06 月<< 2011年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P7232737.jpg  P7232738.jpg

長期の強雨のために釣りにならなかった球磨川水系もだいぶ落ち着いてきた。
そこで昨日は川辺川方面にプチ遠征に出かけてみた。

途中の二本杉峠はまだまだ豪雨の影響でところどころ落石やがけ崩れが目立つ。
午前6時半には予定通り川辺川源流に近いH川に到着。気温19℃と涼しい。

もっと上流を攻めるはずだったが路面の凹凸がひどく、車がスタックしそうで断念。
まだ流れが激しいので岩陰や巻き返しなどのスポットをアントパターンで叩いてみた。
1時間半ほど粘ったが、新子サイズのヤマメが飛びついて来て釣りにならない。
上流に向かうほど条件は厳しいのでここは深追いしないことにした。



P7232739.jpg

ほかの支流にしようかとも考えたが、安全策で梶原川C&Rに向かう。
到着が9時半を回っていたのですでにゴールデンタイムは終了していた。


P7232745.jpg  P7232743.jpg

釣り人が誰もいないのが気になったが、ポイントごとにウエットで釣り下がってみた。
やはり時間帯か。2時間ほど頑張ったが魚の気配はほとんど無い。

岸ではアオスジアゲハが水溜りで吸水している。こんな群れはめったに見れない。


P7232747.jpg  P7232746.jpg

午前中の失策を挽回するにはやはり涼しくなるまで待つしかないのか。
気温は30℃近くまであがったものの風がさらっとして心地よい。
計画通り本流にポイントを探してスイッチロッド#6を振ることにした。

五木北小周辺の河川工事の上流でAFSアウトバウンドにシンキングリーダーを結ぶ。
水温が16℃と適度なので長く立ちこんでもまったく苦にならない。
スペイの練習をかねてウグイと戯れていたら午後3時を回っていた。


P7232748.jpg  P7232752.jpg

先ほどの梶原川C&Rエリアに戻ってみるとメインのエリアに釣り人の姿。
そこで下流寄りから入渓して右岸から小さなポイントを攻める。

P7232756.jpg  P7232754.jpg

やはり魚は流芯ちかくの巻き返しや鏡のあたりにいた。フライはアントパターン。
サイズは22~23cmどまり。ちょっと体高のあるやつだった。


P7232760.jpg  P7232758.jpg

イブニングまで時間がある。ドライを流していないポイントを釣っていると後に人の気配。
カメラをぶら下げたHIDEさんが声をかけてくれたのだった。
彼は「フライフィッシングクラブ薩摩」の例会に呼ばれて合流するところだったらしい。
しばらく歓談したあとHIDEさんと一緒にイブニングを釣ることにした。

明るいうちに25cmぐらいが出たがいいサイズの魚は暗くなるぎりぎりでも不発だった。
HIDEさんによると昨日は尺近くが出たらしいがこの日は虫がいまいちだったのだろう。
結局フライが見えなくなってゲームオーバー。この時間までトライしたのは久しぶり。

HIDEさんへの挨拶もほどほどに撤収して人吉インター経由で帰路に着く。
途中の山江SAで空腹に耐えかねて飯を食う。今度は睡魔とのながい闘いが・・。
休みながらだったので帰宅は0時過ぎになってしまった。
21時間と400kmにわたるツアーで体はへとへと。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

スポンサーサイト
723.jpg

やはり夏は涼しいが一番。というわけで昨日は玖珠川水系N川に出かけた。

今回は釣り友O君と同行することになり、いつもより早めの午前4時半出発。
予定通り午前7時には入渓する。気温21℃、水温14℃と涼しい。


P7162724.jpg  P7162728.jpg

この渓は魚影が濃いのだが反応するのは極小ちびヤマ。当然フッキングしない。
思ったよりも水量が多く、魚はまだ流芯周りに出ていないようだった。
まだ実践キャリアの浅いO君もちょっとてこずっているよう。


P7162734.jpg  P7162733.jpg

この日は食い気のある魚は段差よりもプールに居ついていた。
ライズがあったのでフライをテレストリアルからアダムスパラに変更。
少しフライを流すと派手にしぶきを上げて20cmぐらいのが出た。
よくみるとフライをがっぷり飲み込んでいる。


P7162735.jpg  P7162726.jpg

この渓流は標高が800mぐらいにある。木陰では涼しいを通り越してちと寒い。
川畔は原生林。釣り上がりの途中ではやまぼうしの白い花が歓迎してくれる。


4時間ほどの釣りあがりで釣果は二人合わせて3匹と厳しかった。
最近の増水のなかでも多くの釣り人のが来ているようで岸には痕跡が多数。
そのうえ以前よりも少し魚影が薄くなったのではないかと感じる。

半日の釣りだったがもうちょっとO君を楽しませる結果が出せたらと悔やまれる。
唯一の救いはこの釣り場を気に入ってくれたこと。
次回はもっといい状況で釣りを楽しみたいものだ。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

P7142721.jpg  P7142722.jpg

ときどきはフライに関する本を購入してモチベーションを高めるのもよい。
やりすぎると財布にダメージを受けるのでほどほどに。

2003年に地球丸という出版社が出した「ウエットフライ大全」(3,000円)。
以前にフライロッダーに連載されたシリーズを書籍化したものだ。
ウェットフライパターン164種類とマテリアルに関する解説などなど。

この本を眺めているとフライを巻いてみようかという気になる。
最近の関心はどちらかというと基本ウェットよりサーモンフックを使った派手なやつ。
スペイハックルやヘロンをざっくり巻くパターンが欲しいと思う。

夢想している分には金はかからないのだが・・。
よいフックやマテリアルを確保するにはそれなりの手間とお金がかかる。
最近はモチベーションを維持するためにお金を使っているような気になる。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

P7112714.jpg

連日30℃越えの猛暑による思考力の低下を避けようと昨日はチョイの間山に逃亡。
午前7時の梅野川C&Rは気温22度と涼しかったが水量は平水の3倍はあった。

対岸に渡るのが困難な場所もあるので当然竿をだす場所は限定される。
先着の北九州ナンバーのフライマンが溯上した後だったが流れが弱いエリアに入渓。


P7112718.jpg
  P7112717.jpg

岸際を狙うため慎重に流れに立ちこむ。水温は16℃と冷たい。
脇の流れでもかなり流速があるのでカディスウィングのアントを結んで流し込む。
数回ちびヤマが顔をだしたがタイミングが合わずミス。
しばらく釣り上がりながら怪しいスポットを攻めたが無反応だった。

落ち込み下の弛みで思い切ってフライのサイズを#14にしてみて正解!
のっそりと8寸ぐらいの魚が浮き上がってきた。
かなりの期間増水が続いたため餌をとっていないらしく腹はぺったんこ。

このあと上流でもいくつか反応はあったがいずれもちびヤマ。
9時半すぎには日差しが出てきたので深追いせず早上がりした。
久しぶりの魚とのご対面だった。
これからは天候も安定するので魚のコンディションも改善するだろう。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

P7092706.jpg

今日は午前五時に起床。一抹の不安を抱えつつ津江川方面へ出かけた。

P7092710.jpg  P7092712.jpg

やはり先日来の雨は半端ではなかったようで・・。
濁りは取れているものどの渓もまだ暴れた状態だった。
何とか竿を出すことはできそうだったが、とても溯上は無理のよう。
現場まで行って釣りにならなかったのは2年ぶり(T T)

帰宅したら気温は35度C。梅雨明けが宣言されていた。
あと一週間、我慢なのだ。

ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

rennsyu.jpg

最近いろいろあってキャスティング練習の場所確保に困っていた。
暇があるときに自宅の近所の公園などを散策していたのだが・・。
偶然、自宅から800mほどにある某文化施設内になかなかの場所を発見。

広さはなんとかフルラインが伸ばせる程度。
何よりも建物の壁面の一部がガラス張りでしかもほぼ常時カーテンが閉じられている。
試してみたが、25ydぐらいのバックキャストをガラスに映してみることが可能。
ビデオとちがってリアルタイムで腕やリストなどを手直しできるのがうれしい。

住宅地のなかにあるため、子供たちや犬の散歩に気を使わなければならない。
周囲に気を遣いながらだが涼しい時をねらってちょっとの間出かけることが増えた。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


P7022702.jpg P7022699.jpg

先日来のまとまった雨で九州管内の各河川は増水で濁りが残る状況。
わりと好天気なのに釣りにいけないというのは意外とストレスだ。

そんなストレスを発散しようという訳では無いのだが、少しタックルの補強を。
本日ダブルハンドスペイラインを収納するリールが届いた。
SAGEの4580のブロンズカラー。
自分的には4200シリーズのデザインのほうがいいのだが、今回は違うシリーズに。
当然ながら4500シリーズのほうがドラグ性能は1ランク上。


このドラグが真価を発揮するのはいつの日のことか。
しばらくはキャス練オンリーになりそう。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン






 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。