九州の自然とフライフィッシングを愛するじいの 気まぐれレポートです。
P9220832.jpg

台風一過の後は秋雨前線。
天気予報と河川ライブカメラを毎日祈るように見つめる日々。
先週久しぶりに釣友A氏とスケジュールを合わせて川辺川に釣行した。

わざわざ人吉市経由にしたのにコンビニが遊漁券取り扱いをやめていた。
やむなく五木村の道の駅まで北上して何とか入手。
午前9時ごろにやっと入渓することができたが雨は降り続いていた。


P9220821.jpg  P9220824.jpg

道の駅下流の本流のポイントは、濁りはまずまずだったがかなりの増水。
スイッチロッド#5にスカジットショート325gr、iMOWライトをセッティング。
濁りを考慮して、ドロッパーに黄色系、リードにカディスの黒系を結ぶ。

P9220830.jpg  P9220828.jpg

落ち込みに続く幅広の早瀬をA氏とシェアし自分は上流から攻める。
流れが速く浅いポイントでは無反応だったがタルミでコンとあたる。
最初は良型のイダ(ウグイ)つづいて小ぶりだがヤマメが釣れる。
流れが速すぎるのか、川底が変化に乏しいのか、今一つサイズが。
リトリープ中に追い食いするなど、小さなヤマメの活性は良かった。
約2時間ほどチャレンジしたが、A氏も同様の状況なので昼食休憩に。

P9220840.jpg

午後からはポイントを移動し、竹の川と相良村でロッドを振った。
鮎師も全く居らず貸し切り。適度な増水でキャスティングは快適だった。
午後のポイントでも残念ながら通常サイズのヤマメも釣れない。
本流の水温は18℃と高く、大型は水温の低い支流に入っているのでは?
本流では条件がそろわないと大型は望めないのは理解しているが・・・。


帰りの車中での話題は、すでに来シーズンの釣行展望について。
これまで本命にしていた五ヶ瀬川の場荒れ感が否めない。
シーズン初期から、球磨川水系にチャレンジするのもありと思う。

禁漁までにあと一回、渓流に出撃できるか?
天候回復を祈るのみ(^^)!




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haari.blog15.fc2.com/tb.php/488-5d78ea4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック