03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ成る

このところ続く「絶不調」を克服すべく、先週返り討ちにあった「古湯」再度チャレンジした。

先週の釣行は、かみさんたちを「吉花亭」の日帰り温泉に放り込むという捨て身の覚悟で望んだわけだが、何を喰っているのかまったくわからない「超セレクティブ」に翻弄されるばかりの結果だった。

佐賀大和インターを降りたあたりの川上峡ではこの時期恒例の鯉のぼりディスプレイ。ライズを追っているうちに河岸の桜も散りしきる。


furu1.jpg


昨日は天候も曇りで風も無かったのだが、先週よりは明らかにライズの頻度が少なかった。(水温は11度、水量多く少しにごりも。)

CR区間の南側から釣りあがる。もちろん本命は下流側のプール。



furu4.jpg


手前の小さな淀みでいきなりカディスフライに一匹飛びついてきた。これは嘉瀬川放流魚の「アベレージ君」。(意外といけるかな?)

furu2.jpg


本命プールの南はしと護岸際のライズをクリップルダンで攻めるが、魚が途中まで追ってくるのが見えるが喰わない。(かなり魚はいる。)
フライを取り替えつつしばらく攻めると何も反応しなくなる。完全に見切っている。(怒り)

仕方なく大ぶりのクリップルダンで流れ込み直下を攻める。数投で突然大型が飛びついてくる。先ほどの「アベレージ君」の兄貴分サイズ。(忘れかけていた手ごたえ

furu3.jpg


連続ヒットをめざすもそうは思うとおりには行かない。今度は下流の護岸側を攻める。ライズはボツボツあるが何に反応しているのか?(シャック?)

かなり正確に本物らしく流さないと追ってこないし、定位しているレーンからちょっとずれても反応しない。
さらには、打ち返そうかなと思うようなタイミングで不意にアタックしてくるなど、かなり厄介。


数時間粘ったが一応型も見たことだし、午後から仕事が入っていたので、正午には撤収した。(今後もまあ期待できそう。)


スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。