転ばぬさきの・・。
2010年04月28日 (水) | 編集 |
P4231781.jpg P4261804.jpg


先日、五ヶ瀬川上流の岩盤地帯で転んだ一件が脳裏を離れない。
そこで、ネットで検索していたらいいものがあったので思わずポチットした。

(株)昇栄の「ピンソール」という商品でウェーディングシューズにベルトで装着するもの。
収納もコンパクトでベストの背中に収まるサイズ。
つまづいてかえって危ないのではという意見もあったが、しばらく使ってみることに。


ピンソールを眺めていると、自然と源流にチャレンジしたくなる。
梅雨明けごろかな。

(シューズの汚れはお許しを。洗う暇がなかったりして・・。)


ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
もう雨はいらない
2010年04月24日 (土) | 編集 |
今日は釣友でブログ友でもあるmanさんと久しぶりの同行となった。
朝方まで降っていた小雨はやんだが少し肌寒い天気だった。


P4241784.jpg


目的地の途中にある日向神ダムは数日前の雨で大幅に増水していた。
ここのダムは減水が常なのだが、記憶にないほどの超満水である。

P4241787.jpg

まじヤバイなと思いながら上流O川に行くと、やはりここも見たことないほどの増水。
しかたがないので遡上可能なエリアを選んで入渓する。水温は10℃だった。
ここは、最近まともな釣りができていないらしいmanさんに先行を譲る。
manさんは、メイフライパターンで20cm級1匹と大物のラインブレイク1回。
濁りは取れていたのだが、流れが速すぎてフライを投入するスポットがない。


P4241790.jpg P4241793.jpg

渡渉ができないので2時間ほどで切り上げて近くのM川に移動してみた。
11時ごろにハッチのピークを迎える。今日はモンカゲロウ、カワゲラが出ていた。
入渓点下流の堰堤でライズを発見したので、しばらくトライしたがノーフィッシュ。
水面でふらつくモンカゲに飛びつくスプラッシュで、散発的なライズだったようだ。


P4241800.jpg

入渓後1時間ほどはなぜか二人とも無反応で首をかしげる。ひょっとしたら先行者?
と思ったやさき、少し藪っぽくなってきたエリアで突然魚が出てきた。


P4241797.jpg

メロンカラーのダンパラシュートに出たのは20cm級のきれいな魚だった。
このあと2度ほど魚が顔を出したがフッキングにはいたらなかった。

一方、manさんはM川で23cmを含む2匹を追加して満足顔であった。

大型連休目前のいま、八女地方ではしゃくなげやツツジ、藤が花を咲かせるころ。
manさんとおいらの大型爆釣の夢は、はかなくも消えた。


ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

太っちょやまめ
2010年04月19日 (月) | 編集 |
この週末は祝い酒を飲みすぎたおかげで土曜日の夜は早めに寝た。
おかげで日曜日は暗いうちからスイッチが入っていた。

しかし、放射冷却で2℃まで冷え込んでいた。どう考えても3月中旬の気候だ。



P4181761.jpg


この日目指した五ヶ瀬川の流域でもうっすらと霜が降りて、つつじの花も霜で悲しい姿に。

P4181767.jpg

風景は芽吹きの季節なのだが、この日も水温が低く8℃しかなかった。
気温の上昇のタイミングをはかっていたら、目指すライズポイントには餌師が。
しかたなく、上流のけっこう掛かりのよい場所に入渓した。
ここも餌釣師の痕跡が多数で、予想どおり3時間あまり無反応だった。
10時ごろやっと出たがすっぽ抜け。ドライフライはまだ厳しいのか。


P4181772.jpg P4181771.jpg

とりあえず前進していると、小型のカディスがハッチ。
すると養魚場近くの深みの終わるあたりでバシッとでた。
あわせるとなんと岩魚だった。20cmほどのサイズでネットの中でうねうねとしている。
(こいつは九州にはもともといないやつなので、誰かさんが放流したもの。)


P4181780.jpg

午後になるとやはり気温は18℃まで上昇。しかし、天気のいい日は風がでる。
岩魚一匹で帰るわけにもいかず、下流に移動して釣りあがる。
比較的浅い岩盤地帯を2時間ほど遡上する。水温は12℃に。
コケの生えた”ナメ”底は滑りやすい。やっぱり、滑ってしりもちをついた。
こんなところでは、フェルトソールは最悪、プチアイゼンが欲しくなる。

P4181774.jpg


今日もやまめはおでこかなと覚悟を決めていた。
最近の傾向であきらめないで粘ったほうがよい結果が出るのを思い出した。
案の定、岩盤がところどころえぐれて深くなったところに魚がついていた。
茶色いカディスがひらひらする中、ガッツりフライを咥えた23cmの太った魚。
銀化しかかっているけど体高のある個体。たっぷり虫を食っていそうなやつ。

同様のポイントで同じサイズが5匹出た。
来年は尺近くなって釣られてくれよとリリースした。

ほんとはイブニングまで粘ればもっと大物が出たかも・・。
なんせ我が家から3時間近くかかるため、再来を期して帰路に着く。


ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

あると便利なもの
2010年04月16日 (金) | 編集 |
最近の渓流は両面護岸が多くてこまる。
いったん降りたはいいけど側溝に落ちた子猫状態で泣かないといけない。

先日南九州のあるライズの川で、先行のフライマンが縄梯子を設置していた。
類似のものがないかと探していたら見つかった。


P4141759.jpg

やつや工業の「フィールドはしご」で値段は9000円ぐらい。

P4141758.jpg

収納もコンパクトなので車に積んで置けば便利かも。本来の目的外の使用はしないほうがいいかと・・。



ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

アマゴに遭遇
2010年04月12日 (月) | 編集 |
日曜日は夕方から別府で仕事が入っていたので、玖珠川水系N川へ。
ここは小さな川なので釣り人が多いときは厳しいが魚影はなかなかだ。

午前8時すぎいつもの入渓点に車を停める。曇りで気温は14度と暖かい。

P4111747.jpg

コカゲロウが少し出ているので、黄色いダンパラシュートを結んでしばらく釣りあがる。
数投目から反応があるがチビヤマらしい。


P4111745.jpg

辺地よりの小さな淀みをしつこく流していると、23cmの魚が反応した。
よくみると朱点がしっかりあるのでアマゴだ。
ここは分水嶺の西側なので放流にまぎれていたのかも知れない。


P4111748.jpg

2時間ほど釣りあがるが、食い気はあるが水量多めなのでフッキングが悪い。
リリースサイズ2匹のみとぱっとしないので下流に移動してみた。


P4111757.jpg

今度の入渓点はやや下流過ぎたのか、1時間ほどカワムツの猛攻に会う。
足元が少しおぼつかなくなって脱渓点を探すが適当な場所がない。
最近、”もうちょっと釣るか”でほんとに釣れることがあるのを思い出した。
今回もヤマメエリアの一番下流部に当たったようで、20cmオーバーが2匹出た。
もう少しハッチがあればライズを繰り返してくれそうな雰囲気だった。



ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

こて絵のある川
2010年04月10日 (土) | 編集 |
今日は少し気温も上昇してきたのでハッチ期待で近場の川に出かけた。
めざしたのは大分県境に近いN川。ゆっくりめに出発した。

P4091738.jpg

地元の釣り人がよく出る釣り場なので、先行者(餌釣り)に配慮しながら入渓する。
気温は16度とかなり暖かいのだが、増水していて水温も10度しかない。
入渓後、1時間はチビヤマも反応しない状況が続く。


P4091737.jpg

それから30分、日当たりのよい浅めの辺地からやっと22-23cm級が飛び出す。
かなりサビの入った魚だった。フライは例によって小型のエルクヘアカディスグリーン。
最近このフライに依存するパターンが多いので在庫が赤信号だ。

その後、下流を含めて数時間釣りあがったが、20cmのヤマメと大型カワムツのみ。
放流のうわさも聞いたが、足場もよいので抜かれたものと思う。(残念!)

P4091740.jpg

川沿いの農家に、めずらしい松竹梅の”こて絵”を見つけた。
左官職人が漆喰に施主の繁栄を願って縁起の良い絵を描いたもの。
ここらは大分県に近いので職人さんの交流があるのだろう。



ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

釣果不順
2010年04月05日 (月) | 編集 |
北部九州は先週半ばに季節はずれの大雨が降った。
週末天気は回復したものの今度は冷え込みと踏んだりけったりの予感。
しかし、釣り人としてはわずかな可能性に賭けてみたいものだ。


P4041724.jpg

微妙に迷いながらもやはり魚影の濃さを頼みに津江川のC&Rを目指した。
日曜日で入渓者が多ければ転進しようかと思っていたのだが・・。
意外にも一番長いレンジが空いており迷わずここに入渓することにした。


P4041726.jpg  P4041728.jpg

通りかかった監視人U氏によると、平日も3~4人が連日訪れているとのこと。
渓に降りると予想通り増水で、水温も8度Cとかなり冷たかった。

2時間ほどたってカディスがハッチし始めるまで全くの沈黙だった。
AAポイントも何もなくスルー。流れ脇の浅場でやっとリリースサイズをキャッチ。
こんなに寒い結果は久しぶりだ。


P4041731.jpg

上流の育成場には5人ほどのフライマンが入渓していた。
ここはC&Rで一番プレッシャーの高いところなので結果を聞くまでもない。


道路脇には自生らしいミツマタの群落があった。
ミツマタは紙幣に使われているらしい。コウゾとともに和紙の原料で知られる。


車までの帰り道は坂道で遠かった。インナーに塩を吹くほどしっかり汗をかいた。

ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

タイ風カレー
2010年04月03日 (土) | 編集 |
天気はいいものの先日降った大雨による増水で渓流行きは延期。
先日無印良品で買ったままのグリーンカレーのキット(280円)を思い出した。

P4031718.jpg P4031721.jpg

今回の具の鶏肉と竹の子をサラダ油で炒めてココナッツミルクで煮込む。
カレーペーストを加えて最後にナンプ ラーで
仕上げるのでシンプルだ。


P4031722.jpg

青唐辛子のペーストにコブミカン(アフェアライム)が入っているのでグリーンなのだが・・。
実際にはココナッツミルクで煮込むのでイエローという雰囲気だ。
青唐辛子は見た目よりしっかり辛いので、多めのご飯でいただくのがおすすめ。



暑い時期に夏野菜を入れて汗をぶるぶる流しながら食するのも一興か。

 

ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

道具からはいるほうです。
2010年04月01日 (木) | 編集 |
P4011718.jpg

そろそろ本格的なキャンプシーズン到来ということで多人数用にランタンを購入した。
最近はホワイトガソリンより取り扱いの簡単なガスカートリッジが主流になっている。
本番前にベランダでテストをやってみたらなんとイグナイター(発火装置)不良。
便利さのかげに思わぬ弱点。ライターではちゃんと燃焼モードにはいる。
検品が甘いということ?ありえないので即クレームでショップへ持ち込もう。

たぶん1年に数回しか使用しない物なのだが、道具そのものを楽しむという意味も。
そういう意味でもキャンピングは贅沢かもしれない。

ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン