解禁はなごり雪
2008年03月09日 (日) | 編集 |
今年の解禁日である3月1日の土曜日に法事のため釣りに行けず、今週末が私のヤマメ解禁日となりました。

いろいろ目的地を検討したけど、このごろ気温もそれほど高くないので山地より平地かな?とか、
早めに切り上げることを考え「遊魚券」購入がてらで近場の古湯温泉に向かいました。

(最近、鳥栖ジャンクションに差し掛かるまでどこに行こうか迷うことも・・。)

午前10時前に到着して、「中島商店」で年券を購入。川沿いのPゾーンに車を止めて観る。
釣り人7-8名ぐらいいるが雰囲気が悪そう。


kaikinn1


水量はまあまああるが魚のライズは皆無当然ハッチも少なくユスリカが少し飛んでる状態。

下流部から2時間ほどドライフライで釣り上がるも予想通り反応なし。

kaikinn2


こんな状況とは思わずドライフライ以外の準備まではしていなかった。
昼食後にとりあえず1匹を求めて上流の小渓流に移動することに。


ところが上流部は5日に降った雪がかなり残っていてびっくり。日陰の残雪を踏みながらの釣りとなった。(まったく未経験

kaikinn3


kaikinn4


小渓流はまるで冷蔵庫。おまけに冷たく澄んだ雪解けみずが流れ込んでいるためか、まったく魚の気配なし。

思えば昨年の解禁は異様に暖かくて魚の反応は良く、こちらが対応できず「空振り」ばかりだった。
今年は最近の寒さで季節が半月ほど逆戻りしているような印象。


初釣りはボウズに終わったけど、来週あたりよくなるかな?またがんばろう

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック