九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。
s-sennryo.jpg s-botoru.jpg

kannsei.jpg

パターンブックをめくっていたら「ゴールデンフェザントクレストのレッドダイド」とあった。
さすがにこの指定のマテリアルはショップには無い。
代用で賄うのも癪なのでちょっと自分で染めてみることに。

大人の工作には東急ハンズというわけで博多店で皮革用染料を物色。
先人は「クラフト染料」を使用しているらしいがあいにく取り扱っていなかった。
スタッフに相談したら「ローバスバティック」を勧められたので赤青二色を買ってみた。

この染料はアルコールベースの水溶性なので取り扱いは極めて簡単。
適当なガラス容器に液を入れ、マテリアルを浸して半日放置したあと水洗い。
クレストは癖をとるためにワインボトルに張り付けて乾燥させるのがよい。


<グレートバスタード>

 hook
:サマースプロート#6
 body:シールズファーオレンジ
 rib:オーパールティンセルゴールド
 throat:グレーパートリッジ
 bodyhackle:コーチマンブラウンのコックハックル
 
wing:フロリカンバスタード
 tail:トッピングレッドダイド
 tag:ゴールドティンセル

 (「十勝の自然とFly Fishing」からレシピを引用


結論から言うと割と小物は簡単に染められる。
これからはボディフェザーみたいな扱いの容易いものは自分で染めることにする。
ただ、クラレットのような中間色はやってみないと何とも言えないが・・。
それはそれで楽しいかも(^^;)




ブログのランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/312-fd18dc8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック