07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

真夏は早朝に限る!

真夏はやっぱり早朝に限る!というわけで、久しぶりに気合を入れて午前3時に出発。今回は、やはり少しでも標高があり涼しいところ、というわけで九重町方面を目指す。

やまなみハイウェイ到着は午前5時。ちょうど夜明けを迎えようとしていた

naru1.jpg

 

いったん由布市(旧庄内町)方向に分水嶺を越え、阿蘇野川の上流域を車で下ってみる。状況がよければチャレンジして見ようかと思ったが、案内者なしで入渓するには難しそう。

砂防堤が多く、民家も近い。

naru2.jpg 

 

途中にある男池(おいけ)湧水に、立ち寄りポリタンクに水を汲む。早朝につき人影なし。

相変わらずここの水は旨い。

再び分水嶺を越えて、鳴子川上流部に入渓する。去年の7月以来一年ぶり。

時刻は午前6時すぎで、気温は19度と平地よりかなり涼しい。この程度ならまだウェイダーも苦にはならない。

農作業の邪魔にならないように慎重に駐車し、護岸が終わるあたりから川に降りる。眼前には緑一色の九重連山が見渡せる。

水温は16度と冷たく、雨があったのか平水よりも若干多めと見た。

もともと魚影は濃いほう。たぶん15センチ以下のネイティブのヤマメか、カディスインジケータのアントを流してもフッキングしない。

naru4.jpg 

 

約30分ほどつり上がりで、少し大きめのサイズがヒットした。サイズのわりには引きが強い。

魚影のわりにはプレッシャーが厳しいのか、流れが速すぎるのか後続部隊が釣れないので、フライを#16のピーコックボディのアントパラシュートにチェンジ、ティペットも#7に落としてみる。

naru6.jpg

 

対策が効いたのか、その後はサイズいまいちながら数匹ヒット。

naru5.jpg 

 

プールでライズしていた25センチクラスの魚。どうも放流魚のよう。これはアマゴ?

naru8.jpg 

 

2時間ほどの釣りあがりで、小堰堤に到達。事実上の魚止めか?

かなり日が高くなってきたので、厳しいかもと思いながら、落ち込みを探ってみる。

と、なんとライズあり。深いところから上って小さな流下物を喰っているみたいだが・・・??

#18のアントパラシュートにチェンジして、やっとライズを獲る。

naru7.jpg

 

持参していたオリンパスμ1030SWで水中写真にチャレンジ。魚を寄せながら撮るのはかなり熟練が必要のようで・・・・。

 

naru9.jpg 

キャンプ場を通り抜けて車に戻ると時刻は午前9時半。気温は28度まで上がって、風景は夏真っ盛りというところ。

今日は暗いうちから起き出してきたのがよかったのか、久しぶりの好調(釣)だった。まだ時間が早いので、涼しいところで昼寝もよさそう。

スポンサーサイト

コメント

毎度!
暑い中、頑張っとられますな~!

「早起きは三文の得」と言いますが、やはり早起きして釣行すると、良か思いが出来ますね。

なかなか綺麗なヤマメの様ですが、もうチョット綺麗に写真を撮ってやれば良いのに・・・。

時間が合えば、一緒に行きましょう。

では、では・・・・・。

>魚道さま
 まさに「早起きは3尾(びき)の徳」というわけで・・・・。
 
 ネットの中の魚は何回やってもうまく撮れませんね。
 今度教えて!

 
 



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload