04 月<< 2017年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょこっと夏休み~後編

⇒ ちょこっと夏休み~前編 より続く

翌日は予定通り午前5時にホテルを出発。
コンビニで食料を調達してこの日の目的地であるS川を目指す。


P8202810.jpg  P8202812.jpg

ところが入渓点に着いた時は激しい雷雨で1時間ほど車で待機せざるを得なかった。
雷雲が過ぎ去ったので、予想外に激しい流れを避けながら釣り上がろうとしたが・・。
今度は急に濁りが出てきて、瞬く間にコーヒー色になってしまった。
雨も降り続いていたため改善の見込み薄いと判断してS川を離脱した次第。


P8202814.jpg  P8202815.jpg

本流筋に戻る途中、いつもの水汲み場で湧水を頂戴する。
谷向こうにある矢筈岳も雨後の景色は幽玄の世界。


五ヶ瀬本流のめぼしいポイントを確認したが不調といえども鮎師が居て入渓は困難。
さりとて大移動は時間のロスなので、以前本で読んだ支流のA川にトライすることに。


P8202816.jpg

なにしろ始めての釣り場。慎重に釣り人の痕跡を探して入渓場所を決める。
ここも増水ぎみで藪っぽいせいか水温が16℃と低くメガネが曇るほど。

P8202819.jpg  P8202818.jpg

蜘蛛の巣と小枝を避け、水底の青海苔を気にしながらアントパターンで釣りあがる。
思いのほか釣り荒れているのか反応が少ない。たまにチビがアタックしてくるのみ。
1時間ほどでやっと山陰の緩い落ち込み下で15cmクラスがヒット。
その後も落ち込みや小プールなどいいポイントが続くが状況は改善しないまま終了。


P8202821.jpg

上流はさすがに傾斜が急で苔生した大石が連なりまるで別世界。

P8202822.jpg  P8202820.jpg

脱渓点あたりで淡い色合いの植物が花を咲かせていた。
左はナツエビネ。エビネランの一種で自生しているのを見かけることは稀。
日陰にひっそりとうす紅色の花を付けていた。
右はイワタバコ。セントポーリアの親戚。渓流わきの巨岩にかなり群生。
紫色の可憐な花だが、葉がタバコに似るのでこの名前とは。ちとかわいそう。

この日は釣りではよい結果はでなかった。飛び込みで入ったのでやむをえない。
それでも日ごろ見ることの無い花に出会えた。
まずまず充実した時間を過ごし無事帰還できたことに感謝を。



ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン


スポンサーサイト

コメント

お疲れさまでした。
あまり天候に恵まれない週末でしたね。
後少しばかりの期間となりましたが楽しんで下さい。
来月に向けMサイズのネットをそろそろ張り替えましょうか?

Re: タイトルなし

> man さま

 ほんと天気がいまひとつですね。
 状況みながらよさそうなエリアをぼちぼち攻めましょう。

 ネットの件、お願いします。
 連絡しますよ(^^)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。