晩秋の管理釣り場へ
2010年11月22日 (月) | 編集 |
週末は九重FR(管理釣り場)にてG釣具有志による懇親釣り会があったので参加した。
現地到着は午前9時とゆっくりめ。紅葉見物も一段落で交通量は多くなかった。


PB202317.jpg

我々以外の釣り人は10人ぐらいで、行楽日和なので他の場所にお出かけだったのか?
放射冷却の影響かライズ少なめだったが、サイズ期待で3号でドライフライで攻めてみた。


PB202321.jpg PB202327.jpg

大型ドライからメイフライまで試したが無反応。
ミッジとコカゲロウにライズしているようなのでCDCダンのコカゲを結んだ。
1時間でやっとレギュラーサイズが釣れて一安心。
沈めると何とかボツボツ出るようだが、ドライでは水流のあるところがよかった。
午前中でやっと5本の鱒をゲット。以前より鱒の回遊が少ない気がした。


PB202330.jpg PB202332.jpg

昼はメンバー20人で管理棟横の芝生で食材を持ち込んで焼肉&豚汁となった。
Nさんお手製のかしわ飯おにぎりと豚汁をおいしくいただいた。
今年還暦を迎えるH氏とK氏への赤いダウンベストの贈呈のサプライズも。
機材&食材の準備に奔っていただいたS氏、I氏には感謝。


PB202326.jpg PB202336.jpg
 
 午後からは少し日が翳り風も出てきたのだが2号池は順調に釣れ続いていた。
しばらくウエットでルースニングを試したら、ほぼ毎キャスト釣れる状態。
ここはやや小型鱒が多いためかのドライミッジ(20番)にもかなり反応がいい。
仕上げはやはり3号池。ドライでかなり間遠くなるが出れば大きい。
ライズはそこそこあるのだがフライにはUターン。極小ミッジ食ってる?


この日はなんだかんだで6時間ほどロッドを振り、腰と手首が悲鳴を上げる。
さらに日も翳ってきたので午後3時すぎにはそれぞれ撤収を開始した。


帰路にはいつものようにコーヒーのために近くの湧水を汲んだ。
晩秋の景色の中、ひさしぶりに魚の引きを堪能した一日だった。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
紅葉ざんまい
2010年11月16日 (火) | 編集 |
気がつけば1ヶ月ぶりの更新になった。
渓流オフの期間はモチベーション低下はさけられない。(などと言い訳してみる・・。)
週末は紅葉見物を兼ねて久住高原に家族でキャンプすることにした。


RAV4にぎりぎりいっぱい荷物を詰め込んで4人で遅めの出発。
正午過ぎには南小国に到達。蕎麦街道にある「
千年屋」にて昼食をとることができた。

PB132297.jpg

満席だったので待ち時間にポリタンに飲料水を頂戴することができた。
なかなか趣きのある店構え。秋景色を眺めながら天麩羅とざる蕎麦をいただく。

PB132300.jpg PB132298.jpg

昼食後には黒川温泉エリアを抜けて目的地の久住高原オートビレッジに向かう。
このところの寒さのせいかコテージは満杯だがオートキャンプは4家族と寂しい状況。


PB142307.jpg

ここのオートサイトは100区画もあり電源付きもあるが、区画の面積がやや小さい。
しかも全体に傾斜がありフリーのスペースが限られるので設営場所決定に手間取る。


PB132302.jpg PB132305.jpg

晩飯はいつものジャンバラヤ。ライスクッカーの大で炊いたのでうまくいった。
食後のデザートはホットケーキミックスをベースにしたアップルケーキ。
りんごの下ごしらえ担当はS君。ちょっと焦がしかけたが水を入れて修復。
軽い思いつきでチャレンジしたのだが、けっこう評判がよかった。


夜間は風もなく曇で気温も下がらなかった。少しは星が見れるかと思ったが残念。
午前7時すぎにはホットサンドとコーヒーで軽く朝食を済ませて撤収作業。
わずかにリビシェルのスカートが濡れる程度で、結露もなくスムーズにパッキング。


PB142309.jpg kio.jpg

帰りはゆっくりと景色を眺めながら、やまなみハイウェイをドライブして長者原へ。
ここで地鶏うどんの昼食を済ませて九酔渓をめざした。
やはり高原の紅葉は見ごろを過ぎてセピア色になっていた。
しかし標高が低くなる九酔渓からは色鮮やかに。


PB142315.jpg

それにしても九重”夢”大吊り橋~フィッシングリゾートまでの反対車線は大渋滞だった。
来週はここの管理釣り場でイベントがあるのだが、そのころには落ち着いていると思う。
などと考えながら、晩秋の大分自動車道をひた走る。

高原の紅葉とはタイミングが合わずちょっと残念だったが、思い出作りとしては大成功。
同行者はちょっと疲れ気味ながら、十分キャンプの楽しみを満喫してくれたと思う。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン