09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

シーズン終了

実質的にはこの週末が今シーズンのヤマメのラストチャンス。
気温もぐっと下がりまとまった雨も降って、好調を期待して早朝から出撃したが・・。

P9252255.jpg

午前6時にはホームグランドにしている矢部川水系O川に到着。釣り人の気配なし。
気温も15度と冷ややか。やや増水しており水温は16度と悪くない状態。
ところが内容は前回と変わらず、極小チビヤマのアタックのみ。
脱渓ポイント直前のA級ポイントで良型にフックをはずされてゲームオーバー。


P9252263.jpg P9252257.jpg

気を取り直して同水系のK川に移動した。K川は初めてなのだが・・。
もともと水量の多くないK川なのだがこの日はほどよく増水していた。
ところがいけどもいけども太ったカワムツの猛攻。
水温を計ると18度もあるのでさらに上流に場所移動してみた。


P9252258.jpg P9252262.jpg

河畔林がせり出してちょっと暗いエリアに入って、やっと待望のヤマメがヒット。
上流はヤマメのエリアかなと思ったのだが、これっきりであった。
日も高くなってきたので深追いせず休憩モードに。


このまま帰る気にならないので県境の竹原トンネルを越えて梅野川C&Rに移動した。
やはりシーズン終了間際なので5名ほどが入渓中。こちらはイブニングに向けて待機。



P9252265.jpg P9252266.jpg

4時過ぎに見回ると最下流が空いていたので、メイフライを結んでゆっくり釣りあがる。
しかし、チビヤマが盛んにライズしているのにフライには見向きもしない。
いつものポイントも早朝から釣られていたせいか、良型は顔を出さなかった。
それでも容赦なく時間は経過する。フライが見辛くなってさすがにあせった。
転がるように脱渓点前の最後のポイントに着き祈るようにキャスティング。
もう終わりかなと思いつつ、流芯の向こう側に投げたカディスフライに飛びついてきた。
慎重に引き寄せると雌の29センチのヤマメだった。
(なぜかお腹はペッタンコのガリだったが・・)

ラストは本当にスリリングだったが、まずまず満足できる結果が出てひと安心。

今日は12時間ウェーダー履きっぱなしなのに、魚を追いかけていると忘れてしまう。
気がつけば体があちこち硬い。
しばらくはヤマメとはお別れだが、ニジマスもあるので川とは縁が切れそうにない。




ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

コメント

ヤマメラスト釣行
お疲れさまでした。
今シーズンは幾度かのお誘いに一度しかお付き合い出来ずスミマセンでした。
禁漁期に入ったら打ち上げでもやりましょう(^-^)

Re: タイトルなし

> man さま
 
 どういたしまして。
 8月はほんとに暑くて不調でしたね。
 来シーズンはいい時期に同行しましょう。
 そのうち、じみにオフ会でもしましょうね。



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload