03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本流はなにかとシビア

P5212598.jpg

6月から1000円の高速割引がなくなるらしいというので久しぶりに日帰りで遠出。
今回は鮎解禁目前の五ヶ瀬川本流にチャレンジしてみた。

久しぶりに午前3時にスタート、新緑の南阿蘇を駆け抜け高森峠から高千穂へ。
午前7時前には日之影町役場前に到着。やっぱり水がない。

P5212600.jpg  P5212599.jpg

今回は川幅のある辺りでスイッチロッドを振るつもりだったのでさらに下流域へ。

P5212604.jpg  P5212608.jpg

日之影の"かんばの瀬"周辺にはすでに餌釣り師が竿を振っていた。(早すぎだろ)
北方まで下って干支大橋のあたりに適当な落ち込みを見つけ川に降りた。
本命ポイントへの移動中に上から突然一人の餌釣り師が降りてきて釣りだした。
最近の釣り師はマナーが悪いね。(先に入っていれば邪魔する気はないのに・・)
むかつく状態ではキャスティングもままならず場所移動。

さらに下流にフライマン発見。その下にいい落ち込みがあったので降りてみる。
ところが対岸に向かって渡渉をしようと川に入ってまもなく滑って転び半沈状態。
すこしウェイダー内に水が入り愛竿Z-AXISにも擦過傷が・・。
これで撤退するわけにもいかずのそまま渡渉して予定通り釣り始める。
やはりこの日は何かがおかしい。3時間ほどドライとウェットで攻めたが無反応。
とどめには、カヌーのおじさんまで流れ下ってくる始末。(声ぐらい掛けろよ。怒)

怒ってもしかたがないので午後からスペイの練習に切り替える。
何投目か目印のピンクのヤーンにゆったりと浮上してきたのは本流やまめ。
もちろん、それっきり。やっぱりマジックアワーしかないのか。
しかし、本流というローケーションでのキャス連は気持ちがいい。

kifo.jpg

帰宅後、ベストに収納していたものをすべて広げ夜風に当てて自然乾燥。
過去の経験から着替えも持参し携帯とデジカメも防水にしていたので特に問題なし。

簡単そうに見えるが本流は底の状態も見えにくく流れもトルクが強くて厄介だ。
おかげさまで体に被害がなくてラッキーだった。砲弾ヤマメは次回に期待しよう。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン




スポンサーサイト

コメント

五ヶ瀬も水量少なかったですか。水温は上がりますが、梅雨後に期待したいですね。名の知れた川にはいろんな種の釣り人が集まるので怒るだけ損ですよ。でもカヌーのおじさんには笑えました。

Re: タイトルなし

> KOJIさま

 ほんとびっくりでした。顔をあげたら目の前にカヌーが・・。
 五ヶ瀬は鮎師で混雑するので川辺川習いですかね。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。