九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。
P8062770.jpg

先週末は車検完了直後とて、なかなか遠出はできず近場に出撃となった。
ふだんよりすこし遅めの5時前に出発し6時過ぎには古湯C&Rエリアに到着。


P8062773.jpg  P8062772.jpg

水量は多い方と思うがなんだか黒い苔が生えており水温も22℃と高め。
2時間ほどかけてウエットでめぼしいポイントを探ってみたが芳しくない。
ヤマメの気配は全くなくカワムツがダブルで入れ食い。
ひょっとしてダムの底水を放水してるのかも・・。


P8062774.jpg

勝負は早いほうがいいというわけで、すぐさま上流のS川へ移動。
ここは昨日の夕立で増水していたが、水温は20℃とまずまず。


P8062776.jpg  P8062779.jpg

いまどきの小渓流は繁る葦と蜘蛛の巣との格闘になる。
ラインに着いた蜘蛛の巣を取りつつ前進、やっとアントパターンにチビヤマが出る。
魚は浅いひらきにいるようだがこのポイントは陽が高くなって来ると厳しい。
終点近くなっていつもの場所で20cm級がヒット。
この個体は斑点の数が多く赤みがかっているのでたぶんネイティブと思う。


P8062786.jpg  P8062780.jpg

予定通り昼過ぎには脱渓してキャス練のために下流域にある堰を目指す。
C&Rエリアの上流にある嘉瀬川ダムは現在試験湛水中でほぼ満水。
このダム、水道と工業用水の確保と洪水調整が目的というが・・。

ダムの周回道路わきには山萩が赤い花を咲かせていた。
萩は葛と同じマメ科。よく見ると花の形が似ている。
秋の花というイメージだが7月には咲きはじめ10月までと花期が長い。
久しぶりに道端の植物をじっくり見た。


ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


blogram投票ボタン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
蜘蛛の巣は厄介ですよね。まず最初の一投で蜘蛛の巣を外せればいいですけど、僕の場合はフライが蜘蛛の巣にかかって、蜘蛛が食べに来ちゃいます。ラインに蜘蛛の巣の粒ができて、絡まりやすくなっちゃうし。しかしこの暑さでキャッチできたのはさすがです。
2011/08/08(月) 21:17 | URL | koji #mQop/nM.[ 編集]
> koji さま

 蜘蛛の巣を取り除くのに振り出しの渓流竿を持参することを考えました。
 種類によっては粘着するのでラインに附くとやっかいですね。

 今ごろの魚は光量に敏感で警戒心たっぷり。
 ある程度遠めから攻めるしかないかも。
 それにしてもC&Rは釣れなすぎ。
 誰も居ません。
2011/08/08(月) 23:04 | URL | dragondash #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/294-2ea3d576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック