03 月<< 2011年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
ジョグ

フライボックスとMr.SAWADAの入門書を見比べていたら足りないフライがあった。
そこでいくつか追加で巻いてみることにした。
写真は渇水期にドロッパーに結ぶジョックというパターン。

 <レシピ>

    フック:バリバス2400V WET #12
    ウイング:ブルーマラードホワイトティップ
    テール:ゴールデンフェザントクレスト
    ボディ:シルクフロスイェロー&ブラック
    リブ:オーバルティンセルゴールド
    レッグ:ギニアフォールハックル

しかしどうもバランスの悪いできになってしまった。
原因はブルーマラードWTの有効サイズが小さくて#12でもギリギリになること。
もう一つはギニアフォールハックルのサイズが大きすぎること。

二つのマテリアルをバルクパックでなくコンプリートにすれば解決するのだが・・。
普通に買うとそれぞれ8,000円以上はかかるだろう。
相方から「金のかかる内職」と揶揄されそうで悩ましい(・・;)



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
P4232512.jpg

久しぶりにまとまった雨になったので増水を期待して筑後川水系K川に出かけた。
しかし、期待に反してさらに減水していた。
午前9時ごろ少しハッチもでたのでライズポイント周辺を2時間ほど釣りあがる。

P4232509.jpg  P4232510.jpg

落ち込み脇の石の間に大量のヒゲナガピューパのシャックがたまっていた。
昨日か一昨日か?宴は終わったらしい。飽食したヤマメは昼寝中のようだ。
それにしてもK川の豊かさはすさまじい。
よく見るとちらほらハッチしている大型のメイフライはモンカゲロウだった。
しかしダンやフローティングニンフなどモンカゲ系のフライは家に置いたまま。


日没前後まで粘れば可能性もあったがこのままここで待機する根性もなく移動。
Bだけは避けたいという思いから、車はしぜんに梅野川C&Rに向かう。

P4232517.jpg  P4232515.jpg

ところが梅野川C&Rは朝から濁りを伴う増水だったらしい。
当然ながら前回のようなハッチもない状況。
魚がいることは確実なのでここでウエットフライを試してみることにした。
ライトケイヒルをリードフライに結び大きな落ち込みから流してみた。
ライン先端が引き込まれるのに合わせると20cm級ながら3匹をゲット。
ウエットでの初釣果だ。


P4232521.jpg  P4232520.jpg

前回を上回るサイズをと思い下流に移動してみると、さらに釣り人が増えている。
やむなく最上流のプールまで遡上するとなんとライズしていた。
コカゲロウ系フライを流し込んで3匹を引き出したがサイズはアベレージの25cm。


今日も渇水で赤土があらわになったダムをロードサイドに見ながら山を下る。
季節は春の第2ステージに移行しつつあるのだが・・。
やはり、そこにあるべき水がないというのは寂しい。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

mb福岡
釣りなどアウトドアのウェアをときどき買っているmont-bellから突然1枚のはがきが。
またセールのお知らせかな?と思ったがよく見ると新店舗オープンの連絡だった。
場所は天神西通り界隈で非常に会社に近い。
周辺にはNORTHFACEやA&F COUNTRYなどその手の専門店が集中している。

マリノアまで行かなくても昼の散歩コースで済むので非常に便利なのだが・・。
物欲の業火に焼かれそう(*_*)

ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

P4162491.jpg

時期尚早かと思っていた津江川水系U川にもいよいよ春の到来。
昨日はハッチのピークをにらんで午前8時には現場到着した。


P4162494.jpg  P4162495.jpg

先ずは本流との合流点からゆっくりと釣りあがることに。
水温は12度Cとやや冷たくハッチもミッジがちらほら。
シロハラパラシュートを結んで釣りあがり、すぐに20cmの放流魚がヒット。
なんだかもっそりという感じで追い食いしてきた。

P4162497.jpg  P4162502.jpg

1時間ほど小さな瀬やプールを釣りあがるうち小さな流下物を追うライズ発生。
この日はプールに定位する魚が活性が高いようなので落ちこみ本筋を攻める。
ここで数匹がヒットしたがどれも25-29cmのきれいな魚体だった。

P4162504.jpg  P4162506.jpg

流下する桜の花びらのなかにフライを投げ入れるこの時期ならではの風流。
シロハラのパラシュートが弾切れでCDCソラックスにチェンジした。
それにしても栄養のいい幅広な魚体である。

このU川はC&Rに加えて疑似餌専用とバープレスフック使用のルールが追加。
再生も可能な環境なので魚を大切に扱っていきたい。

fuji2.jpg

久しぶりに大物の引きの余韻を楽しみながら帰路に着く。
高速道路脇には山藤が咲き始めていた。(写真はSA)
季節はそろそろ晩春に突入。祭りが終わらないうちに楽しもう!



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

バッグ

日頃ぶら下げているバッグがちょっとくたびれてきたので新しいものが欲しくなった。
東急ハンズで目をつけていたが好きなカラーがなかったので天神のショップで購入。

ベースキャンプ  メッセンジャーバッグ S (BL)ブリッツブルー 約8000円
遠征用のバッグも同じシリーズのダッフルバッグだったので色違いのお揃い。
布に比べると質感が硬い気がするが機能的で汚れにも強そうだ


ついでにフライのタックル&小物用のキャンパスバッグも買い換えたくなった。
数年前FOXFIREで買ったものだがラインドレッシングをこぼして大きなシミが・・。
タックルバックを担いで釣りをするスタイルではないので今風のにしよう。
物欲は膨らむばかり(^_^;)


(iPhone/iPadでは画像がさかさまに表示されるようです。原因不明??)

ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

P4092470.jpg

昨日は前夜のまとまった降雨の効果で魚の活性が上がるのではと考えた。
今年初めて訪れた矢部川上流部では桜が満開だった。

P4092472.jpg  P4092471.jpg

Hダムは思ったほど減水していなかったのだがインレットの流量はさすがに細い。
ダム側をしばらくストリーマーで流してみたがライズもなく無反応だった。
あきらめてドライフライで釣りあがると流芯あたりでチビヤマが顔を出した。


P4092473.jpg  P4092476.jpg

ちと早い気もするがマエグロのダンが。この種は羽化後流れ脇の石に張り付く。

P4092480.jpg  P4092479.jpg

インレット周辺が期待薄だったので支流O川を釣りあがる。
平水の3分の1で青海苔の残る状態なのだが魚の反応はある。
といっても最小限の動きしかしないもっこリでメイフライパターンを咥えてくる。
正午までで6匹。サイズは22-23cmといったところ。


P4092484.jpg  P4092485.jpg

大物の実績の在る堰堤まで来たのでウエットに切り替えて探ってみることに。
先日巻いたライトケイヒルを結んでプールの隅々まで流した。
魚は抜かれたあとなのかまたは時間帯か?あえなく玉砕。
イブニングに再度挑戦してみたい。

結構まとまった雨だと思ったのだが、乾いた地面に吸い込まれたらしい。
減水の回復まではまだまだ程遠い状態だ。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

wet.jpg

ネットを散歩していたら春先に「ライトケイヒル」のウェットで良い思いをした話が・・。
そこで自分も真似をして巻いてみることにした。
普段はウエットフライを使うのは稀なのだが、種類だけはひと通り在庫している。
このフライはどうやらヒラタカゲロウのイマージャーの趣きか?

レシピは以下の通り


フック:Justice 977wet  #14
スレッド:ライトケイヒル
ウィング&テイル:レモンウッドダック
ボディ:トラウトハンターCNEダブ イエロー
リブ:パールティンセル
レッグ:グレーパートリッジ


Justiceのフックが欠品していたので探していたのだが数年前に製造中止らしい。
今はバリバスに継承されていることを今日知った。
な~んだ。そういうこと(^^)


しばらくはドライとウェットの両刀で行くことになりそうだ。
週末は放流量の多い渓流が流れ込むダムのインレットねらい。
桜の時期にはサクラマス。今しかない!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
事前に不調と聞いていたのだが自分で確認しないと納得できない釣り師の定め。
昨日は梶原川C&Rを中心に川辺川水系に釣行した。


P4022450.jpg

ちょっとゆっくりめに出発して目的地周辺には午前7時半到着。
やはり発電所放水口から上流は大幅な減水だった。
不調の影響か?釣り人は1名のみ。上下を気にせず入渓できるのは良い。

P4022453.jpg  P4022452.jpg

1時間ほど釣りあがるが水が澄んでいるのでめぼしいポイントは無反応。
実績の在るポイントで流芯が掘り下げられているところでやっぱり出た!
20cm級と小ぶりながら元気のいい魚。減水でも腹はへるよね(^^)
2時間ほど釣りあがるがライズポイントも夏の減水期のようで悲しい状況に。
同様のサイズを3匹のみで深追いは禁物と車に戻った。

P4022455.jpg   P4022462.jpg

今度は川辺川本流との合流点付近まで下ってハッチを待つ。
ゴールデンタイムに突入するもなぜか虫がでない。
おおきな魚が回遊しているのは確認できるが、夕方までライズを待つわけにも・・。


P4022457.jpg  P4022459.jpg

川底が乾いて白くなった川辺川をため息まじりに横目に見ながら支流のS谷へ。
フライにはちょっと藪っぽくていやな感じだが、贅沢は言ってられない。
枝にフライを獲られながらしゃがみ込んで攻めるうちやっと登場。
さっきまでよりサイズアップできれいな魚体だった。ここでも同サイズを3匹ほど。

P4022464.jpg   spay.jpg

今回のもうひとつの目的は届いたばかりのスペイラインを投げてみることだ。
AFS OutBoundの5/6FをSAGEのスウィッチ#6のロッドにセット。
発電所下の水量のある流れにウェットの仕掛けを投げ入れてみた。

なにしろ初めてなのでランニングラインが10mも出て行かない(T T)
流れに載りきっていないフライをアタックする魚などいるわけがないが・・。
2時間ほどラインと格闘して疲れたがまだまだこれからと自分を励ます。


桜はもう満開を迎えようとしているのに虫や魚に元気がないのは気になる。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload