想定外の事案
2017年08月10日 (木) | 編集 |
IMG_2483.jpg

先日、暇になったので総合病院で4年ぶりに人間ドックを受診した。
その際のエコー検査で胆嚢に3mmのポリープがあることが分かった。
悪性かどうかは6か月後に再検査で確定するそうだ。
本人は勝手に良性だと思い込んでいる。

ところが結果レポートで胃の上部のバリウム斑があると指摘された。
放置するわけにもいかないので火曜日に胃カメラによる再検査を受けた。

局所麻酔なので喉は問題ないが、胃の中を棒でかき回される感触。
おえおえいいながらの10分間が長ーく感じられる。

結果は胃と十二指腸上部に特に問題はなく無罪放免だった。
しかし、慢性胃炎があると指摘され、ピロリ菌の検査を受けた。
検査の結果、めでたくピロリがとりついているらしく薬で除菌することに。

ピロリ菌感染者は、衛生環境の悪かった我々の年代は50~60%も。
一説には井戸水が原因という意見もあった。

それにしても、これほどたくさんの薬を7日間飲み続けることになるとは。
大きな問題は見つからなかったのだが”瓢箪から駒”である。




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト