07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

北海道釣り旅~支笏湖編その2

北海道の朝は早い。午前3時には外は明るく、すでにヒメマス漁の船が湖面にある。
午前4時には前日に仕込んでおいた水と食料をもってポロピナイキャンプ場へ出発。
キャンプ場は閉鎖されていたがヒメマス釣りのボート置き場の先でロッドを振る。
1時間ほどでべたなぎの中に、ちらほら大きなライズが出た。
しかしポイントは20~30m先のブレイクライン上あたり。#6シングルハンドでは無理。
指を咥えながら、午前7時過ぎにはホテルに戻って撤収の準備に。


P7052043.jpg

今日は最終日ということですでに相方はお土産購入モードに入っている。
ホテル出発後は支笏湖公園線を千歳市内めざしてドライブ。
支笏湖水源の千歳川は烏柵舞(うさくまい)橋周辺は水量が多くトルクフルな流れ。
下流の道央自動車道高架橋周辺には道外ナンバーのフライマンがいた。
流れのなかではバイカモの花が咲いている。


P7052053.jpg P7052054.jpg

レンタカーの返却には少し時間があったので、千歳サケのふるさと館を覗いてみた。
館内の巨大水槽にはサクラ、ブラウン、ヒメマス、イトウ、ニジマス、シロザケなどが・・。
でかい。こんなの釣りたいと思いは膨らむやらストレスがたまるやら。

P7052056.jpg P7052058.jpg

P7052060.jpg P7052061.jpg

おまけに、ここには隣接する千歳川の水中観察ができる施設がある。
目を凝らすと尺ヤマメが水底に張り付くように定位しているのが見える。


P7052065.jpg
  ↑
※心の目でみてください。


名残の尽きないサーモンワールドをあとに千歳空港に向かう。
最近の北海道土産には熊注意など熊ねたが多すぎ。サケにもがんばって欲しい。


5日間通して北海道を満喫した旅だった。なかなか釣れないのはいつものことだが・・。
いくつか教訓を。


①湖のキャスティングには道具立てと練習は必須である。
②もしものためにウェーダー補修キットを持参すること。
③折りたたみ式のウェーディングスタッフとラインパレットは買っといたほうがいい。


次回の釣り旅のため、相方と相談の上で積み立てを始めることになった。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン



スポンサーサイト

コメント

No title

心眼を使ったら見えました!
結構大きめですか?

Re: No title

> みつとよさま
 よくできました。
 たぶん尺ちかいと思います。

2日目は残念でした。
今度お会いした時に土産話を聞くのが、楽しみです。

Re: タイトルなし

> manさま
なにしろ釣り場のスケールが馬鹿でかいので簡単にはいきませんね。
詳しくは後日ですね。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload