03 月<< 2012年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末はmanさまと遠征の予定だったのだが夕方の会合出席のためキャンセル。
しかたなく近場のN川に半日出かけることにした。


P4143031.jpg

当日は少し雨の残る天気でN川も増水。水温も12℃とやや低め。
土曜日にしては釣り人少なくmanさんとにんまり。

ところがライズはあれどもメイフライへの反応がよくない。
manさんは順調に2本出したのに・・。


P4143035.jpg  P4143033.jpg

どうも様子がおかしいのでmanさまからフライを借りてやっとヒット。
魚のサイズは20cmオーバー。しかも半沈みパターンをしっかり飲み込んでいる。


P4143038.jpg

この日は少し長めのリーダーを使っていたこともあってかどうもトラブル。
リールが全沈するなどリズムに乗れずバラしまくる。
 

P4143039.jpg  P4143042.jpg

11時ごろにはハッチのピークを迎える。どうもクロカワゲラやコカゲロウみたいだ。
自分は5本ぐらいだったがmanさまは順調に本数がのび2桁に迫る勢い。

昼過ぎにはマエグロも出てきており、メイフライのハッチも終盤の雰囲気。
咲き残るサクラの中、ひさしぶりに数釣りを堪能することができた。

 



ランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

スポンサーサイト
⇒ 釣り旅~春の川辺川① より続く

翌日はスクール2日目の参加者を見送りつつ本流を目指す。
数か所ポイントを見て回ったが流れがまとまっている工事現場近くに入渓。


P4083025.jpg

思ったより冷え込みはなかったが水温は9℃とまだまだ冷たい。
スイッチロッドにスタンダード3Xリーダーをセット、ウエットで釣り下ることにする。


P4083027.jpg  P4083028.jpg

瀬下から少し下流で流れが緩くなるポイントでゴンと反応。回収中にバレてしまった。
さらに下ったところで同じようにゴン。今度は慎重にランディングする。
幅広の7寸級の本流育ちだった。
相変わらずハッチの気配もないのでフライをチェンジして再度釣り下る。
同じポイントでフライがターンを始めたところで小さいアタリ。
なんとドロッパーをティペットごと持っていかれていた。

ウエットではアタリの大小と魚のサイズは比例しない。
ちなみにリーディングはティールクラレット、ドロッパーはピーコッククイーンであった。

P4083029.jpg
  P4083030.jpg

この後、下流数か所でトライしてみたが残念ながらサイズが伸びなかった。
途中で出会ったルアーマンに話を聞く。最下流でトロフィーサイズが上がったらしい。
うわさ通り最近はルアーマンの入渓が多く、フライは分が悪いようだ。
もうすこし虫が動き出してから再挑戦だ(^^)/


 
ランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

P4073011.jpg 

週末は下梶原C&RエリアでFoxfire主催のフィッシングスクールに参加した。
講師はティムコスタッフの嶋崎 了氏でロングリーダーを使用した釣り方について。

この日はあいにく朝から強風、しかも上流の発電所の放流で水量は多い。
午後の島崎氏の実釣デモでも何とかちびヤマが釣れてひと安心。


P4073019.jpg   P4073017.jpg

デモでテンションを上げたあと各人それぞれポイントに散る。
民家前の短い区間であったが25cm弱の梶原ヤマメと再会を果たす。
フライはCDCダンを結ぶ。5回の反応で2回のキャッチ。魚はやや小ぶりか?
いつもよりリーダーが長いので釣った感が小さい(汗)


P4073024.jpg   P4073021.jpg

午後4時を回るとさすがにじいは腰が重たくなった。
満開のヤマブキに癒されつつ川畔にある
ロッジ山小屋に撤収する。
ほかのメンバーは日没まで頑張ったようだが結果はいまいちだったらしい。
早退組は車で下流の五木温泉に浸かってまったりとする。

夜のお食事は山菜やらヤマメやら、しし鍋やら鹿肉?やらで満艦飾であった。
明日の参加メンバーや地元フライマンも交え釣り談義に花が咲き気が付くと11時。


偶然にも北九州の
Ponta Craft  &  KinoshitaRod さんに会うことができた。
去年の島根のゴギ釣行のお礼のあいさつ。機会があればご一緒したいものだ。


 ⇒ 釣り旅~春の川辺川② につづく
 


ランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

s-網  s-網2

釣れないと嘆くばかりでは進歩がないので、少し虫の世界に近づこう。
というわけで、携帯用捕虫網を取り寄せてみた。

  「新お散歩ネット」 4,500円(税込)
    製造:滝道昆虫  販売:
昆虫文献 六本脚 

魚の胃袋をいじるのは好きではない、というか下手だから。
水棲昆虫を特定するには捕まえるしかない。

目の前をダンが飛び交うのに素手や帽子で捕まえるのは無理というもの。
やっぱり昆虫ネットがあれば簡単にできそう(^^)/

ベストの背中に収納できるサイズなので次回の釣行から携行しよう。
まずは写真を撮るところから。



ランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

3週間ぶりに晴れの週末、すこし冷え込んだがライズ求めて筑後川支流K川へ。
ゴールデンタイムもコカゲロウとミッジがちらほら出るのみ。
ライズを誘発するような流下が見られない。
昼まで我慢したが思い余ってウエットを結んで釣り下るも虚し。


s-inret.jpg

昼食をとりつつ下筌(しもうけ)ダムのインレットに移動してスイッチロッドを振る。
あわよくばサクラ?期待したがこともあろうストリーマー系を忘れてき万事休す。
ウェットフライを瀬に流してみたがヤマメもかすらない。


umeno.jpg s-sakana.jpg

やむなく激混みの梅野川C&Rに割り込むように入渓。
先日の雨で増水しており水温も10℃ぐらい。
まだ流れが強いのでポイントが少ないうえ、連日攻められて魚もスレスレ。
ちびヤマさえパラダンを見切る始末でCDCの威力を痛感する一日になった。
巻き返しでうまく魚を出したのだが予想より魚がデカくて流れに引かれてブレイク。
まだまだ修行が足りません。

反応がほとんどないなか、釣れた魚は水面下に沈んだダンをしっかり咥えていた。
だからといってウエットやイマージャーに替えても無反応なのだが・・。
ちなみにすぐ後ろを釣り上がっていたルアーマン2名はけっこう釣れていた(・.・;)


renngyou.jpg

川岸では連翹(れんぎょう)の花が満開。
春本番だというのに釣果はいまひとつ。来週の川辺川遠征にかけるしかない。
気合いだ!




ランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。