九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。
連休後半は2日間ほどじっとしていたのでそろそろお出かけの虫が・・。
ちょっと天気が気になったがゆっくり起きて大分道を東へ。


P5072567.jpg

幹線国道からちょっと入り込んだJR野矢駅ちかくにある大けやきもしっかり新緑だ。

P5072569.jpg  P5072570.jpg

玖珠川水系N川は湧水が多いので影響は少ないだろうと踏んだのだが・・。
水が澄んでいるのと減水とで魚は餌どころではないようだ。
かなりの数の魚が深みに集まっているのだがフライには見向きもしなかった。
2時間粘ったがときおりチビヤマがじゃれる程度で撤収。
上流で小ぶりの魚と遊ぶ手もあったがK川本流でチャレンジするため移動。

ところがK川本流はさらに悲惨な状態で魚の隠れ場所もなさそうな雰囲気。
時間帯はハッチタイムなのだが時々大型のカワゲラがバタバタする程度。
ポケットから大型の黄色いカディスを取り出して本命ポイントをたたき釣り。
1時間ちょっとの間でたった一度大型が潜むポイントで下からゆらりと浮いてきた。
残念ながらガッツリ喰ってくれなかった。タイミングが悪いとだめだ(TT)


P5072571.jpg

さてと困ってしまった。手ぶらでは帰れないので昼過ぎから梅野川C&Rに転進。
ここも前回よりは減水しておりハッチもなく魚影もほとんど見えなかった。


P5072574.jpg  P5072572.jpg

手がかりもないのでアダムスパラ#16を結んで食い気のある魚を引き出す作戦。
ときどきライズしているのはチビヤマでおもなポイントは何の反応もない。
そこで巻き返しや小さなかがみを攻めてみる。
曇って光量が落ちたのが幸いしたのか、やっと標準サイズがヒットしてくれた。
ぱらぱらと雨が降り出す中、後続部隊はすべて25cm以下4匹と厳しい結果だった。

さすが連日攻め立てられいるので、ドライフライへの反応も小さくて速くなっている。
オイカワかなと思ったら大型、しかし食いが浅くてフッキングしないパターンだ。

全体的にハッチも一段落のようでタイミングによって爆釣と不釣が分かれる季節。
やっぱり大型はイブニングかなぁ~。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れでした。
来月に期待しましょう。
2011/05/09(月) 22:53 | URL | man #-[ 編集]
> man さま
 
 渓流はこんな感じでしょうね。増水後の本流に期待しましょうw
2011/05/10(火) 09:46 | URL | dragondash #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/270-39073011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック