九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。

久しぶりに目覚ましをセットして寝たのだが、やっぱり寝過ごしてしまった。

といっても外はまだ暗い。

あわてて高速を南下したが、目的地の阿蘇に着いたころは8時を過ぎていた。



PC051457.jpg



K川のポイント周辺にはだれもいなかったので、少し不安なままロッドを出す。

軽い時雨模様のなか上流から下流までドライフライでたたいてみたが無反応。

ただ昨年実績のあったポイントでライズしたのだが、集中力なくバラシてしまった。

 PC051463.jpg PC051461.jpg



2時間ほど経過しているので仕方なくマーカー+ニンフにチェンジ。

流れが少し弱くなりトロ場に向かうあたりで、27~8cmのニジマスがヒット。

昨年の魚よりは小ぶりだが、今年自主放流されたもののようで元気がいい。

狭い水域なので魚が暴れると続けて釣るのは厳しい。

ポイントを変えながら最大30cmをふくんで、3匹を追加した。(いずれもニンフ)

堤防を振り返ると2名のフライマンがいた。

午前10時ごろライズがありドライで釣れたとのこと。

(運がよければ40~50cm級に育った昨年の残りマスに出会えるらしい。)



正午ごろには天気は回復したものの当たりが完全に止まった気配。

ウェイダーから染みてくる水も気になりここらで撤収することにした。
 

 

ランキングに参加しています。ポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
渓流というよりは平原の中のクリークのような場所ですね。
水温が冷たいと流れが速いところにはいないのかもしれませんね。
2009/12/08(火) 00:40 | URL | koji #mQop/nM.[ 編集]
>kojiさま

 そのとおり普通の川です。
 場所がら湧水が流れ込んでいるので水質は悪くない。
 水温は12度あったのでまだ高いほうと思います。
 魚が残っていればしばらくは遊べます。
2009/12/08(火) 09:49 | URL | dragondash #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/169-83c36c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック