九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。
事前に不調と聞いていたのだが自分で確認しないと納得できない釣り師の定め。
昨日は梶原川C&Rを中心に川辺川水系に釣行した。


P4022450.jpg

ちょっとゆっくりめに出発して目的地周辺には午前7時半到着。
やはり発電所放水口から上流は大幅な減水だった。
不調の影響か?釣り人は1名のみ。上下を気にせず入渓できるのは良い。

P4022453.jpg  P4022452.jpg

1時間ほど釣りあがるが水が澄んでいるのでめぼしいポイントは無反応。
実績の在るポイントで流芯が掘り下げられているところでやっぱり出た!
20cm級と小ぶりながら元気のいい魚。減水でも腹はへるよね(^^)
2時間ほど釣りあがるがライズポイントも夏の減水期のようで悲しい状況に。
同様のサイズを3匹のみで深追いは禁物と車に戻った。

P4022455.jpg   P4022462.jpg

今度は川辺川本流との合流点付近まで下ってハッチを待つ。
ゴールデンタイムに突入するもなぜか虫がでない。
おおきな魚が回遊しているのは確認できるが、夕方までライズを待つわけにも・・。


P4022457.jpg  P4022459.jpg

川底が乾いて白くなった川辺川をため息まじりに横目に見ながら支流のS谷へ。
フライにはちょっと藪っぽくていやな感じだが、贅沢は言ってられない。
枝にフライを獲られながらしゃがみ込んで攻めるうちやっと登場。
さっきまでよりサイズアップできれいな魚体だった。ここでも同サイズを3匹ほど。

P4022464.jpg   spay.jpg

今回のもうひとつの目的は届いたばかりのスペイラインを投げてみることだ。
AFS OutBoundの5/6FをSAGEのスウィッチ#6のロッドにセット。
発電所下の水量のある流れにウェットの仕掛けを投げ入れてみた。

なにしろ初めてなのでランニングラインが10mも出て行かない(T T)
流れに載りきっていないフライをアタックする魚などいるわけがないが・・。
2時間ほどラインと格闘して疲れたがまだまだこれからと自分を励ます。


桜はもう満開を迎えようとしているのに虫や魚に元気がないのは気になる。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やはり雨が降らないのが原因でしょうか?最近あまり降ってませんからね。川辺のように水量が多いところでそうであれば、他の小さな川はもっとかわいているのでしょうかね。
ところで、今年から釣りブログを独立させることにしました。
なんとかゴールデンウィーク前までに2回は行きたいと思っています。
2011/04/05(火) 08:31 | URL | KOJI #mQop/nM.[ 編集]
> kojiさま
 
 矢部川水系も玖珠川もみな渇水のようですね。
 こういうときは一雨後に馬鹿食いするらしいですww
 釣りブログ楽しみにしています(^^)

2011/04/05(火) 21:00 | URL | dragondash #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/259-68605cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック