久しぶりのノーフィッシュ

このところ腰痛はまずまずといったところ。
遠出しようかとも考えたのだが、慢性化も避けたいのですこし思いとどまった。
そこで昼過ぎに出発するワンチャンスのイブニング狙い。
場所は、大分県の鳴子川下流域にしぼった。


P5291900.jpg

午後4時ごろ現場に着く。駐車場や入渓点を確認して上流に移動してしばらく釣りあがる。
上流にはルアーマン2組と餌師1名。おかげで1時間ちょっとの間無反応。
ちびヤマが飛びついてくるがフライが大きすぎてフッキングしそうもない。


午後6時半には本命の堰堤プールに陣取り、待機モード。
日暮れとともに大量のカワゲラが乱舞し始めるが、ライズは起こらない。
午後7時を過ぎてやむなくポイントに大型カディスパターンを投入するが、空しい。
午後7時40分に手元が見えなくなるまで粘ったが、カワムツ・ハヤの類も出ない。(泣)


やっぱりワンチャンスは厳しい。しかも天候良すぎ、減水などなど魚が出ない言い訳を・・。
なかなか思うようにはならないのね。
ポリタンクに汲んだ湧水と川の写真だけを土産に夜道をひた走った。



ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン


スポンサーサイト

クロスバッグ作ってみました

複数のロッドをまとめて持ち運ぶときに良い方法がないものか考えていた。
ロッドチューブを布ガムテープでぐるぐる巻くのも体裁がよくない。
そこでロッドを入れるクロスバッグを相方に頼んで製作してもらうことにした。



P5271898.jpg


中のロッドはSAGEのFLiシリーズの4ピース。(実際にはきちんと収納できます。)

P5271897.jpg

これが設計図。実物は少しデザインを変えています。
実際にロッドを収納してわかったことは、全体の布地が厚いとごわごわすること。
そして、中央の2本の横幅が気持ち狭いかな?というところ。おおむね満足しています。
相方いわく「カーブ部分の縁かがりが結構難しかった。」のだそう。
あと#4の袋をもうひとつお願いする予定だ。


問題はクロスバッグ収納したものを2-3本入れるチューブが入手できないこと。
アルミ素材で別注するとなるとかなりコストがかかりそう。



ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン



雨のイブニング

最近これといったハッチにも遭遇せず、やや”釣れない病”になっていた。
そこで今回は思い切ってイブニングチャンスに賭けてみた。


昨日は仕事の関係で前日酒盛り。さすがに早朝からは動けなかった。
昼前に出発して寄り道しながら梅野川C&Rエリアへ着いたのが3時すぎだった。


P5221889.jpg

C&Rエリアのうち未釣行部分に車を止めて脱渓点を歩いて確認。
降水確率が高かったせいか、釣り人はいない。
4時過ぎから入渓して釣りあがる。小降りの雨のなかアブラハヤとチビヤマのみ。
水温は14℃とほどよいのだが、水量が少なく足跡も多数あった。
プールの底石まわりには魚がいるがライズの気配もない。
6時になってもうひと勝負できそうだったので上流に車で移動した。


P5221890.jpg

育成場入り口に車を停めて、スロープを下る。今日は黒犬もほえない。(?)

P5221895.jpg P5221892.jpg

最初は無反応だったが、プール下の浅い段差でグリーンカディスにチビヤマが出る。
そろそろCDCに変えてみようかと思ったら、数投めにやや大きいサイズがパックリ。
2回ほど動かなくなったので、石の下にもぐったのかと思うほど重かった。
ランディングすると大きいほうの放流サイズで27cmといったところ。
6時半になっていた。フックのアイが見えなくなるほど薄暗くなっていた。



久しぶりにイブニングで結果を残せてひと安心。
途中日田市の川開き花火による渋滞もあって、帰宅したのは9時を過ぎていた。
まだ腰痛は完治していない。長時間渓に立っているのは良くないようだ。
”どげんかせんと。”



ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン


雨まちモード

ゴールデンウィーク後半からまとまった雨が降らないせいか、渓はどこも渇水ぎみ。
あわせてモンカゲのハッチが終了しており、どうしてもイブニングに重点が・・。
しかし現実には遠方の釣り場ではイブニングは厳しい。
ならば早朝ワンチャンスということで、きのうは6時過ぎに釣場に着くように起きた。


P5151873.jpg

ここは大分県西部のK川本流。やはりヒゲナガの巣が露出するほど減水していた。
この日は意識的に短時間で攻めるため、過去のライズポイントを拾い釣りする作戦。
2時間でめぼしいポイントをたたいてみたがすべてカワムツでヤマメの反応は皆無。

P5151877.jpg P5151878.jpg

ちょっと日が高くなっていたが深追いをあきらめて近くの支流N川に移動してみた。
さすがに魚影の濃いN川のこと、型はすべてリリースサイズだったが5匹釣れた。
とはいえ足場の良い場所はところどころ餌師の痕跡もあり、少し釣り荒れぎみか?


ただ複数のプールには大型の魚影も見え、イブニングか雨後にはライズを狙いたい。

P5151884.jpg

N川沿いにある小学校の校舎に大きなレリーフがあった。
ヤマメやホタル、カワニナなど豊かな自然に恵まれた地域である事を象徴している。


P5151886.jpg P5151885.jpg

N川を脱渓したときはすでに昼を過ぎていたので、いつもの猪牟田湧水を汲んで帰る。
目の前には鳴子川本流が。まずまずの水量なのでイブニングに攻めてみたいところ。


この日もやや不満の残る結果だったが、用事もあったので再来を期して帰路に着いた。


ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン


今日も満員

たまに普段とちがう動きをしてみると変化があるかもと思い平日釣行となった。
目が覚めたら午前4時だったので余裕で梅野川C&Rエリアをめざす。


P5121859.jpg

天気はいいけど気温8度と以外に寒い。おまけにちょっと減水ぎみ。
おまけに午前7時だというのに梅野川には3人も入渓者がありすでに満員。

P5121860.jpg

仕方がないのでまだ入ったことのない支流のK川へ転進することにした。
K川は大物の実績もあるのだが、減水で水が澄んでいたので厳しかった。

P5121862.jpg P5121863.jpg

ハッチもない中、なんとかリリースサイズ2匹を確保、バラシ1匹の結果であった。
石のうえで翅を乾かしていたのは「セスジミヤマタニガワカゲロウ」(名前が長すぎ!)。


K川の釣りあがりは2時間で終了したので、トンネルを通って矢部川水系に移動。

P5121866.jpg

O川は先日とはうって変わって減水。遡上は楽なのだが・・。
ほぼピーカンで日が高くなってきたせいか反応するのはチビヤマばかり。

たまにまともなサイズが出ても集中力なくバラし、最悪の展開に。


P5121870.jpg P5121868.jpg

夕方までねばるつもりもなかったので、そろそろ脱渓点が気になりだしたころ。
魚止めの堰堤下のプールにダメもとでグリーンカディスをしつこく流していた。
パシッと出たので合わせを入れると手ごたえがあり、左右に走る。
ランディング後、よく見るとニジ君でした。なぜここにいるの?


最近、想定外の魚が釣れることがよくある気がする。さて次はどんな魚が?

ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン




れんきゅう釣り旅~番外編

連休後半の数日間自宅でじっとしていたのだが、こういうのは体によくない。
というわけで、Uターンラッシュを気にしながら山に向かった。



P5051851.jpg


今回は久しぶりの近場。県境の三瀬(みつせ)トンネルの向う、嘉瀬川水系S川。
午前9時に現場着。水量多め。田んぼの代掻きの影響か白い濁りが入っている。
小場所だけれど魚の出はいいところなのだが、メインステージはどこも沈黙。

P5051854.jpg

1時間遡上してやっと一匹目。フライは淡いブラウンのコカゲロウダンパラシュート。
さお抜けっぽいポイントを狙っていたら、流れのゆるくあたる石の中から飛び出した。
それにしても、尾びれといいパーマークといい変わったやつ。ここの固有種かも?

P5051856.jpg P5051857.jpg

脱渓点近くになって、やっとリリースサイズを1匹追加。釣り荒れなのかも。


昼の休憩後、ご無沙汰している古湯C&Rエリアを覗いてみることにした。
ちょっと前に放流が行われたらしいが、すれまくっているだろうから様子をみよう。


P5051858.jpg

水量もあるし雰囲気もいいのだがライズがない。釣り人も少なめ。
イブニングには少し変化があるかなと期待し、粘ってみたけれど撃沈。
大型カディスに反応したのは特大のヤマソバエのみだった。


この日の夕方、ツイッター友である山おやじ(yamame8529)さんも古湯に来ていた。
互いに呼吸が合わず「接近遭遇」だったらしい。次回またどこかで。


ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン





れんきゅう釣り旅~後編

れんきゅう釣り旅~前編 から続く

人吉市内から下梶原C&Rエリアまでは早朝ならば30~40分で到着する。
放射霧が晴れかかる午前7時半ごろ、よくみるとかなりの増水で濁りもあった。


P5011818.jpg


早くも下流部には餌釣り師、発電所放水口にはフライマンが入渓していた。
やむなく中流部のつり橋を渡り、”ほたるの里”の対岸から入渓する。


P5011835.jpg P5011823.jpg

気温は10℃ぐらい、水温は14℃。増水のために足元を探りながら釣りあがる。
ハッチはまったくないので、とりあえず小型のグリーンカディスを結んだ。
15分後、段差下の緩流帯で休憩していた20cm級が飛び出してきた。


P5011832.jpg

流れのトルクが強いせいか、落ち込みや白泡など定番のスポットは無反応。
流れが緩く底石のあるスポットを狙うと、時間を追うごとによく出るようになった。
3時間ほどの遡上で、24cmを頭に20cm以上が10本とひさびさに2桁に到達。

魚がかたまって いるのか1度出た所に再度流すと連続3匹でたところも・・。

P5011838.jpg P5011841.jpg

魚止めになっている第一砂防堤周辺は新緑が陽光でまぶしい。
渓流に点在する岩にはヒメレンゲが群生、黄色いブーケのようだった。


下梶原の下流部では濁りが激しくイブニングも期待できないので昼過ぎには離脱。
人吉市内で休憩して、もうひとつの支流M川をめざし た。


P5011845.jpg

残念ながらここも増水激しく期待薄だったが、時間一杯ねばってみることに。
風も弱いため日差しが傾けば虫が出るかなと思ったのだが、まったくライズの気配なし。
途中2名のフライマンが顔をだした。みなさん気になるポイントのようだ。
2時間ほど水を掻き分けイブニング用カディスで釣りあがったがカワムツのみ。


今回の釣り旅、実のところあとすこし釣れて欲しかった。が、贅沢は言うまい。
「運も実力のうち」ということで自分を磨いていくしかない。



ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン


れんきゅう釣り旅~前編

連休前半に鹿児島の実家に用があったもので、ついでに渓流に立ち寄ることにした。
用事を済ませてえびの市S川に着いたのは午後4時をすぎた頃だった。
ここでツイッター仲間の
RONさまと待ち合わせてイブニングしようという算段。

P4291806.jpg


あいかわらず空気が冷たいのでハッチの量が少ない。
開けた場所をゆっくり釣りあがってみたが、反応したのはチビやまめのみ。
(後日地元の人から聞いた話、この日朝のうち入渓者があって2匹釣っていたそうだ。)

P4291807.jpg

集落の道路入り口には、消毒剤らしきものが巻かれていた。
宮崎県は口蹄疫の防疫で大変な騒ぎになっている。


この日の夜は小林市内泊まりにしていたもので、地元民RONさまと居酒屋懇談。
彼の師匠はかなり古参のフライマンらしく福岡の草分けメンバーとも旧知らしい。
などなど、興味深い話がつぎつぎ出てきて楽しい夜となった。


P4301808.jpg  P4301809.jpg

翌日は早朝からS川上流部にチャレンジ。しかし、霜注意報がでるほど冷え込み。
水温も12℃ぐらいで11時のハッチピークタイムとなっても何も出ない。
しかも増水激しく、遡上には神経を使う。
3時間釣りあがるうち3回ぐらい魚が顔を出したが、パーマークをチラ見せして消えた。


P4301815.jpg P4301812.jpg

昼食の後は、県境を越えて人吉市M川に転進してイブニング狙い。
ここも増水している。おまけにだんだんと風が出てきた。
1時間ほどの釣りあがった後、ライズを待ったが大型カワムツの猛攻を受けるのみ。
唯一ハッチしているのはフタメカワゲラなど、あまり戦力にならない虫たち。


 
P4301817.jpg
 
この日の夜は人吉市内のビジネスホテル泊まり。
夕食もHotto Mottoのデラックス弁当を買って部屋で済ませ、ひたすら爆睡。
強い日差しの中の釣りあがりで疲れていたものか、気がつけば午前4時だった。

れんきゅう釣り旅~後編 へつづく




ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン