07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

とりあえず解禁完了

_shikase1.jpg

解禁の先週はまとまった雨になったため増水や濁りが心配だった。
遠出も考えたが状況がよくないとの情報でやや近場の熊本県北のS川へ。

想定外のよい天気にラッキーと喜んだのもつかの間。
定刻の10時ごろになっても虫の出がわるい。小型のカディスを見かけただけ。
いつもの駐車場に先行車が停まっていた。餌釣師は朝が早い。

shikase4.jpg  shikase2.jpg

フライマンをまったく見かけないので漠とした不安を胸に釣りあがる。
ライズポイントでもまったく反応無く2時間が経過。
岩盤地帯に入って黄色いコカゲパラシュートで何とか放流サイズを確保できた。
初ヤマメとの再開を喜びつつ車に戻って昼食をとる。
下流域に釣り人の姿も無いので梅野川の様子を見に行くことにした。



imeno.jpg

梅野川C&Rエリアは午後の時間でも大賑わい。先行者が10人はいた。
どこかないかと車を走らせていると育成場周辺が空いていたので入渓した。
しばらくコカゲパラで様子をみる。魚影は確認できるのだがほぼ無反応。
水温が8℃しかないのでフライを半沈みダンに切り替えてみるが変化なし。

ドライをあきらめて育成場直下のプールに居ついている魚と遊ぶことに。
黒っぽいコカゲニンフにシンカーを打って流すと一投目で赤い魚が釣れた。
婚姻色のまま越年した固体とは考えにくいのでアルビノだろう。
ひどく痩せていた。

konninn.jpg  imeno3.jpg
 
しばらくプールの中を観察しているとシンカーに反応して浮いてくる魚が見えた。
もしやと小型のイマージャーを結んで流すとラインが伸びきった辺りでコツンと。
活性のある魚は水中でもけっこう餌をとっているのだ。
釣れたのは背中の模様がニジマスのような
放流魚27cm。

明らかに魚が居るエリアでないと水中狙いの釣りは難しい。
というわけでしばらく流し方やあたりの取り方の実験台になってもらった。


放流ながら魚影の濃さはぴか一な梅野川C&R。
もうすこし暖かくなって状況がよくなれば大型魚のライズ釣りができそうだw




ランキングに参加しています。なにとぞアイコンをポチットお願いします。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload