07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

リベンジ

gw9.jpg

GW前半は先週のリベンジを期して五ヶ瀬本流に出撃した。
午前8時すぎには下流の北方町K地区に到着。
ここは大瀬の下に水深のあるトロ場があるので以前からマークしていたポイント。
とりあえずスイッチロッドにAFSのラインを通しウエットを結ぶ。


gw10.jpg  gw8.jpg

相変わらずこの日もピーカンであまりハッチがなく手がかりがなかった。
昼ごろにはカディスが出るだろうと思いカディスハッチのパターンで釣り下る。
30分くらいで流し終わるかなというタイミングでいきなりガツンと当たる。
銀ピカ幅広の本流ヤマメがリードフライをガッチリ咥えていた。
サイズは泣き尺の29cm。上流に走ったので焦った。


gw2.jpg  gw6.jpg

サイズアップ期待で昼過ぎまで粘ったがなにしろ暑い。
後続部隊は来ないようなので上流側のポイントをウェットで攻めてみることに。
しかしどこもライズもなく厳しい状況のようで夕方まで彷徨い歩くことに。
日之影周辺のイブニングライズに期待したのだが・・。
風がなかなかやまずおまけにコカゲ系の小さな虫にライズしている。
こちらのイメージと合わず空振りに終わった。

gw4.jpg 

翌朝は延岡市内から五ヶ瀬本流を見て回る。
ところどころで餌師が餌とりをしており期待できそう。
昨日のK地区の少し下流に長いトロ場を発見したのでチャレンジ。


gw3.jpg  gw1.jpg

しかしこの日はイダ(ウグイ)のあたり日だったようで・・。
反応があればすべてイダという次第。

例によって昼間は日之影から北方町をポイントを探して行ったり来たり。
思い迷った末、昨日釣れたK地区に戻り2匹目の泥鰌を追いかける。

ひと通り流して魚っ気も無いようなので、アトラクター系の派手なフライを流してみる。
いきなりガツンときてドラグが鳴った。やった2尾目かと思ったのだが・・。
さすがは五ヶ瀬本流。寄せてみると見事な尺イダであった。(汗)

本流は状況判断とポイント選びが難しい。しかも忍耐力も必要。
支流の鹿川(ししがわ)まで上って渓魚と遊んだほうがよかったかなとも考えた。
しかし、すばらしい流線型の魚を見ると苦労が報われる。
福岡から4時間200kmの距離があるのだが病み付きになりそうで怖いw



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload