思いは道北へ

teshio.jpg

いよいよ待ちに待った道北遠征がやってくる。
休みの日も釣りにも出かけずちょこちょことフライを巻いている。
写真は天塩川用のストリーマー。
いろいろ調べるとヒット色はゴールデンオリーブ+レッドらしい。
このパターンはシンプルなので短い時間で巻き上がってしまう。


  <天塩川ストリーマーのレシピ>


    フック:シルバーフィエスタ#8
    ウイング:
ゼブラゾンカー~ゴールデンオリーブ/ブラック
    ボディ:
ダイドーUVポーラーシェニール~オリーブ
    スロート:
ギニアダイドレッド
    スレッド:
ウルトラスレッド~レッド

 ※フックサイズは全体に小さ目。ゾンカーの長さも5cmを超えない。
  ここの魚は口が小さいからだそうだ。


フライはまずまず揃ったので今日はタックルをチェックしてみた。
日頃ダブルハンドの実釣をしてないので、ティップ類も引っ張り出して確認。
何とか釣りができる態勢になってきた。
来週は持参品チェックとパッキングが待っている(^^;






にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


スポンサーサイト

そろそろ準備開始

P6070250.jpg

北海道遠征までとうとうひと月を切った。
どういう戦略で北の本流に臨むかHPや雑誌を引っ張り出してみる。
シーズンとしては初夏。ドライの釣りならテレストリアルの出番だ。
今回は基本本流ウエットで大物狙いを想定している。
そこでフライはヒゲナガ系になるので、基本は”ピーコッククイーン”から。

全体のトーンがカディスピューパ類に近く初夏やイブニングには実績のあるもの。
数年前名寄川でサクラがかかったのもこのフライだった。

ボディにシールズファーを使う場合ではクイルをフラットにしたほうがいいらしい。
とはいうもの、なかなか思い通りにはいかない。
出来栄えがまあ満足できるフライは25%ぐらいか(^^;
当分の間、朝晩暇を見つけてはシコシコ巻いていくしかない。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン