九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。
 ⇒北海道釣り旅~名寄川② よりつづく

P6122660.jpg

翌日の朝もしっかり朝食を摂ってから出撃。
曇りでひんやりとした天気だったのでアンダーを一枚重ね着した。
サクラの影響の少ない上流よりに入って大きめのテレストリアル系ドライで攻める。

濁りは無くなっていたが水温低下で活性が低そう。
大きなプールの上の流れ込みでパシッと反応があったが早合わせですっぽ抜ける。

P6122661.jpg 

午前中は上流寄りを数箇所回り、蝉も鳴いていたのでドライで攻めてみたが無反応。

Pmd.jpg

午後からはウェットに切り替えて釣り下ったが昨日よりもさらに反応は厳しかった。
まともに反応したのはウグイの群れ。しかも見たことのないほどデカイ。尺以上。
瀬の下でコンと反応があった。調べてみると3Xのリーダーがあわせ切れしていた。
大虹の可能性もあったが、自分の腕の未熟を嘆くしかない。


午後から予報どおりにわか雨が降り出す。どうも冷たい雨はよくない。
ヒゲナガが飛び交っていたがライズの気配はなく静かなイブニングだった。


P6132665.jpg

この日は名寄の隣町にある"士別inn翠月"というアスリート合宿用の宿に泊まる予定だった。
名寄川のワイルドレインボーに後ろ髪を引かれつつ、少し早めの撤収。

⇒北海道釣り旅~渚骨川 につづく





ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/281-0390558a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック