08 月<< 2010年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実質的にはこの週末が今シーズンのヤマメのラストチャンス。
気温もぐっと下がりまとまった雨も降って、好調を期待して早朝から出撃したが・・。

P9252255.jpg

午前6時にはホームグランドにしている矢部川水系O川に到着。釣り人の気配なし。
気温も15度と冷ややか。やや増水しており水温は16度と悪くない状態。
ところが内容は前回と変わらず、極小チビヤマのアタックのみ。
脱渓ポイント直前のA級ポイントで良型にフックをはずされてゲームオーバー。


P9252263.jpg P9252257.jpg

気を取り直して同水系のK川に移動した。K川は初めてなのだが・・。
もともと水量の多くないK川なのだがこの日はほどよく増水していた。
ところがいけどもいけども太ったカワムツの猛攻。
水温を計ると18度もあるのでさらに上流に場所移動してみた。


P9252258.jpg P9252262.jpg

河畔林がせり出してちょっと暗いエリアに入って、やっと待望のヤマメがヒット。
上流はヤマメのエリアかなと思ったのだが、これっきりであった。
日も高くなってきたので深追いせず休憩モードに。


このまま帰る気にならないので県境の竹原トンネルを越えて梅野川C&Rに移動した。
やはりシーズン終了間際なので5名ほどが入渓中。こちらはイブニングに向けて待機。



P9252265.jpg P9252266.jpg

4時過ぎに見回ると最下流が空いていたので、メイフライを結んでゆっくり釣りあがる。
しかし、チビヤマが盛んにライズしているのにフライには見向きもしない。
いつものポイントも早朝から釣られていたせいか、良型は顔を出さなかった。
それでも容赦なく時間は経過する。フライが見辛くなってさすがにあせった。
転がるように脱渓点前の最後のポイントに着き祈るようにキャスティング。
もう終わりかなと思いつつ、流芯の向こう側に投げたカディスフライに飛びついてきた。
慎重に引き寄せると雌の29センチのヤマメだった。
(なぜかお腹はペッタンコのガリだったが・・)

ラストは本当にスリリングだったが、まずまず満足できる結果が出てひと安心。

今日は12時間ウェーダー履きっぱなしなのに、魚を追いかけていると忘れてしまう。
気がつけば体があちこち硬い。
しばらくはヤマメとはお別れだが、ニジマスもあるので川とは縁が切れそうにない。




ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
⇒前編より続く

「TR列車の宿」の課題は朝食。弁当宅配予約が午前7時半からなので待てない。
6時にはバイパス沿いのヤマザキショップがオープンするので立ち寄って物資補給


P9192227.jpg

今日は綱の瀬川流域をめざす。相変わらず比叡山は迫力たっぷり。
 
P9192251.jpg

離合困難な断崖の道を40分ほどでS川地区に到着。そのままキャンプ場方向に。
残念なことに狙っていた上流は釣り禁止になっていた。
それならば下流をとUターンしたが、すでに先行フライマンが入渓するところだった。


P9192234.jpg P9192232.jpg

やむなくT川本流に移動して橋の袂から入渓する。
ここは3年前の台風による大水害とその後の河川工事でダメージを受けている。
もともと生育環境もよくネイティブのいるエリアなので何とかなるだろうと思った。
天気はピーカン、減水でジンクリアな流れだったが、水温16℃と低いのが救い。
 やはりメイフライかなと思いアダムスパラを遠目から流してみた。
落ち込み下の流れのゆるいポイントでチクあたりにあわせると20cmが出た。


P9192237.jpg P9192238.jpg

その後ぽつぽつと段差の肩や巻き返しで20~23cmを数匹をキャッチできた。
時期的なものもあるのだろうが魚体は体色が紫がかって腹がぼってりとしている。

2時間ぐらい釣りあがってふと前方を見ると若い雄の鹿がこちらを見ている。
しばらくにらめっこをしていたが近寄ると山に帰って行った。
ここを水場にしているのだろう。


P9192247.jpg P9192249.jpg

スリット型堰堤まで釣りあがるとさすがに流れが細く、急傾斜にもなる。
この上流まで釣り可能のようだが日も高く、足元も不安なので離脱することに。
帰りの道路わきでは彼岸花が咲き始めていた。

この地は西南戦争の戦跡が多い。西郷軍が大砲かついで峠を越えてきたという。
大変な難行苦行だったろう。


P9192252.jpg P9192253.jpg

帰り道、ロッククライミングの名所・比叡山の湧水ポイントに立ち寄った。
巨大な岩山からほとばしる清水はまさに甘露である。
今回はちゃんとポリタンクを持参したのでたっぷり頂戴した。


五ヶ瀬流域はいまも相変わらず簡単には行けない厳しい場所だ。
それだけにまだしっかりと自然が残っているエリア。
グッドサイズの魚と出会えればもっと幸せなのだが・・。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

いよいよ禁漁までカウントダウンになってしまったこの三連休。
昨年思わぬ車両トラブルで結果を出せなかった五ヶ瀬流域にリベンジを試みた。


P9182203.jpg

バタバタしながら南阿蘇を通過中に夜明けを迎える。ピーカンの天気にいやな予感。
午前7時ごろには五ヶ瀬上流部のS川で地図を片手に入渓点を物色。
上流には水がないようなのでやや下流で堰のないところを探す。


P9182219.jpg P9182211.jpg

この川は源流に近いため粘土質の岩盤いわゆる”なめ”がほとんど。
岩盤の切れ目に魚がついているのだがクリアな水のため難攻な渓である。
この日は水温16℃とまずまずなのだが減水のためにさらに厳しい状況となった。
アダムスパラとアリンコを付け替えながら日陰をそっと攻めてみた。


P9182215.jpg P9182212.jpg

この日の魚の気分は「ヒットアンドアウェイ」。0.3秒もない瞬間勝負となった。
それでも何とか打率2割でリリースサイズ数匹をキャッチできた。
やはり大型は大きな淵の底でゆったりしているのだろう。


昼過ぎにはS川を離れ五ヶ瀬本流の日之影温泉駅まで移動。
今夜の宿「
TR列車の宿」に早めにチェックインして休憩をとる。意外に気温が高い。

P9182223.jpg P9182222.jpg

この宿
は廃線になった高千穂鉄道の車両を改造して営業を開始したもの。
となりには温泉とレストランがあり釣り旅には絶好の宿である。


 P9182225.jpg

前回逃した本流尺ヤマメを期待して日之影川合流点付近でイブニングにトライした。
流量が昨年の半分近くしかなく、水温も22℃と温水プール並みなのでギブアップ。
鮎も不漁で貸切状態は良いのだが大型のオイカワの入れ食いになってしまった。
ヤマメは避難してるらしい。早めにあがって温泉を楽しむことにした。

⇒後編に続く


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

あまりの暑さに釣果振るわず、更新の気力も失せていた。
が、このところ秋風もたち渇水も解消されてきたとお思い、久しぶりに山へ。

今日のターゲットは標高の高い玖珠川水系N川にした。

P9112193.jpg P9112192.jpg

午前6時過ぎには入渓。気温は19℃、水温は16℃で水量もいい感じ。
メイフライのハッチも少しあったのでアダムスパラの小サイズを結んで釣りあがる。
まだ、葦が茂っているので川の中をしばらく歩く。
最初の1時間はチビやま数匹。それもいつものスポットでパシッと出ない。

P9112199.jpg P9112196.jpg

2時間ほど経過した最後のほうでやっと20cmクラスが出てくれた。ひと安心。
体長の割りにぼってりしているのはこの川の固有種か?
アダムスが終了したので他のメイフライを結んでみたが反応いまいち。
この魚、グリーンカディスをハックルカットして送り込んだら追い食いしてきた。


昼前には気温が高くなるので撤収して下流を探索してみた。
大きな堰堤や段差には魚が差して来ているようで数箇所でフラッシングしていた。
群れていてほとんどチビやましかライズしないので厳しい。
イブニングのワンチャンスかすこし涼しくなってハッチ量が増えるのを待つしかない。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。