg  P3221696.jpg

ライズもなければ、自然と周りのものに目が行くもの。
左は、田んぼのレンゲソウ。最近はきちんと種をまかないと一面には育たないらしい。
右は、昭和初年、木材搬出の軌道用に建設されためがね橋。高さ20mもある。

この後、下流域のライズポイントをすべてチェックしたが空しかった。
桜は満開で天気は良いのだが風が冷たすぎるのか?

最近の釣りでは、フライをポイントに入れるのはかなりよくなったと思う。
打率が悪いのは、ラインとリーダーの捌き方に問題があるのかも?
フライ選択?それはさかなに聞いてくれ!
ここを乗り切ってさらに上を目指そうなどと、帰り道の渋滞の中で考えた。

ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

温泉のおかげで昨夜は爆睡だった。しかし、雨のあとは今度は冷たい強風が・・。
下梶原川まで移動して朝食をとる。カップめんと蒸しパンと紅茶。

P3211668.jpg

きのうの雨で川はさらに増水し、ササにごりの状態となっていた。

P3211669.jpg  P3211670.jpg

このまま場所換えするのも悔しいので、着替えて魚が退避してそうな岩陰にフライを投げる。
すると、きのうほどではないが20cmクラスがヒット。魚はたしかにいる。
 

P3211671.jpg

やむなく人吉市内方面へ退避。ガスがかかっていると思ったら黄砂で煙っているのだった。

P3211673.jpg  P3211675.jpg

途中コンビニで補給して、支流のM川とH川で竿をだしたが、いずれも反応なし。
増水はさほどでもないが、強風のせいか午後になってもハッチはわずかだった。

 

P3211676.jpg  P3211680.jpg

支流のあちこちで桜が満開になっていた。いつもは桜のころライズしまくりのはずなのだが・・。

この日の夜は、市内のビジネスホテル朝陽館 を予約しておいた。
日曜日の夜なので近くの食堂が締まっている。駅前の有名な駅弁を買って夕食にした。
ここも温泉宿なので、連荘でお湯につかると、定番の”龍馬伝”が終了とともに爆睡する。

 ⇒連休釣り旅~その3 につづく



 

ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

たまたまだがこの3連休はからだが空くことになってしまった。
当然ながら家で一人でいるわけにもゆかず、テントとロッド担いでの遠出となった。


P3201655.jpg

夕方近くから雨の予報だったので珍しく早く起き、午前7時には川辺川にいたる。
チッソの第2発電所の桜はなんとほぼ満開。周辺の山桜もすでに花盛りだった。

P3201656.jpg

ツィッターの事前情報どおり下梶原川C&Rのマダラ小屋周辺は増水で厳しい雰囲気。
やはり上流からと発電所に車をとめ、人気もないのでゆっくりと着替える。
遡上に手こずるほどではないが水量が多い。水温は12度とまずまずなのだが・・。
黄色のダンパラ(下梶スペシャル)とコガタシマエルクで3時間ほど釣りあがる。
時間が早いのでハッチがないのが当然だが、魚の気配が少ない。

P3201658.jpg

ここしかないというAA級ポイント3箇所のうちのひとつでやっと20cm級がヒット。
流速が早くて魚が追いきれないのか、流し方が悪いのかミス2回も。(泣)

P3201665.jpg

昼には下流に戻り休憩。高曇りですこしづつ風がでてきた。
依然として虫のハッチもライズもないが、移動したものかと悩む。
暑くなったのでウェーダーを脱いだまま、エルクカディスを結んで流してみた。

P3201663.jpg

すると流芯とへちの中間あたりから、25cmの体高のある魚がいきなり飛び出してきた。
ブラウンハックル+オリーブグレーのボディのカディスパターンで、同サイズ4匹ゲット。
おおきなマークに精悍な顔つき、これが”マダラ”か。それにしても魚影の濃さ。

P3201667.jpg

この日は早めにあがって道の駅 子守唄の里五木の温泉で汗をながす。
どこでも温泉にありつける、九州人でよかったと思う瞬間である。
そとはかなり風が強くなっている。設営地を探してみたがこの風にペグなしでは厳しい。
やむなく道の駅の駐車場で車中泊することにして、隣の蕎麦屋で地鶏そばを食べた。

午後6時過ぎから強風と雷雨。たっぷり3時間は続いた。明日の濁りが気にかかる。
時々しか繋がらないツイッターのTL(タイムライン)を追いながら時間をつぶす。


 ⇒連休釣り旅~その2 につづく

 

ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

P3141645.jpg

今日の目的地は少し距離があるので1時間ほど早めに出発した。
大分自動車道由布院インター経由2時間で久住連山の黒岳あたりを通る。


P3141647.jpg

ここら辺は大小さまざまの温泉や湯治場が散在し、文人ゆかりの宿も多い。
午前8時すぎにはめざす川に到着。この時間帯はさすがにひと気がない。


P3141651.jpg

釣り開始の段階でなんと6Xのティペットがなくなるというトラブル。
かわりにフロロカーボンを使用した。これってマイナスだがやむをえない。

釣り開始直後は白ハエのライズしかなく
、ハッチの気配もなかった。
9時過ぎにはコカゲロウがハッチし始め、少しずつディンプルライズがスタート。

P3141649.jpg

普通のダンパラシュートには無反応なので、イマージャーを結んでみる。
ぎりぎり水面直下でやっとフライを咥えてくれたヤマメ。24cmぐらいかな。
このあとフローティングニンフと小カディスと10個のフライを付け替えなんとか4匹をあげた。
けっこう頻繁にライズし何かを口にしている。決定的なパターンにはたどり着けない。
それと半信半疑で咥えてるみたいでやたらバラシが多くなった。


昼過ぎにはハッチも一段落、ライズの回数もかなり減ったため釣りやめる。
他のポイントのライズも確認したかったので昼食後に場所移動となった。


P3141653.jpg

帰り道のいたるところ湧水がある。なかには飲料可の温泉もあり、自由に汲める。

P3141654.jpg


先日の南小国のライズポイントが気になったので、立ち寄ってみた。
天気はいいのだが、この間の悪天候のときよりなぜかハッチが少ない。
あきらめて、近くにある「林檎の木」のアップルパイを買って帰ることにした。

ホワイトデイのクッキー代わりということで・・。


 

ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

yuugyo.jpg

ひとシーズンの釣行回数はおよそ30回ぐらいと思う。
もちろんオフにも虹ねらいで出かけれることもある。
遊漁券の値段は漁協によって違うが年券で3,000~6,000円。
日釣り券で500~2,000円とさまざまである。
釣券購入の手間を考えると同じ釣り場に2回以上出掛けると元は取れると思う。

問題は、漁協から販売を委託されているお店である。
S川では日釣券をお店が発行してくれなかったため、監視員から注意されたり・・。
K川では日釣りの腕章を売ってあげるから、日付を毎回書き換えて使えといわれたり・・。

いろいろあるけど寂しいのは、昨年買った所が高齢で店を閉めてしまっていること。
Y川のM釣具のおばあちゃん元気でいるかな?


 

ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

解禁日以降も荒れ模様の天気が続き、この日も朝から雨模様。
それでも無理やり出撃するのは明日の天気がさらに悪くなるという予報だから。


P3061629.jpg

きのうは少し早めに起きだして南小国町をめざし、午前8時すぎにはきよらカーサ到着。
ここで遊漁券を購入してS川の岸辺で雨が小止みになるのを待った。
この天気では釣り人は少なく餌刷り師がいたが不調なのかすぐに消えた。
少し増水して濁っている。水温は14度と高めだがハッチもなくライズもない。
ゴールデンタイムまでライズ待ちしたが変化ないので上流に移動することにした。

P3061630.jpg

上流のM川との合流点付近には数名の先行者がいたのだが、距離をとって入渓。
ここはB川同様に岩盤が多く流れはトルクフルで増水時の釣りあがりは楽ではない。
小堰堤下でのっそり大型が出たが、動きがスローすぎてあわせがズレてバラシ。

P3061634.jpg

P3061633.jpg

300mほど遡上した少し段差のある落ち込み。小さなチクッという反応でやっと1匹取れた。
フライはシロハラコカゲのダンパラシュート。流れがあるのでしっかりしたのが良かった。

P3061643.jpg

帰りに再びきよらカーサに立ち寄って食品などを購入した。
写真の健康茶は美味しいと我が家定番だが、阿蘇周辺にしか置いていないらしい。

天候のせいにするわけではないが相変わらずスローな釣果だ。
草木の芽吹きをうながすような小雨で、気がつかないうちにベストもしっかり濡れている。
まだまだ雪のちらつく日もありそう。スイッチが入っているのは釣り人だけのようだ。

 

ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

ほんとうはG釣具の仲間たちと3日にS川に出かけるはずだった。
どうしても仕事の調整がつかないものでやむなく単独で行くことになった。
近場に行くことも考えたが比較的混雑しない所で釣行経験のある川内川上流を選んだ。
小林市内のビジネスホテルに前泊したために余裕で午前8時にはウエーダーを穿く。


P3011619.jpg

天気予報では昼ごろ雨だったのでライズ待ちせずに釣りあがることに。
水温12度で数日前の雨で増水していたが濁りはなかった。
メイフライパラシュートとエルクヘアカディスを付け替えながら1時間ほどトライ。
まったく無反応なのでニンフ&マーカーで様子を窺うがこれもだめ。

P3011620.jpg

ハッチがあればライズがあるポイントなのだが、まだ虫が動いていないのか?
上流のライズポイントで実績のある場所に移動。相変わらずここの流れはきれいだ。


P3011623.jpg

去年と同じく釣果ナシの解禁になるのかなとあきらめムードも漂う。
しかし、意外に魚は流れの向こうではなく手前のべたな浅場にいた。
シロハラパラシュートを咥えてこんにちはしたのは赤っぽい体色の20センチ。
時計は10時50分。久しぶりの感触を味わう余裕もなくさらに上流に移動。
予想どおりの上流には先行者。餌釣りとルアーマン、フライマンもいた。
先行者を避け林業事務所先から入渓して30分後に、今度は雷雨。
ほんとはも少し釣りたかったが、大粒の雨に追われるように車に戻った。


P3011627.jpg

地温の高い宮崎ではすでに白もくれんが開花していた。
梅→木瓜→木蓮と続き桜に到達すると、本格的な山女魚のシーズンだ。しかも大型ね。




 

ランキングに参加しています。ポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

blogram投票ボタン

 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。