釣れない理由
2008年06月07日 (土) | 編集 |
解禁直後に足しげく通った津江川で何度も期待を裏切られた。
最初は異常な低水温のため?と勝手な理由付けをしていたのだった。


しかし、最近謎が解けた。

西日本新聞夕刊掲載のコラムフライへの挑戦を書いている寺島氏によると、(6月3日分)
解禁直前に津江川に放流したヤマメは30CM前後の大型の成魚。これぐらいになると放流した地点からあまり移動しない。


また、野生の羽虫の獲り方を知らないので、餌釣りやルアーには反応するがドライフライにはまったく反応しないそうだ。
(そういえばちょっととなりのルアーおじさんはでかいの釣っていた!)

実際にドライで釣れたものは、秋に放流した小型の魚か自然産卵のものらしい。厳しいわけだよ。

どうにかしておくれ!

NEC_0014.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック