09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

五ヶ瀬川つり旅~前編

いよいよ禁漁までカウントダウンになってしまったこの三連休。
昨年思わぬ車両トラブルで結果を出せなかった五ヶ瀬流域にリベンジを試みた。


P9182203.jpg

バタバタしながら南阿蘇を通過中に夜明けを迎える。ピーカンの天気にいやな予感。
午前7時ごろには五ヶ瀬上流部のS川で地図を片手に入渓点を物色。
上流には水がないようなのでやや下流で堰のないところを探す。


P9182219.jpg P9182211.jpg

この川は源流に近いため粘土質の岩盤いわゆる”なめ”がほとんど。
岩盤の切れ目に魚がついているのだがクリアな水のため難攻な渓である。
この日は水温16℃とまずまずなのだが減水のためにさらに厳しい状況となった。
アダムスパラとアリンコを付け替えながら日陰をそっと攻めてみた。


P9182215.jpg P9182212.jpg

この日の魚の気分は「ヒットアンドアウェイ」。0.3秒もない瞬間勝負となった。
それでも何とか打率2割でリリースサイズ数匹をキャッチできた。
やはり大型は大きな淵の底でゆったりしているのだろう。


昼過ぎにはS川を離れ五ヶ瀬本流の日之影温泉駅まで移動。
今夜の宿「
TR列車の宿」に早めにチェックインして休憩をとる。意外に気温が高い。

P9182223.jpg P9182222.jpg

この宿
は廃線になった高千穂鉄道の車両を改造して営業を開始したもの。
となりには温泉とレストランがあり釣り旅には絶好の宿である。


 P9182225.jpg

前回逃した本流尺ヤマメを期待して日之影川合流点付近でイブニングにトライした。
流量が昨年の半分近くしかなく、水温も22℃と温水プール並みなのでギブアップ。
鮎も不漁で貸切状態は良いのだが大型のオイカワの入れ食いになってしまった。
ヤマメは避難してるらしい。早めにあがって温泉を楽しむことにした。

⇒後編に続く


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload