07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

半日だけのお楽しみ

標高の低い山間部ではメイフライの羽化も一段落の感がある。
本来ならば週末を利用して南九州あたりに一泊二日程度の遠出がしたいところ。


あいにくしばらくは会社の社員研修やら法事などのプライベートで自由にならない。

おまけに今日はかみさん同伴で福岡ドームでナイトゲーム観戦の予定がい入っていた。

そこで半日釣りということで早めに起きてうきは市方面をめざすことに。


道すがらあらためて日が高いのに驚く。まだ午前7時なのにすでに太陽はかなり昇っている。よく考えると夏至まで1か月を切っているから当然なのだが・・・。

tago1.jpg


途中日本の棚田百選に選ばれたつづら棚田に立ち寄る。

今まさに田植えの準備の真っ最中だった。
見事に積み上げられた石垣は先人たちの偉大な遺産と思う。

田籠地区を流れる新川は小規模ながら水質は抜群。地域の人たちが毎年春のやまめ祭りで成魚を定期的に放流している。

今朝はえさ釣りらしき2人づれを見かけたので、やや上流の養殖場よりに入渓することにした。

tago2.jpg


水温14度と良好だがハッチがなさそうなのでアダムスパラシュートで釣りあがる。水位はやや減水気味。ここ数日の好天で少し減水途中という感じ。

tago3.jpg


小さな段差下の水深のありそうなA級ポイントに出た一匹。すこし元気がないかな?(今日の一匹目が釣れるとほっとする。)

tago4.jpg


川岸では今の時期野茨(のいばら) が可憐に咲いている。見た目はきれいだが藪こきするとき手痛いめにあうので嫌いだ。

tago7.jpg


ティペット交換で休憩中、気がつくとコグサヒメカワゲラが近寄ってきた。「微妙な色合いだよね。」などと、虫つくりモードに入ってしまう。

tago10.jpg


この日は、ややうす曇で気温の上昇が緩やかだったのが幸いしたのか、当たりの日。まずまずの良型が数匹顔を出してくれた。

中には、パーマークにさびの入ったのも。これはミス。というかドラグが気になって合わせそこなった。残念!

意外な浅場で大型が出るこの時期、ポイントと立ち位置をよく考えて第1投目に集中することが大事。わかってるつもりなんだけど・・・。

tago8.jpg


護岸の終わりかけの高めの河畔林の下、まとまった流れの中心で出た一匹。やっぱり放流もの?
少し赤みがかっているけど、新作のアカマダラ風ダンパラシュートをしっかり咥えた元気なやつだった。


tago9.jpg


以前はあまり気にしなかったけど、回りを見るといろんな情報がみえてくる。

ヒメヒラタカゲロウのダン(亜成虫)が脱皮を終えて、翅の乾燥中だった。(となりには抜け殻。)ふつうは河畔林の葉っぱの裏あたりなんだろうけど・・・。

季節の進行でメイフライのハッチ(羽化)の頻度はさがるものの、魚の食欲は旺盛に。

スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload