分水嶺にほど近い渓流
2010年08月08日 (日) | 編集 |
こう連日の猛暑では釣りをする気力も萎えるというもの。
やっぱり標高の高い釣り場で朝マズメを攻めるしかない。
そこで以前から気になっていた川辺川水系H川に向かった。


P8072130.jpg

午前4時に目が覚めたので松橋インター経由で6時過ぎには現場に到着。
初めての場所なので地図を見ながら探すと橋の近くに入渓点があった。
気温は21℃と涼しい。おまけに先行者もいなかった。


P8072126.jpg

ここの川も平年より雨が多いせいか増水気味のようだ。
流芯は流れが速すぎるので段差下の白泡から続く緩い流れにアリンコ系を流す。
30分ぐらいで流れの底から20cmオーバーが飛びついてきた。
流し方が悪いのか魚があせっているのかミスが続く。


P8072125.jpg P8072135.jpg

曇りがちだったので気温もあまり上がらず、大きな滝もゴルジュもないので快適だ。
上手くヒットしないものの反応は続いたこともあり4時間近くの遡上を楽しんだ。
魚影は濃いほうだと思うが残念ながら出てくるのはリリースサイズ主体だった。
一部災害対策の護岸が構築されている所ではさすがに日差しが強すぎてNG。
その他の場所では、蜘蛛の巣を掻き分けることになる。夏の釣りは厳しい。
全体的には渓相の良い場所なので、涼しくなれば良型が出そうな気配も。

P8072136.jpg P8072123.jpg

夕方まで温泉でゆっくりしてなどとも考えたが、無理をして疲れをためてもと自重。
帰路の二本杉峠は風がほどよく吹いて27℃とさわやかな涼しさ。
時間があればテントを設営してゆっくりしたいほどだ。

P8072138.jpg

いつもの果てしないジグザグの峠道を駆け下ると一気に10℃ほど気温は上昇する。
気がつけば道路脇の田んぼの中に紅白のハスの花が咲いている。
生花用として栽培しているらしい。けだるい夏の午後には一服の清涼剤となった。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
21度とは気持ちよさそうですね。明日は人吉ですので、球磨川支流で突撃したいと思います。台風が心配ですが。
2010/08/11(Wed) 02:45 | URL  | koji #mQop/nM.[ 編集]
Re: No title
>kojiさま

 前回は水温低い中ウェットウエーディングで寒い思いをしたので今回はウェストハイをはきました。
 ほとんど蒸れなかったです。

 球磨川支流ですか。球磨本流の南側より北側の支流が正解でしょうね。
 風より雨量が心配ですが気をつけて。
2010/08/11(Wed) 09:31 | URL  | dragondash #-[ 編集]
どこか見たよ~な渓ですよね。
もう8月も半ば、ソロソロ始動しなくてはと思ってはいるのですが!
2010/08/13(Fri) 08:41 | URL  | man #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> manさま

 以前あなたがネイティブがどうのこうのと言っていた渓ですよ。
 お盆が過ぎ朝晩が涼しくなると大型が動きだしますよ。ウヒヒ。
2010/08/13(Fri) 10:47 | URL  | dragondash #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック