04 月<< 2014年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
P5240247.jpg

アユの解禁は来月1日のところがほとんど。
本流ヤマメのフィールドはアユ釣り場とかぶるので必然的に終了を迎えることに。
渇水も一段落したので最後の本流チャレンジへ向かった。
今回は一ツ瀬ダムインレットの西米良村。
午前3時起きで現場に走ったのに目指すポイントにはすでにルアーマンが・・・。
やむなく下流域を見て回る。



P5240245.jpg P5240244.jpg

ポイントを見つけて釣り支度をしていると地元のルアーマンが声をかけてきた。
聞けばアユシーズン前にと朝早くから出かけてきたとのこと。
ついでに釣果を見せてもらった。
なんと!クーラーボックスには35cmを頭に尺がらみが5匹入っていた。
「まだまだでかいのがいますよ」の言葉を頼みに気を取り直して入渓する。

緩い落ち込み下を丹念に探ってみたが反応はいまいち。(雰囲気はいいのに)
流れの緩くなりかけのポイントでいきなりごつんとアタる。
最近はあたりでヤマメと外道の違いが判別できるようになってきた。
やはり本命ではなく「ハス」だった。
しかもそれからしばらくワンキャスト=ワンヒットの入れ食い。

日が高くなると厳しいので、大胆に場所移動して五ヶ瀬川のイブニングにかける。
五ヶ瀬川も水況が好転していたので日没まで粘ってみた。
結果は、ウグイとオイカワがヒットしたのみ。
ついに本命は姿を見せないまま本流は終戦となってしまった。
皮肉にも「外道三目」が完成した次第(^^;

気持ちを切り替えて来月からはアユのいない川でイブニング狙いに励もう!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
スポンサーサイト
P5010231.jpg

今年も恒例の島根チャレンジを釣友T氏とN氏の三人で出かけた。
今回はいつもの案内役である山口のTさんは都合で不参加。
九州勢だけで過去の記憶を辿りながらのチャレンジであった。


P5010213.jpg  P5010209.jpg

六日市インター経由で最初の入渓点である高津川水系S川の源流へ。
平日だからと安心したやさき、準地元2人連れから頭ハネをされた。
しかし水温10℃といまいちの状況ながら小型ゴギが出てくれた。
ちなみにフライはアダムスパラ#10-12と大ぶりなほうが反応がいい。



P5010223.jpg  P5010227.jpg

午後、上流まで行きたかったの思いを引きずり同じ水系のM谷へ移動。
こちらは比較的頭上が開けたフライ向きの谷である。
幸運にも先行者の気配なく3人が片手以上の釣果を見ることができた。
さらには先行の二人がパスした岩陰をしつこく攻めた私に”大物賞”が。
さすがに岩魚族、25cmを超えると引きが強い。


P5010234.jpg  P5010233.jpg

この時期は山菜や野草が一斉に芽吹く時期である。
同行のT氏は山菜取りの名人なのでいつの間にか藪に消えている。
今は葉ワサビが旬。キンシベボタンネコノメソウという不思議な”花”も咲いていた。


時期が早いせいか昨年のように爆釣とはいかなかったがひと安心。
釣り場にキャスティングとリーダーを合わせるのに手間取ったのが課題だ。
バラシも想定外に多かったので次回はもっとうまくやろう(^^;



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload