05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

渓流シーズンが終了。

数日まえから最高気温も25、26度と急に涼しくなった。

渓流禁漁開始まであと数日となった土曜日(27日)、シーズンを締めくくるにふさわしい釣果めざし、ラストチャンスに望みをかける。



気合で午前5時に起床、まだ薄暗い中を大分自動車道を走る。

久しぶりの朝焼けを拝む。

P9270281.jpg 



気温は15度ぐらい。水温よりすこし低いせいか、筑後川の川霧がガス状になって、高速道路を覆う。

P9270282.jpg 



最近の絶不調に心迷いながらも、今回は魚影の濃さに期待して大分県日田市の津江川方面へと進路を取る。

日田インターを降りて国道212号を走り、いつものコンビニ(ポプラ)で食糧を調達。昼間の暑さもほどほどなのでペットボトルも1本で十分だ。

午前7時半に川原川のみちの駅(せせらぎ郷かみつえ)到着、釣り人の姿なし。



P9270283.jpg 

やはり先日の寒冷前線通過で平水の2倍ちかく増水している。

気温14度、水温は16度と悪くはないが、流れが速い。

流れにまけないようにと、大型のエルクヘアカディス(コックデレオン)を結び、流れの緩いところを選んで探っていく。



P9270285.jpg 

朝のうちヒットしたのは白ハエばかり。なかでも婚姻色の白ハエくんは大型フライがお好みらしい。



P9270286.jpg 

約2時間ほどみちの駅裏を釣りあがる。増水でほとんど段差スポットは釣りにならない。

イブニングには大型が出るという情報もあったが、この日は残念ながら白ハエの入れ食い状態に打つ手なし。


午前10時半このままでは終われないと思い、津江川支流の梅野川に転進。

やはり梅野川もかなり増水し、微妙ににごりも残っているようだ。

川が全体的に小さいので、フライをカディスグリーンのカディスに替えて、橋の下から入渓。



 流れの緩い流芯ではやはり白ハエがヒット。日の当たらない浅場を狙って釣りあがる。



約15分でリリースサイズを2匹。久しぶりにパシッとフライに出てくれた。

P9270291.jpg 



段差スポットは激流で釣りにならないためパスして、小さなプールを攻める。

 

約1時間後、スリット堰(流木止め)の下のプールの浅場にてヒット。



P9270296.jpg



久しぶりの大型の感触。ネットの枠いっぱいサイズで、測ると25センチだった。

P9270292.jpg



もう一匹の思いが神に通じたのか、シーズン最終ステージでナイスな魚との出会を胸に焼き付けながら岐路に着く。



途中の蜂の巣湖(下筌ダム)にある水汲み場に立ちよる。

P9270299.jpg   P9270297.jpg

子宝清水岩の間から流れ出る水は夫婦で飲むと子宝に恵まれるという聖水。(いまさら子宝は・・・。)駐車場から木製の急な簡易はしご段を5-6本登るので軽装では無理。



苦労して手に入れたポリタンク2個分の聖水と途中で拾った栗を土産がわりに家路を急ぐ。

 



 

 

あしあとがわりに押してやってください。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ にほんブログ村 アウトドアブログへ

スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 
 

ブログ内検索

 
 

dragondashのつぶやき

フライフィッシングとキャンピング、自然観察などをつぶやいています。

haari < > Reload