道北釣り旅レポート~②
2013年10月18日 (金) | 編集 |
⇒道北釣り旅レポート~①より つづく

douhoku39.jpg

北国の夜明けは早い。午前4時すぎには起きだしてコンビニに朝食を買いに走る。
この日は天塩川本流。天候は曇りで小雨の予報だった。


douhoku25.jpg  douhoku41.jpg

14ft#8のダブルハンドロッドにスカジットラインを通しティップは軽めのシンキング。
フライはイントルーダーから試してみたがトルクはあるが浅めな流れで根掛かってしまう。
少し下って緩い段差の下でロングディーに巻いたアクロイドに反応があった。

最初は45cm、2回目は40cmのワイルドレインボーだった。
どれも丸々と太っているがまだまだ成長しそうな個体だ。
元気が良すぎてネットから出せないので写真はいまいち。

douhoku27.jpg  douhoku23.jpg

少し下流で中規模の支流が合流するポイントには鮭が産卵のため溯上していた。
どれも魚体が白くなって最後のときを迎えようとしていた。
水中にはロブスター似のウチダザリガニ(外来種)がかなりの数生息していた。
ニジマスはこれも喰っているのだろう。


douhoku42.jpg  jinngi.jpg

昼食後、教えてもらったポイント数箇所を回ってみたがめぼしい反応はなかった。
途中で札幌ナンバーのフライマンにであう。朝方70cmが1本出てそれきりと言う。
少し粘ってみたが根掛かってフライのロストするパターンが・・・。


天塩川は流域が250kmに及ぶ大河。ポイント移動だけでタイムロスは必至だ。
曇りのため夕方4時過ぎにはチェックインのために名寄市内にむかう。
この日は三星食堂のジンギスカン定食で腹を満たした。


⇒道北釣り旅レポート③につづく




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック