九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。
先週は痛いノーフィッシュを喰らったのでリベンジをと考えた。
しかし、状況はたやすくない。ここ数日夕立程度の雨しか降ってないのが気にかかる。
今回もイブニング狙い。家で昼食をとってから出発するがすでに気温は30℃に。


P6051905.jpg

午後3時過ぎには矢部川水系のO川に到着。本流筋では餌師数名がポイント物色中。
前回を反省して何とか明るいうちに魚の顔を見ておきたいのだが、かなりの減水。
上流を1時間半ほど釣りあがったが、リリースサイズ以下のチビやまばかり。
イブニング本命と考えていたポイントも水量が少なく底がきれいに見える状態だった。
これでは前回と同じ展開になりそうだったので、意を決して峠を越えることに。


P6051906.jpg

また来てしまった梅野川C&R。時刻は午後5時半で下流の石橋以外は釣り人なし。
とりあえずすぐ上流の入渓点から釣りあがってみた。水温16℃とまずまず。
さすがにプレッシャーが高いのか、2度ほどレギュラーサイズに見切られてしまった。
少しでも不自然な動きをすると出ない。いちど出たポイントでは二度とでない。(泣)
午後6時過ぎ、やっぱりチビやましか出ないので、このエリアは深追いせず脱渓。


P6051911.jpg P6051912.jpg

下流の入渓ポイントに戻ってみると、幸いなことに先行フライマンはすでに帰っていた。
時間は7時を回っていた。イブニングもクライマックス。あと30~40分の勝負。
ところが2つのプールにはまったく気配がない。しかたなく逆光のなかを釣りあがる。
あと50mでゲーム終了かと思ったとき、小さな白泡下からのっそりと魚が出た。
根掛かりを気にしながら、下流に走る魚をいなしてプールで何とかランディング。
実測すると31cmだった。はじめての尺オーバー。

光量が落ちると警戒心が薄れるのか、フライの種類はあまり関係がないようだ。
しばらくはこのイブニングの釣りにはまりそうな予感。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいヤマメですね~。ぼくはチビとカワムツばっかりです。
2010/06/06(日) 19:18 | URL | RON #-[ 編集]
> RONさま
ありがとう。そちらは厳しかったようですね。
ねばり強くチャンスをまってください。
口蹄疫も落ち着いて来てるようなのでそちらにも行けそうです。
2010/06/06(日) 21:11 | URL | dragondash #-[ 編集]
尺オーバーおめでとうございます。
少々疲れ気味でございます(^_^;)
2010/06/10(木) 22:08 | URL | man #-[ 編集]
> manさま

 ありがとうございます。
 もっと大きなネットを発注しようかな(笑)
 季節の変わり目です。用心してください。
 
2010/06/11(金) 09:52 | URL | dragondash #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/212-378f8452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック