九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。
週末は九重FR(管理釣り場)にてG釣具有志による懇親釣り会があったので参加した。
現地到着は午前9時とゆっくりめ。紅葉見物も一段落で交通量は多くなかった。


PB202317.jpg

我々以外の釣り人は10人ぐらいで、行楽日和なので他の場所にお出かけだったのか?
放射冷却の影響かライズ少なめだったが、サイズ期待で3号でドライフライで攻めてみた。


PB202321.jpg PB202327.jpg

大型ドライからメイフライまで試したが無反応。
ミッジとコカゲロウにライズしているようなのでCDCダンのコカゲを結んだ。
1時間でやっとレギュラーサイズが釣れて一安心。
沈めると何とかボツボツ出るようだが、ドライでは水流のあるところがよかった。
午前中でやっと5本の鱒をゲット。以前より鱒の回遊が少ない気がした。


PB202330.jpg PB202332.jpg

昼はメンバー20人で管理棟横の芝生で食材を持ち込んで焼肉&豚汁となった。
Nさんお手製のかしわ飯おにぎりと豚汁をおいしくいただいた。
今年還暦を迎えるH氏とK氏への赤いダウンベストの贈呈のサプライズも。
機材&食材の準備に奔っていただいたS氏、I氏には感謝。


PB202326.jpg PB202336.jpg
 
 午後からは少し日が翳り風も出てきたのだが2号池は順調に釣れ続いていた。
しばらくウエットでルースニングを試したら、ほぼ毎キャスト釣れる状態。
ここはやや小型鱒が多いためかのドライミッジ(20番)にもかなり反応がいい。
仕上げはやはり3号池。ドライでかなり間遠くなるが出れば大きい。
ライズはそこそこあるのだがフライにはUターン。極小ミッジ食ってる?


この日はなんだかんだで6時間ほどロッドを振り、腰と手首が悲鳴を上げる。
さらに日も翳ってきたので午後3時すぎにはそれぞれ撤収を開始した。


帰路にはいつものようにコーヒーのために近くの湧水を汲んだ。
晩秋の景色の中、ひさしぶりに魚の引きを堪能した一日だった。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/242-e1fff191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック