九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。
ビッグ

熱が冷めないうちに杉坂氏直伝の"ウェイキング"について整理する。
天塩川では"クリップヘッドのカディス"(写真下)を使った。
スチールヘッドでは"ウォーラーウェイカー"(写真上)を使うらしい。
流れに直角に放り込んでラインを流れに乗せドラグ気味にスイング。
流れ終わったらリトリーブするという方法。
途中からフライは水没するが、この釣り方は水面直下が狙い目。
ニジマスは出なかったがヤマメがスイング終了でアタックしてきた。

理屈はわからないが活性のある魚にとって魅力的なのだろう。
いつか五ヶ瀬あたりでためしたい(^^)


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ

blogram投票ボタン
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/412-9e05cf03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック