03 月<< 2013年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gw9.jpg

GW前半は先週のリベンジを期して五ヶ瀬本流に出撃した。
午前8時すぎには下流の北方町K地区に到着。
ここは大瀬の下に水深のあるトロ場があるので以前からマークしていたポイント。
とりあえずスイッチロッドにAFSのラインを通しウエットを結ぶ。


gw10.jpg  gw8.jpg

相変わらずこの日もピーカンであまりハッチがなく手がかりがなかった。
昼ごろにはカディスが出るだろうと思いカディスハッチのパターンで釣り下る。
30分くらいで流し終わるかなというタイミングでいきなりガツンと当たる。
銀ピカ幅広の本流ヤマメがリードフライをガッチリ咥えていた。
サイズは泣き尺の29cm。上流に走ったので焦った。


gw2.jpg  gw6.jpg

サイズアップ期待で昼過ぎまで粘ったがなにしろ暑い。
後続部隊は来ないようなので上流側のポイントをウェットで攻めてみることに。
しかしどこもライズもなく厳しい状況のようで夕方まで彷徨い歩くことに。
日之影周辺のイブニングライズに期待したのだが・・。
風がなかなかやまずおまけにコカゲ系の小さな虫にライズしている。
こちらのイメージと合わず空振りに終わった。

gw4.jpg 

翌朝は延岡市内から五ヶ瀬本流を見て回る。
ところどころで餌師が餌とりをしており期待できそう。
昨日のK地区の少し下流に長いトロ場を発見したのでチャレンジ。


gw3.jpg  gw1.jpg

しかしこの日はイダ(ウグイ)のあたり日だったようで・・。
反応があればすべてイダという次第。

例によって昼間は日之影から北方町をポイントを探して行ったり来たり。
思い迷った末、昨日釣れたK地区に戻り2匹目の泥鰌を追いかける。

ひと通り流して魚っ気も無いようなので、アトラクター系の派手なフライを流してみる。
いきなりガツンときてドラグが鳴った。やった2尾目かと思ったのだが・・。
さすがは五ヶ瀬本流。寄せてみると見事な尺イダであった。(汗)

本流は状況判断とポイント選びが難しい。しかも忍耐力も必要。
支流の鹿川(ししがわ)まで上って渓魚と遊んだほうがよかったかなとも考えた。
しかし、すばらしい流線型の魚を見ると苦労が報われる。
福岡から4時間200kmの距離があるのだが病み付きになりそうで怖いw



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
goi5.jpg

先週末はG釣具店主K氏と一緒に宮崎県五ヶ瀬川本流に挑戦。
ほぼ快晴で時おり突風が吹く最悪の天気に泣いた。


goi2.jpg  goi1.jpg

水温は14℃とまずまずだったが朝が6℃まで冷え込んだのが悪かった?
期待したハッチはほぼなく、ライズの出るポイントもわずか。
しかしゴキブリかと思えるようなカワゲラのスーパーハッチに遭遇。
残念ながらカワゲラは水面に干渉しないのでライズを誘発しない。

goi3.jpg  goi4.jpg

この日はイブニングまで粘ったが、PM6:00ぐらいにちょこっとメイフライが出たのみ。
期待のギンピカ幅広くんは最後まで拝めなかった。魚の写真はなし。(涙)
中流域には6-7名のフライマンがいたが、合計2尾と痛い結果。

ただ、泊りがけ遠征していたツイッター友のY君とリアルで遭遇したこと。
また地元・日之影の釣り友Y氏にポイントを紹介してもらったことが収穫だった。

この結果に萎縮することなく、リベンジの企画を立案ちう!





にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

las.jpg

明日は朝から釣友と宮崎県の五ヶ瀬川本流にチャレンジすることになった。
情報によると大型が少し動き出してライズもぼちぼちらしい。
何より広い釣り場なので魚に出会うのが大変なのだが・・。

しかしターゲットの虫が良くわからないので朝からフライBOXをかき回している。
時期的にはヒゲナガではなかろうか?

パターンブックをめくりまくって、白いウルフパターンが目に留まった。
イブニング一発の大型に期待しよう。
ということでマテリアルを寄せ集めて巻いてみた。

<ホワイトウルフのレシピ>

   フック:TMC100 #8
   スレッド:ユニ 6/0 ホワイト
   テール&デバイドウィング:カーフテール ホワイト
   ボデイ&ソラックス:トラウトハンタードライフライ ライトケイヒル
   リビング:パールティンセル M
   ハックル:シルバーバジャー

  ※いつものことだがカーフテールの処理がうまくいかない。
    マテリアルの品質しだいかな。良い物はそれなりに良い。

薄暮のライズ狙いなのでもっとサイズを上げ、盛りを良くして視認性を改善したい。
このフライが尺やまめキラーとして”吼えて”ほしいところだw




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

oiz1.jpg

「木の芽冷え」とはが芽吹く時節に訪れる急な寒さ。
初夏並みの暖かさのあとはこの言葉がしっかり身にしみる。
昨日は快晴で最低気温5℃まで冷えた。
濃霧注意報を気にしながら大分県K川本流へ。

ライズ期待だったのだが予想に反して大増水。
濁りはなかったのでウエットフライを結んでプールの上を探る。
2時間ほど粘ったが撃沈。
ハッチもまばらで水温が10℃を割る冷たさに長時間のウエーディングは厳しい。

pty.jpg  jua.jpg

K川の定番ライズタイムを過ぎても何も起こらないので昼で津江川水系に移動。
本流のインレットでタラレバのサクラ狙いだったがかなりの減水に萎える。
おまけに湖用のストリーマーを忘れていた。(涙)
しかたないので近くの梅野川C&Rでドライで遊んで帰ることに。

 
lpq.jpg  loi2.jpg

昨日の梅野川は午前中に10名ほど入渓していたそうだ。
しかし昼ごろ上流の工事の濁りがでてアウト。
おまけに大物はニンフにかなりスレスレでドライに出るのは小物ばかり。
何とか上流のプールで半沈みメイフライで1尾拾って終わることができた。(汗)

某釣り雑誌で紹介されるなど梅野川C&Rは人気。
しかし昨年の水害の影響で小砂利で埋まったポイントが多く魚が固まる傾向が・・。
おまけにルール無視の餌師や挨拶もしないルアーマンが増えて残念な状態だ。





にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

⇒今年の川辺川~前編より続く

kiu.jpg

今回の宿は「民宿 いちょう」さん。一人寝でも寂しくない広さの部屋でした。

asi.jpg  jeu.jpg

2日目朝は新開通の「頭地大橋」を経由して支流のO川を探索した。
この川も上流部は土砂の流入が激しいので少し下流のフライ向きのポイントへ。
それにしても寒かった。時おりみぞれ交じりの強風が吹いてしびれる釣り。

冷たい雨の影響か水温も10℃まで下がっていた。

dser.jpg  dre.jpg

昨日の渓に比べると少し魚影が薄いかなという感じ。
ところどころ大きなプールがあるのでライズがあるようならかなり期待できそう。


csw.jpg  huk.jpg

4時間近く釣りあがったがこの日はサイズは20cmぐらいが最大だった。
途中おおきな落ち込みで大物をあわせ切れ、6.5Xのティペットごと持っていかれた。
テンポ良く魚が出れば余計な力も入らないのに・・。
いきなりガバッとくるとね。



jiu.jpg  jiu2.jpg

帰り道に遅い山桜?と思ったら、どうもヤマナシ(和梨)の花のようだ。
こんな場所にりんとして立っているものだなとしばらく鑑賞。
冷えたからだがすこし温もった(^-^)




川辺川は水害の影響が一部甚大な渓もあるがなんとか楽しめるレベルにはある。
ただ本流の中流域ではいまだ治水工事のため残念なエリアも。
なんとか一日でもはやく以前の姿を取り戻して欲しいと願う。




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

tre.jpg 

4月の第一週の週末は昨年に引き続き川辺川水系に出撃した。
そぼ降る雨の中、事前に連絡していた出水市のY君がウェットをやっていた。

狙いは本流なので自分もすぐ上のポイントでスイッチロッドを振ることに。
2時間ほど粘ったが水温は高いが雨でハッチが少ないせいか無反応だった。
やむなく探索をかねて上流に移動する。

oiu.jpg  ser.jpg

本流の上流部にある椎葉地区の橋のたもとに車を止めて入渓する。
雨は相変わらず降り続き足場が滑りそうなので慎重に進む。
5分でダンパラでマダラくんがこんにちは。
黒っぽいのは保護色なのか?
どうも川底の状態から察するに渇水ぎみらしい。
フライに驚いて魚が散る始末。雨のためCDCのような軽いフライが使えない。(涙)

sru.jpg  hgk.jpg

2時間の釣り上がりでちびヤマ1尾を追加したがその間めぼしいポイントは無反応。
帰り際道路から観察すれば岩陰に大ヤマメの群れが・・・。

oui.jpg  tyr.jpg

消化不良の気分を引きずりながら、無理やり宮園の本流でスイッチロッドを振る。
昨年までは整流のテトラがいい感じで流れを作っていたのだが・・。
護岸工事の影響で水深も底石もないフラットな流れになってしまった。
やけっぱちで小カディスウェットをスイングさせるとウー様の入れ食いになった。

kio.jpg 


下梶原川は特に水害の影響がひどいようで当分は回復しないだろう。
ちょっと暗い気分を引きずるように今夜の宿にかえるとさらなる追い討ちが・・。
なんと、五木村温泉センターが振替休日で温泉が臨時休業していたのだ。 (涙)



今年の川辺川~後編へ続


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。