雨で濁った川には

P5282616.jpg

なぜ北部九州だけが梅雨入り宣言が未発表?しかし台風の影響で連日雨模様。
きのうは山地渓流は急な増水も心配だったので古湯C&Rエリアで様子をみた。

雨が強かったのでJA事務所の軒先をかりて着替え、午前7時過ぎには現場着。
予想どおり誰もいない。
ずっと渇水が続いたためか増水もそれほどなく、濁りも問題ない。
この日はウェットの練習が目的だったので#4のシンクティップラインをセット


P5282617.jpg   P5282622.jpg
 
にごりがあるためドロッパーには赤いフライを結んで、遡上しつつダウンクロスで釣る。
下流側の大き目のプール開きでオイカワが釣れる。コンというあたりはこいつ。
流れの緩い岸よりを丁寧に流したがヤマメは無反応。
もしやと思って逆引きしてみたらゴンゴンときて22cm級の太目のヤツが釣れた。
放流サイズにはちょっと大きいので去年のものか?

その後の上流よりのプールでヤマメのあたりがあったが2度もバラシ。
確信がないままきき合わせしているのでフッキングが甘いということだろう。

こんな雨の日でもウェットフライだとフライの劣化に気を使わなくていい。
しかもプレゼンテーションが送り込みでフライ先行を意識するだけ。
大きなサイズが釣れることもあり、ますますウエットにはまりそう(^ ^)



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン





スポンサーサイト

本流はなにかとシビア

P5212598.jpg

6月から1000円の高速割引がなくなるらしいというので久しぶりに日帰りで遠出。
今回は鮎解禁目前の五ヶ瀬川本流にチャレンジしてみた。

久しぶりに午前3時にスタート、新緑の南阿蘇を駆け抜け高森峠から高千穂へ。
午前7時前には日之影町役場前に到着。やっぱり水がない。

P5212600.jpg  P5212599.jpg

今回は川幅のある辺りでスイッチロッドを振るつもりだったのでさらに下流域へ。

P5212604.jpg  P5212608.jpg

日之影の"かんばの瀬"周辺にはすでに餌釣り師が竿を振っていた。(早すぎだろ)
北方まで下って干支大橋のあたりに適当な落ち込みを見つけ川に降りた。
本命ポイントへの移動中に上から突然一人の餌釣り師が降りてきて釣りだした。
最近の釣り師はマナーが悪いね。(先に入っていれば邪魔する気はないのに・・)
むかつく状態ではキャスティングもままならず場所移動。

さらに下流にフライマン発見。その下にいい落ち込みがあったので降りてみる。
ところが対岸に向かって渡渉をしようと川に入ってまもなく滑って転び半沈状態。
すこしウェイダー内に水が入り愛竿Z-AXISにも擦過傷が・・。
これで撤退するわけにもいかずのそまま渡渉して予定通り釣り始める。
やはりこの日は何かがおかしい。3時間ほどドライとウェットで攻めたが無反応。
とどめには、カヌーのおじさんまで流れ下ってくる始末。(声ぐらい掛けろよ。怒)

怒ってもしかたがないので午後からスペイの練習に切り替える。
何投目か目印のピンクのヤーンにゆったりと浮上してきたのは本流やまめ。
もちろん、それっきり。やっぱりマジックアワーしかないのか。
しかし、本流というローケーションでのキャス連は気持ちがいい。

kifo.jpg

帰宅後、ベストに収納していたものをすべて広げ夜風に当てて自然乾燥。
過去の経験から着替えも持参し携帯とデジカメも防水にしていたので特に問題なし。

簡単そうに見えるが本流は底の状態も見えにくく流れもトルクが強くて厄介だ。
おかげさまで体に被害がなくてラッキーだった。砲弾ヤマメは次回に期待しよう。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン





フライの点検

P5182596.jpg

そろそろ6月の遠征で使用するフライを巻かないといけない。
というわけで夜はフライボックスとパターンブックをにらめっこでチェック中だ。
ターゲットは大型のニジマスでステージはドライからニンフ、ウェット、ストリーマーまで。
巷の噂ではひかりものが良いというのでビーズヘッドバージョンを巻いてみた。

<レシピ>

 フック:TMC3769 #8
   ヘッド:TMCブライトビーズG L
 テール&ボディ:ラビットゾンカー(オリーブ)
 ハックル:ギニアフォウル
 スレッド:ユニ8/0 オリーブ

 
ボディはラビットゾンカーを巻きつけたシンプルなもの。なんとなくボアッとさせたかった。
ハックルはヘンネックかパートリッジでゆらゆら感を出したほうがいいかな?

悩みどころはフック。同型#6 サイズが店頭にはない。
さらにビーズヘッド。比重のおおきいタングステンビーズ・GはSまでしかないこと。


あとは定番のシケーダとモンカゲパターンを何とかしたい。
いまあるものでは遠投すると回転でよれよれでどうしようもない。(たぶん!)
やっぱりホローボディかな?などと、あれこれ考えているうちに眠くなった。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン





新緑かがやく渓

P5142578.jpg

台風1号の影響で降り続いた雨は3日間ほどであがった。
昨日は増水後の高活性を期待して矢部川水系を回遊してみた。
上流のダム湖は満水まで一気に水位が回復、へら狙いの釣り人で活況だった。

P5142579.jpg  P5142580.jpg

遅めに出発したのが災いしたのかいつものO川は先着のフライマンが2名。
久しぶりにもうひとつの支流M川を覗いてみた。
すこし濁って増水していたが釣り上がりに問題はなさそう。水温も13度とまずまず。

P5142586.jpg  P5142583.jpg

1時間ほどは無反応で今日はダメかなと思ったがブッシュがかぶるあたりで反応。
ドラグのかかったグリーンカディスを追いかけてきた魚に再度投げるとあっさりヒット。
濁りで餌を口にしていないのか食欲ありあり。


P5142591.jpg  P5142589.jpg
 
増水は吉との定説どおりその後もサイズ20-23cmの魚が5匹断続的に顔を出した。
大物をフッキングしそこなった小滝の下で今回はしっかり確保。丸まるとした魚体だ。


P5142593.jpg

夢中になっているうちに時計は午後1時を過ぎていた。
場所を移動するにも中途半端でイブニングまで待機するほどの余裕もない。
M川を離れてずっと下流の矢部川本流でキャスティング練習をすることにした。

ふだんはあまり水がないのだが増水は立ちこんでスペイの練習をするには好都合。
スイッチロッド#6での本格練習は3回目。アンカーを打つ場所が思い通りにならない。
どうにか7-8ヤードラインを出せるようになってきた。(前回よりましと自己満足。)
まだまだゴールは見えないが、2時間ほどで腕の痛みに限界を感じ撤収した。

五月晴れに新緑輝き午後からは疾風の吹く一日だった。
さわやかだが紫外線の量は半端ない。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


ロッドを握れない日は

P5112576.jpg

ここのところ一日中雨降りの日が続いていて芝の上でロッドも振れない。
そこで最近つり人社から出版された「コントロールド・フライキャスティング」(¥2500+税)
を買ってきて混乱した頭を整理することにした。

以前の「フライキャスティング ベイシック」(1と2 DVD)よりはさらに理論が深化した感じ。
キャスティングのレベルアップのための新しい方法論がおもしろい。
さらにはアメリカのフライの先達たちとのエピソードが付録的に挿入されていておしゃれ。

もちろんいちど読んだくらいでは腕は良くならない。
ヒマなときに何度か読み返しては実践練習に取り入れたいものだ。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


最後はいつもの・・・

連休後半は2日間ほどじっとしていたのでそろそろお出かけの虫が・・。
ちょっと天気が気になったがゆっくり起きて大分道を東へ。


P5072567.jpg

幹線国道からちょっと入り込んだJR野矢駅ちかくにある大けやきもしっかり新緑だ。

P5072569.jpg  P5072570.jpg

玖珠川水系N川は湧水が多いので影響は少ないだろうと踏んだのだが・・。
水が澄んでいるのと減水とで魚は餌どころではないようだ。
かなりの数の魚が深みに集まっているのだがフライには見向きもしなかった。
2時間粘ったがときおりチビヤマがじゃれる程度で撤収。
上流で小ぶりの魚と遊ぶ手もあったがK川本流でチャレンジするため移動。

ところがK川本流はさらに悲惨な状態で魚の隠れ場所もなさそうな雰囲気。
時間帯はハッチタイムなのだが時々大型のカワゲラがバタバタする程度。
ポケットから大型の黄色いカディスを取り出して本命ポイントをたたき釣り。
1時間ちょっとの間でたった一度大型が潜むポイントで下からゆらりと浮いてきた。
残念ながらガッツリ喰ってくれなかった。タイミングが悪いとだめだ(TT)


P5072571.jpg

さてと困ってしまった。手ぶらでは帰れないので昼過ぎから梅野川C&Rに転進。
ここも前回よりは減水しておりハッチもなく魚影もほとんど見えなかった。


P5072574.jpg  P5072572.jpg

手がかりもないのでアダムスパラ#16を結んで食い気のある魚を引き出す作戦。
ときどきライズしているのはチビヤマでおもなポイントは何の反応もない。
そこで巻き返しや小さなかがみを攻めてみる。
曇って光量が落ちたのが幸いしたのか、やっと標準サイズがヒットしてくれた。
ぱらぱらと雨が降り出す中、後続部隊はすべて25cm以下4匹と厳しい結果だった。

さすが連日攻め立てられいるので、ドライフライへの反応も小さくて速くなっている。
オイカワかなと思ったら大型、しかし食いが浅くてフッキングしないパターンだ。

全体的にハッチも一段落のようでタイミングによって爆釣と不釣が分かれる季節。
やっぱり大型はイブニングかなぁ~。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


新緑を訪ねて

P5032545.jpg

太宰府ICは連休後半の3日は早朝から遠出の車で大賑わい。
午前7時すぎに出発して360度の新緑の高千穂をめざして出発。
同乗の家族ももちろんかなりの渋滞は想定の範囲内。


この日は朝から黄砂とうす曇でせっかくの南阿蘇の風景もかすんでいて残念。
高森峠経由で午前11には高千穂神宮近くの臨時駐車場に到着した。


P5032551.jpg  P5032554.jpg

ここから宮崎交通のシャトルバスに乗り換えて高千穂峡を訪ねる。
もしやと期待したが20艘しかないボートは約4時間待ち。
新緑の遊歩道を散策したり淡水魚水族館を見たりして時間をすごす。
いつもの癖で水面を凝視してみたがオイカワのフラッシングのみ。


P5032556.jpg  P5032558.jpg

正午すぎには再び車で天岩戸神社方面に移動する。
この日は西本宮祭という祭りの最中で参道には露店もでて賑わっていた。


P5032559.jpg  P5032564.jpg

遊歩道を歩いて天安河原(あまのやすかわら)という洞窟内の祠にお詣り。
傍を流れる岩戸川。漁協の看板が掲げられていたのでどうやら入渓ポイントらしい。


P5032565.jpg  P5032566.jpg

天岩戸神社の門前で昼食休憩をとったのち日之影バイパスを延岡方面へ下る。
道の駅青雲橋あたりのパノラマが絶景なのだが雨脚が強くなったため退散。
ついでに日之影温泉駅まで降りて五ヶ瀬本流の水面を確認する。
予想どおりの大減水で強雨でもあり釣り人の姿は皆無だった。
ここでUターンして眺めをさえぎる雨雲を呪いながら帰路についた。


我々が新緑に癒されようと訪ねた高千穂周辺は有名なパワースポットらしい。
どおりで若い女性が多く目に付いた。
いまいちの天候の中、唯一の収穫は五ヶ瀬川の遊漁券を入手できたこと。
しかも今回は天岩戸神社の参拝後ということで何かしらパワーが篭められていると・・。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


初めてゴギと出会う

大型連休の前半は昨年計画して果たせなかった島根遠征に出かけた。
釣り場が不案内ということで山口県在住のK氏にガイド役として同行いただいた。
ほかに言いだしっぺのmanさま、兵庫県の釣友T氏と一行4名のチーム。



P4302523.jpg

前日は久しぶりにの車中泊ということで睡眠不足を感じつつ六日市のゴギの郷へ。
ここで休憩しながら作戦会議。中国山地は雪解けから間がないので遅めの出撃。


P4302524.jpg  P4302527.jpg

山越えして訪ねた匹見川の支流S川上流部ではいたるところわさび田が。
ゴギの生息域は源流よりということで渓は細くブッシュもある。
久しぶりのショートレンジで感覚がつかめずちょっと出遅れてしまった。
風が強かったのでショートリーダーにし浮力があって重いフライでリズムを取り戻す。

P4302530.jpg  P4302537.jpg

1時間ほどたってやっと流れの脇のほうから念願のゴギがのっそり出てきた。
サイズは18cmほどで頭頂部まで斑紋がある。ぬるっとしたところはイワナ属だ。

P4302533.jpg  P4302534.jpg

先日の雨で水量は多くほとんどが自然林で水は10度以下と冷たくきれいだ。
九州より数週間は季節がおくれていて山にはふきのとうや山桜の花が残っていた。

P4302535.jpg

昼食後もうひとつの支流M谷に。manさまはすでに3匹目と順調にロッドを絞る。
ブッシュが少なく振りやすいのだが風が強くなってきた。

P4302539.jpg  P4302541.jpg

時間はたっているが先行者の足跡があり反応もいまいちなのででティペットを細くした。
これが効奏したのかゴギと波長が合ってきたのか後半で4匹をゲット。
落ち込み上のプールの巻き返しでは20cmオーバーが顔をだしてくれた。
ヤマメより永くフライを見せないとゴギくんは出てこないようだ(^^)


午後4時には雨が降り出し渓も暗くなってきたので好ポイントに未練を残しつつ脱渓。
しかし本来の脱渓点ではなかったので急傾斜を直登するはめに。
日ごろやわな釣りしかしていないおいらには結構ワイルドだった。

本降りになったのでメンバーとの別れの挨拶もそこそこにmanさまと帰路に着く。
ガイド役のK氏のおかげで念願のゴギくんと対面することができた。多謝!
T氏は無事に家に帰りついたかな?
長距離ドライブはまったく苦にならないが体には心地よい痛みが・・・。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン