08 月<< 2013年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 
itsuki2.jpg  itsuki3.jpg

禁漁目前の連休なので遠出してみた。
最近近場の実績がよくないので久しぶりに球磨川水系まで足を伸ばす。

状況がよければ下梶原川をと思ったが水害で砂利の川と化していた。
やむなく春に入った久連子付近で足を伸ばしたが先行者の姿が。
思い余ってさらに上流の小原川方面をめざす。

初めてなので入渓しやすいところを選んだが1時間で砂防堰堤が・・。
渇水で水が澄んでいたもので魚は堰堤直下に集合していた。
サイズは20cmぐらいだがアダムスパラに良く反応する。

適当に切り上げてさらに上流部をめざしたが藪っぽさがましてきて終了。

itsuki4.jpg  itsuki1.jpg

いったん二本杉峠付近まで出て谷内川を戻り支流のH川へ。
台風後で落石など道路状況が気になったがしっかりと整備されていた。
先ほどとはまったく違う谷なので水量はむしろ多かった。
おかげで先ほどよりサイズアップのヤマメが出てくれた。


itsuki6.jpg  itsuki5.jpg
 
ここはフライ向きの開けた川なのだが日差しが出てくるとなかなか厳しい。
流芯を止めて白泡周りを攻めると23cmクラスの魚がフライをパックリ。
抱卵しているのだろうか赤みがかってぽてっとした魚体だ。
小滝下で残念な合わせ切れもあったがまずまず遊んでもらった感で充実。
いつものように帰りの渋滞回避のため早めに帰還することにした。




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
スポンサーサイト
soyou5.jpg

9月の第一週は台風がらみの大雨で結構後遺症が残った。
しかしいよいよ我慢も限界なので雨後の大型期待で遠征にチャレンジ。
やはり午前中中心なので午前3時に起きて五ヶ瀬川上流部をめざす。

soyou2.jpg  soyou1.jpg

午前7時にはめざす熊本県境に近い高千穂町の本流に到着。
発電所の放水でやや流れがきつそう。
吊り橋横に入渓点を発見し#4ロッドにドライで釣りあがる。
しかし雰囲気は抜群なのに魚の反応がほとんどない。
テレストリアルも終了かなと考えフライを白いウルフパターンに変更。
瀬の直下でアタリがあったので合わせを入れると白い魚が・・。
イダかな?と半信半疑で寄せると25cmのニジマスだった。

増水で対岸まで渡渉困難なので長距離は釣りあがれず下りはウェットで挑戦。
残念ながら白ハエ君も遊んでくれなかった。
入渓点に戻ると餌師が長い竿を振っている。
そういえば足跡たっぷりだったな。


soyou4.jpg  soyou6.jpg

帰り際、目に留まった看板につられて「彼岸花の里」を訪ねてみた。
細道に車を飛ばすと蘇陽峡の入り口で個人の庭というか崖が整備してあった。
栗はほぼ実って落ち始めているが、彼岸花はこれから。
この花は咲き始めのほうがきれいだ。
坂道の途中に湧水を見つけた。
五ヶ瀬川が削り取った岩盤から伏流水が噴出しているところ。
おかげでシューズとウェーダーをきれいに洗うことができた。
(やっぱりポリタン積んどけばよかった。)




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload