宴のあと
2011年04月24日 (日) | 編集 |
P4232512.jpg

久しぶりにまとまった雨になったので増水を期待して筑後川水系K川に出かけた。
しかし、期待に反してさらに減水していた。
午前9時ごろ少しハッチもでたのでライズポイント周辺を2時間ほど釣りあがる。

P4232509.jpg  P4232510.jpg

落ち込み脇の石の間に大量のヒゲナガピューパのシャックがたまっていた。
昨日か一昨日か?宴は終わったらしい。飽食したヤマメは昼寝中のようだ。
それにしてもK川の豊かさはすさまじい。
よく見るとちらほらハッチしている大型のメイフライはモンカゲロウだった。
しかしダンやフローティングニンフなどモンカゲ系のフライは家に置いたまま。


日没前後まで粘れば可能性もあったがこのままここで待機する根性もなく移動。
Bだけは避けたいという思いから、車はしぜんに梅野川C&Rに向かう。

P4232517.jpg  P4232515.jpg

ところが梅野川C&Rは朝から濁りを伴う増水だったらしい。
当然ながら前回のようなハッチもない状況。
魚がいることは確実なのでここでウエットフライを試してみることにした。
ライトケイヒルをリードフライに結び大きな落ち込みから流してみた。
ライン先端が引き込まれるのに合わせると20cm級ながら3匹をゲット。
ウエットでの初釣果だ。


P4232521.jpg  P4232520.jpg

前回を上回るサイズをと思い下流に移動してみると、さらに釣り人が増えている。
やむなく最上流のプールまで遡上するとなんとライズしていた。
コカゲロウ系フライを流し込んで3匹を引き出したがサイズはアベレージの25cm。


今日も渇水で赤土があらわになったダムをロードサイドに見ながら山を下る。
季節は春の第2ステージに移行しつつあるのだが・・。
やはり、そこにあるべき水がないというのは寂しい。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック