07 月<< 2011年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週初め北部九州ではかなりまとまった雨になった。
この週末はどこも増水で厳しい状況が予想されたが、天気もいいので出かけてみた。


P8282825.jpg

矢部川水系M川。早い時期にいい釣りができたので上流に狙いを絞って釣りあがる。
以前は小型が多く”種沢”の気配濃厚だったのだが、蜘蛛の巣払うのに苦戦しただけ。
カワムツもあまり反応せず沈黙。増水の影響だといいのだが・・。


P8282826.jpg  P8282827.jpg

蜘蛛の巣に手を焼き深追いする気力減退で早めに撤退。
川岸の栗の木もしっかり大きくなっていた。間もなく実る。
朝の気温も20℃前後となり茶畑に降りた朝露が日差しを受けて朝もやを作る。


P8282830.jpg  P8282832.jpg

午前中でM川を離脱、まあBでもいいと思ったが時間があったので梅野川C&Rへ。
増水のため魚が慎重になっている。アントフライをアタックしてくるのはこのサイズ。
manさまに貼り変えてもらったネットの初おろし。なんとか形がついてホットする。





ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


スポンサーサイト
⇒ ちょこっと夏休み~前編 より続く

翌日は予定通り午前5時にホテルを出発。
コンビニで食料を調達してこの日の目的地であるS川を目指す。


P8202810.jpg  P8202812.jpg

ところが入渓点に着いた時は激しい雷雨で1時間ほど車で待機せざるを得なかった。
雷雲が過ぎ去ったので、予想外に激しい流れを避けながら釣り上がろうとしたが・・。
今度は急に濁りが出てきて、瞬く間にコーヒー色になってしまった。
雨も降り続いていたため改善の見込み薄いと判断してS川を離脱した次第。


P8202814.jpg  P8202815.jpg

本流筋に戻る途中、いつもの水汲み場で湧水を頂戴する。
谷向こうにある矢筈岳も雨後の景色は幽玄の世界。


五ヶ瀬本流のめぼしいポイントを確認したが不調といえども鮎師が居て入渓は困難。
さりとて大移動は時間のロスなので、以前本で読んだ支流のA川にトライすることに。


P8202816.jpg

なにしろ始めての釣り場。慎重に釣り人の痕跡を探して入渓場所を決める。
ここも増水ぎみで藪っぽいせいか水温が16℃と低くメガネが曇るほど。

P8202819.jpg  P8202818.jpg

蜘蛛の巣と小枝を避け、水底の青海苔を気にしながらアントパターンで釣りあがる。
思いのほか釣り荒れているのか反応が少ない。たまにチビがアタックしてくるのみ。
1時間ほどでやっと山陰の緩い落ち込み下で15cmクラスがヒット。
その後も落ち込みや小プールなどいいポイントが続くが状況は改善しないまま終了。


P8202821.jpg

上流はさすがに傾斜が急で苔生した大石が連なりまるで別世界。

P8202822.jpg  P8202820.jpg

脱渓点あたりで淡い色合いの植物が花を咲かせていた。
左はナツエビネ。エビネランの一種で自生しているのを見かけることは稀。
日陰にひっそりとうす紅色の花を付けていた。
右はイワタバコ。セントポーリアの親戚。渓流わきの巨岩にかなり群生。
紫色の可憐な花だが、葉がタバコに似るのでこの名前とは。ちとかわいそう。

この日は釣りではよい結果はでなかった。飛び込みで入ったのでやむをえない。
それでも日ごろ見ることの無い花に出会えた。
まずまず充実した時間を過ごし無事帰還できたことに感謝を。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


まだ遊び足りないの?と言われそうだが、土日をはさんで3日間の夏休み釣り旅に。
南のほうが先週の豪雨でNGなので、五ヶ瀬川流域に泊りがけで出かけた。


P8192790.jpg

初日は宮崎と大分・熊本県境の祖母山系直下に近いO川に立ち寄る。
標高が高いところなので午前7時で気温は19℃、水温は18℃だ。
今年は雨が多い。ここもかなり増水した形跡があった。この日の水位も高め。


P8192794.jpg  P8192795.jpg

流芯はまだ流れが速すぎるので緩流スポットをアントパターンで攻める。
浅い流れの中にある岩盤の切れ目からちびヤマメが反応よく飛び出す。


P8192804.jpg  P8192800.jpg

落ち込み下と巻き返しで大型が反応したがミス。追いきれないのか?
緑のトンネルと”滑(なめ)”が続くエリアでやっと20cmオーバーがヒット。
力強く岩陰に潜ろうとするので大物かと思ったが赤みを帯びた体高のある魚だった。


ここは上流になると林道から遠くなる。ぎりぎりまで溯上したら昼になってしまった。
全部でちびヤマ5匹ほどだった。サイズはまずまずだが魚影は相変わらず濃い。
放流はほとんど無いらしいので自然繁殖と思われる。


P8192806.jpg

午後から少し休憩して五ヶ瀬川本流を見ながら延岡方面に下った。
情報収集を兼ねてフライショップ・タイトラインを訪ねたが仮店舗営業で店長不在のよう。
やむなく虹の放流実績のある支流のH川に入渓することにした。

ところがH川は渓相に似合わず22℃と高水温になっていた。
水量豊富なので2時間ほど溯上を試みたが、やはりオイカワの入れ食い。
上流に移動しようかと思ったが、巨岩と淵のクリアに大汗をかいてしまい早めに撤収。

予定より早く延岡市内のホテルにチェックインして休養することにした。
思いのほか消耗激しく、夜の番組を見る余裕もなく爆睡zz。

ちょこっと夏休み~後編 に続く。




ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

P8142788.jpg  P8142789.jpg

ダブルハンドのインストラクターにコーチングしてもらう機会はまれ。
名のあるスクールのある遠方まで交通費をかけて参加するのは無理。
DVDも買ったがなかなか頭に入っていかない。
こういう時には目先を変えて本で学習するのも手だ。

釣り人社の「スペイキャスティング
サイモン・ゴーズワース 著 東 知憲
  翻訳:¥ 4,830


イラストや写真が大きいので読みやすい。
スペイキャスティングの発祥から最新のスタイルまで流れが少し理解できたような・。

やっとスイッチロッドやダブルハンドに慣れてきて以前よりとり回しが楽になった。
ただシングルハンドで右手の使い方がしっかり刷り込まれている。
自己完結しようとする右手に左手とのチームワークを教えるのは大いに難儀だ。
来春のシーズンには本流対岸までフライをプレゼンするのが目標。





ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

P8062770.jpg

先週末は車検完了直後とて、なかなか遠出はできず近場に出撃となった。
ふだんよりすこし遅めの5時前に出発し6時過ぎには古湯C&Rエリアに到着。


P8062773.jpg  P8062772.jpg

水量は多い方と思うがなんだか黒い苔が生えており水温も22℃と高め。
2時間ほどかけてウエットでめぼしいポイントを探ってみたが芳しくない。
ヤマメの気配は全くなくカワムツがダブルで入れ食い。
ひょっとしてダムの底水を放水してるのかも・・。


P8062774.jpg

勝負は早いほうがいいというわけで、すぐさま上流のS川へ移動。
ここは昨日の夕立で増水していたが、水温は20℃とまずまず。


P8062776.jpg  P8062779.jpg

いまどきの小渓流は繁る葦と蜘蛛の巣との格闘になる。
ラインに着いた蜘蛛の巣を取りつつ前進、やっとアントパターンにチビヤマが出る。
魚は浅いひらきにいるようだがこのポイントは陽が高くなって来ると厳しい。
終点近くなっていつもの場所で20cm級がヒット。
この個体は斑点の数が多く赤みがかっているのでたぶんネイティブと思う。


P8062786.jpg  P8062780.jpg

予定通り昼過ぎには脱渓してキャス練のために下流域にある堰を目指す。
C&Rエリアの上流にある嘉瀬川ダムは現在試験湛水中でほぼ満水。
このダム、水道と工業用水の確保と洪水調整が目的というが・・。

ダムの周回道路わきには山萩が赤い花を咲かせていた。
萩は葛と同じマメ科。よく見ると花の形が似ている。
秋の花というイメージだが7月には咲きはじめ10月までと花期が長い。
久しぶりに道端の植物をじっくり見た。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

P7302762.jpg  P7302765.jpg

夏は涼しいところ、湧水に限るというわけで明け方に抜け出して熊本県S川へ。
午前6時半には朝もや漂う渓に立っていた。水温16度。気温22度。
ところが春先よりも水量が多く、若干遡上にてまどる。
結果は3時間でチビやま一匹。
大型カディスで大物が出たらしいというので粘ったのが裏目に・・。
魚は岸からはアプローチできない大プールに溜まっている。

P7302768.jpg  P7302767.jpg

夏は時間との闘い。広い流れでウエットを試したかったので津江川方面へ移動。
下筌ダムインレットには鮎師。梅野川C&Rは減水で水温は20度もある。
正午まで粘ったが喰ってきたのは小型のウグイだった(T T)


P7302769.jpg

本当はイブニングまでチャレンジしたかったのだが、都合で撤収して下流へ移動。
杖立川の川幅のあるあたりを探してスイッチロッドのスペイキャス連をした。
1時間で汗が吹き出し、後から鮎師も入ってきたのでやめた。
ロードポイントからロッド1本分はコンスタントにラインが出るようになった。
なんとなく感触がつかめてきたかな?



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。