こて絵のある川
2010年04月10日 (土) | 編集 |
今日は少し気温も上昇してきたのでハッチ期待で近場の川に出かけた。
めざしたのは大分県境に近いN川。ゆっくりめに出発した。

P4091738.jpg

地元の釣り人がよく出る釣り場なので、先行者(餌釣り)に配慮しながら入渓する。
気温は16度とかなり暖かいのだが、増水していて水温も10度しかない。
入渓後、1時間はチビヤマも反応しない状況が続く。


P4091737.jpg

それから30分、日当たりのよい浅めの辺地からやっと22-23cm級が飛び出す。
かなりサビの入った魚だった。フライは例によって小型のエルクヘアカディスグリーン。
最近このフライに依存するパターンが多いので在庫が赤信号だ。

その後、下流を含めて数時間釣りあがったが、20cmのヤマメと大型カワムツのみ。
放流のうわさも聞いたが、足場もよいので抜かれたものと思う。(残念!)

P4091740.jpg

川沿いの農家に、めずらしい松竹梅の”こて絵”を見つけた。
左官職人が漆喰に施主の繁栄を願って縁起の良い絵を描いたもの。
ここらは大分県に近いので職人さんの交流があるのだろう。



ブログのランキングに参加しています。よろしければポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
N川へ行かれましたか!
あの川は、私が抜いちっいました(笑)
今年はあたたかかったり急に寒かったりで、変な感じでそのせいもあるのでしょう。
また、此処と言う場所は、地元の餌師や小中学生が、毎日のよーに入ってます。
塗り壁の松竹梅は、なかなかのモンですね!
わたしも先週しばらく眺めてました。
2010/04/11(Sun) 22:00 | URL  | man #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>manさま

時間がないときとか気分を変えたいときN川に行きますね。
以前は時々大物が顔を出してくれたんですが・・。
2010/04/12(Mon) 21:09 | URL  | dragondash #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック