大型鱒のためのフライ

wetfly.jpg

台風と秋雨でこの2週間は山に行けず家での沈殿が続いている。
こんな日々、思わずポちっとしてしまった大型用フライボックスが届いた。
早速、巻きためていた大型ウェットフライをセットして想像を膨らませる。

これらのフライはとりあえず巻いてみたものの実際の本流で試していない。
10月の道北遠征で試した結果で少しパターンを絞り込もう。
チャンスがあればイントルーダーの釣りにもチャレンジしたい。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン


スポンサーサイト

やっぱり涼しいところへ

 naru1.jpg

毎日猛暑が続くので「やっぱり涼しいが一番」。
というわけで午前3時起床でキャンパーでにぎわう夏休みの九重へ。
玖珠川水系N川源流あたりは気温22℃、水温16℃の別世界だった。

naru6.jpg   naru5.jpg

直前に入渓点あたりに居た先行者らしき人影は駐車スペースがなかったのか移動。
ひと安心したのもつかの間 、あたりは足跡だらけ。さすがは人気ポイント?!

naru3.jpg   naru2.jpg 

テレストリアルパターンで数時間釣りあがったがなかなか反応がない。
魚がスレているのか、薄いのか?
反応があってもフッキングしないのは相手が小さすぎるようだ。
それでもティペットを6.5Xまで落として何とかネイティブらしきもの2匹キャッチ。

魚止めの堰まで釣りあがったところで先行者の痕跡を発見。やっぱりね。
不満も残ったが、まあ魚の姿を見ることができたので良しとしよう。






にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン


新たなポイントを探す

na1.jpg 

週末は新たなポイント開拓のため阿蘇外輪山近くのN川上流部へ出かけた。
初めてなので入渓点がわからず最上流のキャンプ場から林道を下る。
標高が高く湧水の川なので朝の気温24℃で水温も18℃と快適だった。

na2.jpg  na3.jpg

N川は岩盤上を流れる滑(なめ)の川で水深がない。
しかも底が亀甲状の柱状節理の岩なので淵はほとんど皆無。
たまにある滝状の段差が唯一のねらい目である。

川畔林の張り出しのためほとんどリーダーキャストの連続だった。
2時間あまりの遡上で数回魚のアタックがあったがノーフィッシュに終わる。

下流側に入渓できればもう少し可能性があるのかも・・。
チャンスがあれば再チャレンジしたい渓である。





にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン