06 月<< 2014年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグ

熱が冷めないうちに杉坂氏直伝の"ウェイキング"について整理する。
天塩川では"クリップヘッドのカディス"(写真下)を使った。
スチールヘッドでは"ウォーラーウェイカー"(写真上)を使うらしい。
流れに直角に放り込んでラインを流れに乗せドラグ気味にスイング。
流れ終わったらリトリーブするという方法。
途中からフライは水没するが、この釣り方は水面直下が狙い目。
ニジマスは出なかったがヤマメがスイング終了でアタックしてきた。

理屈はわからないが活性のある魚にとって魅力的なのだろう。
いつか五ヶ瀬あたりでためしたい(^^)


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン
スポンサーサイト
⇒道北釣り旅~その④より続く

P7060286.jpg

最終日は午後の飛行機を予約していたので午前中は釣りができた。
M氏のアドバイスで天塩川上流の中士別周辺を目指すことに。

早朝は熊の心配があるので河畔林の深くないポイントに入渓する。
ここまで来れば濁りもなく、水温も17℃と理想的な状況だ。

P7060290.jpg  P7060287.jpg

浅く狭い流れなので#5ロッドにフローティングでウェットの流し釣り。
流れに変化のあるポイントでコツンと反応があるが魚が小さいか?。
途中一か所だけ岩盤がえぐれた大きなプールあった。
思った通り流し込んだピーコッククイーンをガツンとひったくるアタリ。
ひれピンの40cmのニジマスにロッドが伸されそうになる。
このあとすぐ下流に4人の餌釣り師が割り込んできたので強制終了。
車もわかりやすい場所に置いてあったのに・・・。

シーズンの短い北海道では人気ポイントは週末になると結構混む。
それでも最後に敬意を表してくれた北の大地に感謝して帰路につく。


IMG_2763.jpg



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン
⇒道北釣り旅~その③より続く

P7050282.jpg

旭川市内のフライショップオーナーのM氏の案内で郊外の忠別川へ。
名寄からの移動で遅めの入渓だったのですでに先行者がちらほら。

P7050278.jpg  P7050281.jpg

隙間を見つけて入渓し#5ロッドでビッグドライをダウンに流す。
数投目でゴクンという反応で例の太ったヤマメが釣れる。
しかしその後が続かない。


P7050283.jpg  P7050285.jpg

ちらほらとヒゲナガが舞うなかウェットフライに切り替えて釣り下がる。
ところが先行のM氏が慌てて戻ってきた。
ヒグマの比較的新しい足跡があるというので早々に撤退した。


P7050279.jpg  !cid_79265F19F3E8487788D06FB5D1A659E1@minatoPC.png

日も高くなっていたが上流のリザーバーの堰堤上のポイントへ。
ベイトはヤマメの新子ということなのでストリーマーも試してみる。
2時間粘ったものの地元の人は釣れていたが我々には反応なし。
ライズもハッチもほとんどなく手掛かりのないまま終了時間となった。
素晴らしい眺望で山上湖の気分を味わうことができた。

 
⇒道北釣り旅~その⑤に続く

 

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
⇒道北釣り旅~その②より続く

P7040264.jpg

実釣2日目は予定通り杉坂隆久氏ガイドによる天塩川チャレンジ。
彼が持参したカヌーを使ってパドル&フィッシュで気分は北米だ。


IMG_2758.jpg  IMG_2761.jpg

本流2kmをスイッチとダブル2本でビッグドライとニンフ系の流し釣り。
この日は60サイズのパラダイスでノンアル祝杯のはずだったが・・・。
高水温と工事による濁りでライズも見えず、ウグイ1尾のみの悲惨さ。
急ぎ本流を撤収して美深町のN川という渓流に転進することにした。


P7040267.jpg  P7040266.jpg

杉坂氏によるとこの一帯はヒグマ遭遇の可能性がAランクとのこと。
ホイッスルを鳴らしながら慎重に釣りあがった。
本流と違って木陰で涼しく水温も17℃とベストコンディション。
#5シングルにビッグドライを結んで流すとほどなくアメマスが釣れた。


P7040270.jpg  P7040269.jpg

しばらくして水深のある流心に枝がかぶっているポイントを発見。
3投目で枝ギリギリにフライが入ったところでもっそり尺ヤマメが登場。
最初はニジマスを確信したのだがネットをよく見るとパーマークが・・。
この地のヤマメはヘラブナのように太っている。


P7040275.jpg  P7040276.jpg

次のポイントは分流の合流点でここもAランク。
メインの流れでは無反応だったので小さいほうに数回流したらヒット。
やっと本命ニジマスの40cmが釣れる。
この後もさらにサイズアップしたニジマスが釣れた。


前半はどうもBくさいムードだったが午後で何とか挽回できた。
#5ではネイティブ化した40cmニジマスはなかなか制御できない。
本流ニジマスのサイズアップはかなわなかったが満足の一日。


 
⇒道北釣り旅~その④に続く

 

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
 ⇒道北釣り旅~その①より続

P7030251.jpg

翌朝は早めに出発したが移動距離が長く天塩川本流着は9時前。
とりあえず美深町周辺の緩い流れで様子を見ることに。
河畔ではハマナスの花が出迎えてくれた。

P7030253.jpg  P7030256.jpg 
トロ場でスカジットに軽めのティップをセットして3時間ほど釣り下る。
あまりに反応がないので水温をチェックすると21℃を超えていた。
昼前に昨秋入った大橋下のポイントに移動してみた。
ここで3時間ほど粘ったが全く反応なしでこの日はギブアップ。
濁りの影響か、先行者があったためか原因ははっきりしない。


IMG_2752.jpg  vtzx.jpg

この日の宿はびふかアイランドにある温泉にした。
部屋数が多くないのが気になるが食事の内容や時間制限も緩やか。
数人連れなら天塩川本流に近いので推奨できる。


⇒道北釣り旅~その② に続く



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
IMG_2746.jpg

今回の北海道釣行も去年と同様に道北に5日間滞在するパターン。
旭川へは羽田乗継のため所要時間は約6時間かかってしまう。

IMG_2747.jpg  loiu.jpg

レンタカーを調達していつもの旭川市内の”みなと”さんに立ち寄る。
1年ぶりにM店長に再会して天塩川の状況などなどお話をした。
道北周辺の状況はまずまずらしいが、ここ一週間ほど暑いらしい。


poqw.jpg  kasy.jpg

午後3時にはお店を後にして旭川市内のホテルにチェックイン。
初日は移動のみだったので中心部の”天金ラーメン”で早めの夕食。
とんこつベースの塩ラーメンは九州ではあまりなじみがない味。
定番ラーメンをおいしくいただいた後、明日に備えて早めの就寝。



⇒道北釣り旅~その② に続く


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。